すべてが敵!? 産後「ガルガル期」調査でわかったママたちの発動ポイント【パパママの本音調査】 Vol.350

Woman.excite / 2019年10月13日 10時0分

写真

すべてが敵…産後『ガルガル期』実態でわかったママたちの発動ポイント


イラスト:ちょっ子


「ガルガル期」という言葉を知っていますか?

女性が出産したあとに、動物的な本能から子どもを守るために気性が荒くなる時期のことを表す言葉で、インターネット上などで数年前から使われ始めたものです。

今回はそんな産後の「ガルガル期」についてのアンケートをもとに、産後のつらい時期の乗り越え方について考えてみたいと思います。

■7割以上は「ガルガル期」を経験

アンケートでは、「産後のガルガル期」があったかどうか聞きました。その結果、「強くあった」、「少しあった」、「あった」と答えた人が合わせて71.9%となり、7割以上と多くのママとパパが産後のガルガル期を経験していることがわかりました。

Q.「産後のガルガル期」あった?
強くあった 34.1%
少しあった 27.7%
あった 10.1%
ほとんどなかった 15.2%
なかった 9.5%
その他 3.3%


■ガルガル期エピソード「赤ちゃんをとられる」
すべてが敵…産後『ガルガル期』実態でわかったママたちの発動ポイント

イラスト:ちょっ子


多くのママたちが陥る「ガルガル期」。どのような気持ちを抱いているのか、アンケートに寄せられたコメントをもとに紹介していきましょう。

「(親にとって)初孫だったからだと思いますが、やたらと干渉して毎日顔を見に来て、 とられるような気がして、イライラしていましたね」(三重県 50代女性)

「自分と血のつながりがない人は すべて敵。泣き止まない子どもを泣き止ませようと私の腕から取り上げた実母にすら『そうやって勝手に奪おうとするなら、おまえが最後まで育てろ!』と 半狂乱になった」(神奈川県 40代女性)

「生まれたとき、旦那側の親戚がみんな、 『パパに似てるね』などと、全部あっち側に似てると言うからガルガルしました! 男の子だと、 『跡取りだ』と言うのにもガルガルしました」(神奈川県 40代女性)


このほかにも、「ぐずったときのなだめ方が母の方が上手で、勝手に自分がイライラしていた」というコメントも見られました。

第一子の場合は、初めての子育てが大変だと感じるママやパパも多く、だれかの助けを必要とする場合もあるでしょう。ただ、産後のガルガル期に突入している場合には、周囲の助けをかえって苦痛に感じてしまう場合もあるようです。

■ガルガル期エピソード「私の育て方に難癖つける気!?」

また、ガルガルする理由のもう一つとして、「育児に口出しをされたくない」という思いも隠されていることがわかりました。

「里帰りで実母にガルガルしました。二言目には『 自分のときはこうだった』、『抱きぐせが付くから 泣いても放っておけ』と。子育ての仕方は昔と変わってきているのに耳を貸さず、イライラしていました」(広島県 50代女性)

「私の母にイライラガルガルしていました。『そんな抱き方じゃ 赤ちゃんがかわいそう』とか、初出産で心の余裕もなかったので、素直に受け止めることもできませんでした」(東京都 40代女性)

「娘が2、3ヶ月の頃に、顔に湿疹(しっしん)ができたんですが、それを夫に指摘されたときに思いっきりガン飛ばしてしまいました。 『私の育て方に難癖つける気!?』って」(滋賀県 40代女性)


毎日必死で赤ちゃんと向きあうお母さんたち、さらに初めての育児だと、どうやって育てればいいかわからないという不安のなかでも、育児の正解を探して必死でがんばっています。

実母も娘の子育てをサポートしようと思っていたとしても、娘であるママから見るとあれやこれや口出しをされていると感じてしまい、思わずかみつきたくなってしまう気持ちも理解できます。子育ては人それぞれにやり方があり、それを押し付けられたと感じたときにママたちのストレスはとても大きなものとなっているようです。



■ガルガル期エピソード「子どもは私が守る!」


© tomoco_sozai- stock.adobe.com


さらに、衛生面や世話の仕方への不安など、子どもを守りたいという思いがゆえに、周囲にガルガルしてしまうママもいるようです。

「上の子たちが生まれた頃は、旦那の おばあちゃんのベッドに子どもを寝かされたりして、ものすごく腹が立った」(三重県 40代女性)

「義母が口の中に入れた鶏肉をかんで食べさせようとしていた。3日前に買った硬いドーナツを食べさせようとしていたときは、ゾッとしました」(愛媛県 20代女性)

「里帰り出産して、父が赤ちゃんを見ていると言うから任せてトイレに行ったら、大人用の 羽布団をあごの下までかけて自分は別室に戻っていた。我慢できなくなり自宅に戻りました。 子どもの命を守るために攻撃的になっていましたね」(神奈川県 40代女性)



© tomoco_sozai- stock.adobe.com


たしかに、大切な子どもを衛生面や安全面で危険に陥らせないでほしいというのは、どんなママでも感じることでしょう。

筆者自身も初めての子どもを出産したあとは、義実家や実家などを訪れた際には、家族の子どもへの接し方に過剰なまでに目を光らせていた記憶があります。いまとなっては、「この子の命を守れるのは私だけ」という思いが発動し、やや暴走していたかもしれないと思いますが、当時はただ一生懸命だったことを記憶しています。

■「ガルガル期」は悪なのか!?


© metamorworks stock.adobe.com


一方で、「ガルガル期」という言葉に関しては、そのネーミングに疑問の声が寄せられるとともに、そのこと自体には肯定的な意見も多く見られました。

「『ガルガル期』と呼ぶのは産婦じゃない側ですよね。まわりに理解がある人がいたり、助けてくれる人がいたら、心配なく子育てに専念できたら、産婦がそんな呼ばれ方しないんだろうな、とつくづく思います」(千葉県 50代女性)

「それだけわが子を いとおしい気持ちで育てていたのだと思う。子どもの命を守らなきゃという気持ちは、周りが敵だらけだと思う程。人間は動物なんですよ、しょせん。みんな 子育て必死なのさ」(千葉県 40代女性)

「『ガルガル』。私には何か嫌な言葉に聞こえます。子どもを授かったら 守ろうとするのは当然では?」(北海道 40代女性)


産後の母親を、本能的な動物が牙をむく様子に例えて「ガルガル期」と呼ぶことについて、否定的な声も見られました。また、母親になって子どもを守りたいという気持ちからガルガルしてしまうことは、そもそも当然のことではないかという指摘の意見も集まっていました。

どうしても「ガルガル期」というネーミングから、当事者にとっては産後のデリケートなママたちの状態を揶揄(やゆ)されているような不快な気分になってしまう人もいるかもしれません。

産後は、それまでの生活スタイルや対人関係がガラッと変わり、何が起きるかわからない赤ちゃんとの生活が続いていくため、ママたちは身体的にも精神的にも疲弊します。それでも、子どもを守らなければならないと、がんばりすぎてしまうがゆえに「ガルガル期」に突入してしまう場合も多くあり、それは当然のこととも言えそうです。



「ガルガル期」、どう乗り越えた?


© polkadot- stock.adobe.com


ここまで紹介してきたガルガル期の子育て家庭の実態ですが、どうすればガルガル期を回避する、もしくは乗り越えていけるのでしょうか。ママやパパが少しでも楽になれる方法はあるのか、アンケートの答えから、ヒントを探しましょう。

<その1、周囲に協力を仰ぐ>
●まわりに「ガルガル期」を説明し、大変さをわかってもらう
●出産後は不安が大きいので、親など周囲の人に配慮してもらえるようお願いする

<その2、周囲の子育ての意見は聞き流す>
●実母、義母の子育ての話はあまり受け止めないようにして、聞き流す

<その3、前もって産後の状態を予測しておく>
●「ガルガル期」いうものがあることを事前に自分もパパも理解しておく

<その4、同じ立場のママ友と交流する>
●同じ立場のお母さんと話したり、遊んだりして心を和ませる

<その5、時が過ぎるのを待つ>
●産後半年くらい過ぎて、気持ちが落ち着いてきて自然に冷静になれる。 いつか絶対落ち着く時がくる



© paulaphoto stock.adobe.com


どのコメントも、自らの育児経験が反映され、先輩ママたちの重みのある言葉が残されています。「ガルガル期」で周囲の人だけでなく、ママ自身もつらい思いをしないために、こうしたアドバイスも心にとめておきたいですね。

「完璧な育児」を自分に課してしまうと、ママ自身の疲弊も激しくなり、さらに自分自身にも他人にも厳しくなってしまうかもしれません。コメントを読むと、「赤ちゃんの命を私が預かっている」と責任感を一手に引き受けてしまうママほど感じやすいようにも思います。

でもこれまで生きてきて、これほどひとつの命に一生懸命になり、愛情を注いだことはなかったのではないでしょうか。こう考えると、「ガルガル期」というのもママの溢れんばかりの愛情と防衛本能なのかもしれませんね。

ただ実際にそのときにはとても苦しい状態となっている人もいるでしょう。ガルガル期の間は夫に対しても攻撃的になる人もいるようです。でも、言葉にして苦しさを吐き出したり、「ガルガル期」の書籍などを読んでもらうことで、夫にも状況は理解してもらえると思います。

そうしてできるだけ近くにいる人に自分の気持ちを伝えることで、苦しさも少しずつやわらいていけるかもしれません。または少しの時間一人になったり、ゆっくり眠ったりと、ママの疲れを癒やしていくうちに、コメントにあるようにいつしかガルガル期は終了していけるかも。

きっと、大変だと感じる時期や程度は人それぞれでしょう。でもガルガル期を乗り越えられたときに、一生懸命なママをサポートしてくれた周囲にも思いが馳せられるようになっているといいですね。そしてそれだけがんばって赤ちゃんを守った自分をほめてあげてほしいなと思います。


© chikala stock.adobe.com



Q.「産後のガルガル期」あった?

アンケート回答数:4102件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ


(高村由佳)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング