納豆丼に鶏肉をプラス!子どもスクスク鶏ひき納豆丼

Woman.excite / 2019年10月10日 8時0分

写真

我が家だけでしょうか? 年長の娘は何でも自分でやりたい年頃。
納豆を食べるときはフタを開けるところからやりたがり、食べる前からすでに色々なところがベタベタに…。
でも納豆は栄養があるから食べさせたい。ならば調理をして、丼として提供しようと思って作り始めたのが、この納豆丼です。

納豆には、 葉酸という栄養素が豊富に含まれます。
葉酸というと、 妊婦さんに必要な成分というイメージがあるかもしれませんが、葉酸は 正常な細胞を作るために欠かせない働きをしているため、 成長期のお子さんにも欠かせない成分になります。

そして葉酸は、それ単体ではスムーズに体内で活用されにくいという性質があります。
ビタミンB6ビタミンB12といった成分と一緒にとると、体内で使われやすくなるのです。

このビタミンB6やビタミンB12を多く含む食べ物が、 お肉
鶏肉には ビタミンB6が多く、豚肉や牛肉には ビタミンB12が多く含まれます。

なので私は、娘の健やかな成長を目指し、納豆と鶏ひき肉を炒めた納豆丼にしています。
お肉は豚ひき肉でも牛ひき肉でもいいのですが、納豆の素朴な味わいには、あまり主張しすぎない鶏肉が合うような気がして、もっぱら鶏ひき肉で。

■子どもスクスク!鶏ひき肉納豆丼

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
ごはん 適量
納豆 2パック
鶏ひき肉 100g
長ねぎ 1/2本
醤油、みりん 各大さじ1
ごま油 適量
お好みで、七味唐辛子 適量

<作り方>
1、長ねぎは小口切り(端から輪切り)にする。

2、フライパンにごま油を熱し、(1)と鶏ひき肉を炒める。

3、火を止め、納豆を入れてほぐし、醤油とみりんを入れて火をつけ、炒め合わせる。



4、器にごはんを盛り、(3)をのせ、お好みで七味唐辛子をかける。

もし作られる際は、栄養の組み合わせ的にはどれもおすすめなので、お好みのお肉でどうぞ。

(長 有里子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング