イライラしたママへの娘の一言が泣ける! 親に刺さる子どもの胸キュン言葉【パパママの本音調査】 Vol.344

Woman.excite / 2019年8月11日 10時0分

写真


イラスト:まつざきしおり


子どもたちから何気なくかけられた言葉に、思わず胸がキュンとした経験はありませんか。忙しい日々の中で、そうした言葉はパパやママたちの大きな励みになりますよね。

今回は、アンケートに寄せられた子どもたちの胸キュンな言葉とエピソードをご紹介したいと思います。

■子どもの発言に胸キュンする親が8割超え

アンケートで、胸キュンした子どもの名言があるかどうか聞いたところ、8割以上が「ある」と答え、多くの人たちが子どもたちの発言に心を動かされたことがあることがわかりました。

Q. 胸キュンした子どもの名言ある?
ある 83.5%
ない 13.9%
その他 2.6%


■胸キュン1、「大好きなママの笑顔が見たいから」

子どもたちから親に向けて、気持ちを率直に伝えてくれることに胸がキュンとしたというコメントから見ていきましょう。

「息子から小学校の謝恩会で渡された手紙に 『どんなことがあっても、お母さんは俺のこと理解して受けとめてくれて、 いつでも味方でいてくれたね』って。感激しすぎて涙が止まらなくなりました」(岩手県 40代女性)

「家族の俳句を作る宿題で、小3の息子が 『大好きなママの笑顔がみたいから』と書いていた。ホロリと涙が出ました」(茨城県 40代女性)

「1年生のわが子。『給食おいしかった!』と笑顔で帰宅。その後、『でもね、 ママのご飯が1番だった!』ですって。その日は張り切ってハンバーグを作ってあげました」(愛知県 30代女性)


「大好き」の言葉にキュンとしているというコメントが多数! 忙しい日々のなか、心が少しすさんでしまったときに「大好き」と言われたら、じーんとしてしまう気持ちには共感しかないですよね。

筆者の1年生の息子も、ママ宛てに「だいすき」というお手紙を書くのにハマっていた時期があり、すべて大事にとってあります。少し気は早いですが、将来反抗期が来たらその手紙を見て癒やされる予定です。

■胸キュン2、「愛してくれてありがとう」


イラスト:まつざきしおり


さらに、パパやママたちの大きな力になっているのは子どもたちからの感謝の言葉。さまざまな種類の「ありがとう」に胸キュンしたエピソードが寄せられていました。

「5歳の息子がふと、『ママ、 産んでくれてありがとう』と言ってくれた時に、キュンとしました」(広島県 40代女性)

「『いただきます、 ママありがとう』。2歳の息子が、ご飯を食べる前に必ず言ってくれます。この言葉で幸せになれます」(広島県 20代女性)

「小学校卒業時にもらった娘の手紙のなかの一言。 『愛してくれてありがとう』。1人の人間として人を愛する大切さと喜びを、愛されるよりも愛することの偉大さを、娘から教えてもらいました」(新潟県 40代女性)


ほかにも、パパから「『僕たちのために仕事がんばってくれてありがとう』って言われて泣きそうになった」というコメントも寄せられていました。

どのエピソードを読んでも、それぞれの家庭で記憶に残るステキな思い出になっていることがわかりますね。親としては、子どもから「ありがとう」と言われると、「いやいや、こちらこそありがとうだよ!」と思ってしまうことも。つくづく 「ありがとう」の持つ力は強大だなと実感させられます。



■胸キュン3、「パパに心がチュウになった」


© milatas - stock.adobe.com


なかには、「もしかして詩人なの?」と思ってしまうような想像力豊かな発言も寄せられていました。

「朝目覚めた時に、私の方にコロコロ転がってきて 『お届け物で~す!』」(神奈川県 40代女性)

「4才の娘に 『パパに心がチュウになった』と言われ、チュウされた」(茨城県 30代男性)

「娘が保育園児の頃、強風の日に洗濯物を見て 『ケンカしちゃダメよー!』と言っていた。取り込む時に『仲直りしたんだ、良かったね』とニコニコ」(滋賀県 40代女性)

「夜高速道路を走っていたときに、年中さんだった息子が星空を見て一言『ほら、星さんたちのささやきが聞こえるよ』」(神奈川県 50代男性)


どのコメントを読んでも、子どもたちの 想像力の豊かさには驚かされますよね。大人では到底思いつかないようなこうした言葉は、もしかするとその時だけしか聞くことのできない貴重なものなのかもしれません。

■胸キュン4、「お母さんはがんばっている」


© yamasan - stock.adobe.com


また、子どもからの褒め言葉にグッと来たというコメントも寄せられていました。

「『ママかわいい~』。 もういい歳なので夫さえも言ってくれなくなりましたが、年少さんの息子だけは言ってくれます」(千葉県 30代女性)

「仕事と家事と育児が忙しくて、つい娘に八つ当たりしてしまった日。娘に『お母さんがあんなに怒っても、お母さんのこと嫌いにならない?』と聞くと、『うん、 だってお母さんがんばってるから』と。ちゃんと見てくれてるんだなぁとうれしくて、ボロボロ泣きながら娘を抱きしめました」(兵庫県 40代女性)

「娘が高校生の時に、『 一番尊敬するのはお母さん。お母さんのような看護師になりたい』と言ってくれました。今では看護大学生、私よりうんとステキな看護師になってほしいなぁ」(宮崎県 40代女性)


疲れて、つい子どもにイライラをぶつけてしまったとき、そんなときでも子どもが優しく受け止めてくれることがあります。よく親の子どもへの愛は無償の愛と言われますが、子どもが寄せてくれる親への愛こそが本当に純粋で泣けてきますよね。

子どもたちからもらえる褒め言葉は、親を認めてくれる言葉でもあるから、うれしいだけではなく、喜びにもつながりそうです。

■胸キュン5、「俺が稼ぐから無理しないで」


© ohayou! - stock.adobe.com


さらに、子どもの成長の印とも言えるでしょうか、頼りがいのある言葉や励ましの言葉にキュンとしたというコメントもありました。胸に迫るエピソードがたくさん寄せられていましたよ。

「子どもたちが寝静まった頃、仕事から帰宅してラップした夜ご飯の上にメモ用紙。『お疲れさま。ゆっくり食べてね』。娘からのラブレターに泣きそうになりました」(宮崎県 30代男性)

「高校生になった息子。毎日くたくたで帰宅する私を見て『お袋、自分の体壊してまで仕事しなくてもよくない? 仕事を変えてもいいんだよ』と。大人になったなぁと思いました」(東京都 40代女性)

「私の年齢は57歳、息子は7歳です。高血圧や不整脈になり、毎日薬の力を借りてがんばっています。息子が『大きくなったら、立派な医者になって パパの病気を治してあげるからね! だからたくさん勉強がんばるよ!』と言っていて、感激して涙が出てきました」(北海道 50代男性)


そのほかにも「パパがお仕事でいない時は 僕が家族を守るからね」とか、「大きくなったら、たくさん稼いで ラクさせてあげるから長生きしてね」など、子どもたちの優しさが伝わってくるコメントも。

さらに、親自身がつらいときに力になったという子どもたちの言葉もたくさん寄せられていました。

「三人目を流産してふさぎ込んでいた時に、娘が『私は遠くには絶対に行かないから 大丈夫だよ』と言って抱きついて来てくれたことに、このままじゃダメだ、前向きにならなきゃと思い起こさせてくれました」(鳥取県 30代女性)

「私の母が亡くなったとき、泣けずにいた私に向かって『ママ、 泣きたいときには泣いていいんだよ』と言ってくれた」(神奈川県 50代女性)

「持病があり体調が悪くて仕事を休んで 寝ていたとき、次男が『俺が働けるようになったらお母さんは仕事しないでいいよ、 俺が稼ぐから』って言われた時はすごくうれしくて泣いてしまいました」(千葉県 40代女性)


子どもには、「いつの間にそんなに大きくなったんだろう」と思わせられることがたびたびありますよね。親自身が体調を崩したり、つらい出来事に直面したとき、そんな姿を見て子どもたちはきっと「しっかりしなくちゃ」と思うのかもしれません。そうしたときにかけてくれた言葉は、きっと親にとっても忘れられない 大切な宝物になるのでしょう。



■子どもたちの胸キュンな言葉を活力に


© milatas - stock.adobe.com


では、子どもたちからのたくさんの言葉に対して、親は何を返せるのでしょうか。

「娘が幼稚園の頃、何回言っても聞かずイライラして、怒った後に『お母さんの絵を描いた』と持ってきてくれて、怒った顔だろうと思っていたら、 にっこり笑ってイヤリングをつけた顔が描いてあり、こんなに怒る私でも好きでいてくれてありがとうとキュンとしました。いまでもその絵は大事な宝物です」(宮崎県 40代女性)

「『お母さん、私を産んでくれてありがとう』と言ってくれたとき。私も『 産まれてきてくれてありがとう』と言って返しています」(宮崎県 40代女性)

「幼稚園でのお弁当最後の日、息子と手をつないでの帰り道。『ママ、いままで お弁当を作ってくれてありがとう』、『こちらこそ、いつも残さず食べてくれて、ありがとう』。二人で顔を見合わせて笑いました。とても 幸せな思い出です」(神奈川県 50代女性)


子どもたちからの温かい言葉の数々。親としては、そんな言葉に耳を傾け、胸にとめて、応えてあげることが大切なのかもしれませんね。

筆者も子どもの発言を振り返ろうとしましたが、意外に忘れてしまっている言葉も…。コメントでは、「その時々で胸キュン発言を日記やメモに残しておく」という意見もあり、参考にしたいなと思いました。

もしかしたら子どもたちの言葉を心にしたためていくことで、親子関係がつらいときや悩んだときに、自分を奮い立たせてくれるかもしれませんね。

子どもたちからの言葉は、親にとって大切な宝物になります。純粋な子どもたちだからこそ、ふとした瞬間に親の胸をキュンとする、心にグッとくるような言葉をかけてくれるのでしょう。

子どもからの胸キュンの言葉は、親にとってのエネルギー。毎日たくさんくれる子どもからの胸キュンセリフを活力に変えつつ、子どもたちにも返していきたいですね。


© ucchie79 - stock.adobe.com


Q. 胸キュンした子どもの名言ある?

アンケート回答数:4593件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ


(高村由佳)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング