絶品のみそソースで楽しむ 「みそカツ」

Woman.excite / 2019年5月10日 8時0分

写真

私たちの暮らしに欠かすことのできない調味料「おみそ」。おみそ汁だけでなく、アレンジでさまざまなお料理に活かすことができる調味料です。今回は、おみそを使ったソースで味わうトンカツレシピをご紹介します。

トンカツを手作りのみそソースでいただくこちらのレシピ。お肉を叩くことで、柔らかくジューシーなカツに仕上がります。カツのおいしさを最大限に引き出してくれる手作りのみそソースは、こっくりとした甘めの風味が絶妙です。お箸が止まらなくなりそう!

必須アミノ酸を豊富に含む「おみそ」は、栄養満点で毎日の献立に取り入れたい調味料。ぜひ参考にしてくださいね。

■みそカツ

調理時間 1時間


レシピ制作:料理カメラマン 横田 真未



<材料 4人分>
豚ロース肉 4枚
 塩コショウ 少々
<衣>
 小麦粉 大さじ2
 卵 1個
 パン粉 1.5カップ
キャベツ 1/8個
貝われ菜 1パック
トマト 1個
揚げ油 適量
<みそソース>
 赤みそ 大さじ3
 みそ 大さじ3
 みりん 大さじ2
 砂糖 大さじ4
 しょうゆ 小さじ1
 だし汁 大さじ3
 ケチャップ 大さじ3
 ウスターソース 小さじ2
白ゴマ 大さじ1

<下準備>
・豚ロース肉はまな板に置き、ラップをかけて肉叩き、またはビン等で叩き、元の豚ロース肉の2.5~3倍の大きさ位までのばす。ラップを取り、手で押しながら元の大きさ位の形に整える。



・<衣>の卵は溶いておく。

・キャベツはせん切りにし、冷水に放つ。

・貝われ菜は根元を切り落とし、長さ3等分に切り、キャベツと合わせる。

・トマトはヘタをくり抜き、8つのくし切りにする。

・鍋に<みそソース>の材料を入れてよく混ぜ合わせ、中火にかける。混ぜながら煮たったら火を止め、粗熱が取れたら白ゴマを加えてよく混ぜ合わせる。


・揚げ油を170℃に熱する。

<作り方>
1、豚ロース肉の両面に塩コショウを振り、<衣>の小麦粉を薄く全体にまぶし、溶き卵、パン粉の順につける。



2、170℃の揚げ油に入れ、おいしそうな揚げ色になったら油をきり、食べやすい大きさに切って器に盛る。合わせたキャベツとトマトを盛り合わせ、<みそソース>をかける。


柔らかくジューシーなトンカツを作るコツは、お肉を叩いたあと、元の厚さと形に戻すように手でまとめること。ぜひ試してみてくださいね。
(ジェイ真葉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング