【新連載】個性豊かな家族をもって、予期せぬところでかなった私の夢【うちの家族、個性の塊です Vol.1】

Woman.excite / 2019年6月19日 8時0分

写真

このたび、ウーマンエキサイトさんで連載させていただくことになりました。SAKURAと申します。初めまして…ということで、これから登場する、家族の紹介をしたいと思います。わが家は、4人家族です。

広汎性発達障がいを持つ、マイワールド全開の娘に…


おしゃべりが大好きな、甘えん坊息子…



おもしろくて頼りになる、しっかりの者の父…



そして、超ネガティブ思考な母である私(SAKURA)です。



今、こうして絵を描くお仕事をさせていただけている私は、昔から絵を描くことが大好きです。じつは小学生のころ、漫画家を夢見ていました。






小学生のころは、同じように絵が大好きな友だちと、漫画家を目指していました。
そんな夢見る少女だった私。小学6年生のとき、自分でも自信があった漫画を
絵が得意だった4歳年上(当時、高校1年生)の兄に見せました。



そのとき、
私の絵を見て、なんとも微妙なリアクションをする兄を見て、
「兄が下手すぎる私の絵に気を使い、コメントに困っている」と解釈。
今考えると、
兄はどうコメントしていいかわからなかったのかもしれない…と思うのですが、
当時の私は「兄を絶句させてしまうほど、私の絵は下手だったのか」と、
そう思い、急に人に見せるのが恥ずかしくなってしまいました。
それ以来、私は絵を描くことも、漫画家の夢も諦めました。

そんな私が、絵をまた描くことになったきっかけは、夫でした。
娘の発育の遅れが発覚した時とき、私は夫に「私と同じように、子どもの発育で困っている人の参考になるように、療育の記録を書くブログでも始めようかな…」と相談しました。
そこで、絵も描くように勧められたのが始まりです。



それからふたたび絵を描き始め、ありがたいことに自分の絵と文でお仕事をいただけるようになりました。
とっくの昔に諦めていた絵のお仕事を、大人になってからできる日が来るなんて…想像もしていませんでした。

予期せぬところで、かなう夢もあるのですね。こちらでは、それぞれが個性的な家族のことを、書いていきたいと思っています。これからよろしくお願いします。
(SAKURA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング