【夫婦の家事スキル調査】トンデモ家事が連発!今こそ夫婦でうまく家事を回すには【パパママの本音調査】 Vol.360

Woman.excite / 2020年4月30日 10時0分

写真


イラスト:トキヒロ


現在は、感染症の拡大により、在宅勤務をしていたり、保育園や学校が休園、休校となっていたりして、いつもより家で過ごす時間が長くなっている家庭も多いでしょう。そうなると増えていくのが「家事」ですよね。

いつもより長く過ごすことで部屋のなかが汚れやすくなったり、一日三食用意することで料理の負担が増えたりしているかもしれません。そこでパートナーの家事のやり方や、うまく家庭で家事を回すための方法について考えてみたいと思います。

■約7割がパートナーの家事のやり方に驚いた経験あり

アンケートでは、パートナーの家事のやり方に驚いたことがあるかどうか聞きました。その結果、「ある」「少しある」と答えた人が69.2%となり、約7割の人がパートナーの家事のやり方に驚いた経験があることがわかりました。

Q.パートナーの家事のやり方に驚いたことがある?
ある 41.3%
少しある 27.9%
ほとんどない 18.1%
ない 8.6%
その他 4.1%


■「タラコが爆発!?」家事ができないガッカリエピソード


イラスト:トキヒロ


アンケートのコメントでは、 「こんなに家事ができないのか」というパートナーに対する怒りとともに悲痛な叫びが多くみられました。なかには、パートナーのとんでもない行動を訴える声も!

タラコをチンして爆発。しかもラップをせずに」(千葉県 40代女性)

「フッ素樹脂加工のフライパンに、 お玉をたたきつけて炒め物しているときは、『大丈夫か?』って思った」(神奈川県 30代男性)

「私が出産で入院中、レトルトカレーを 電気ケトルに入れて温めようとして壊した。すごい発想だと逆に感心してしまった」(神奈川県 30代女性)

「洗濯物をシワになったまま干していた。干す場所が足りなくなったのか重ねて干していた」(徳島県 30代女性)

たしかに、パートナーがしたら驚いてしまうだろうなというエピソードも数々寄せられていました。さらに、家事全般に対してのスキルについて、率直な思いをぶつけるコメントもみられました。

「ごみの分別は、何回も教えても覚えない。洗い物は水を流しっぱなしで、油のついたフライパンと茶わんを洗いおけに一緒に放り込む。言っても覚えないし、ふてくされる。小学生の子どもたちの方が上手なので、 夫には戦力外通知出しときます!」(神奈川県 40代女性)

何もかもにため息。ご飯すらたけなかった。洗濯物も、雨が降っていてもそのままで、言わないと、取り込んでくれない。脱いだ服もそのままで、靴も脱ぎっぱなし! それを見て 子どもまでため息」(広島県 40代女性)

もっと効率よくできるやろって思っていますが、黙っています」(徳島県 40代男性)


パートナーの家事スキルに対して、「驚き」以上の思いを抱いているパパやママたちは多くいるようです。おそらく、一緒に暮らす前にはわからなかったお互いの家事スキルが見えてきて、その ギャップにショックを受けている人も少なからずいるのかもしれません。




■高い家事スキルに驚き! しかし悩みも


©maroke - stock.adobe.com


また、予想よりも高いパートナーのスキルの高さに驚いたというコメントも多く寄せられていました。

「夫は皿洗いのときめっちゃ水で流していたり、洗濯物をキレイにたたんだり、休みの日に床を水拭きしたりしていて、 几帳面(きちょうめん)だなぁと思う。私は家事、最低限しかしないので」(神奈川県 30代女性)

「働きながら子どもの食事や洗濯物…。 すべてに全力で取り組む姿に驚きと感謝です。嫁さんが入院したときに、自分には無理だと痛感しました」(千葉県 40代男性)

針仕事が意外とうまい旦那です。ミシンも私よりまっすぐ縫うので、家庭科で裁縫に苦戦している娘の救世主になっています」(神奈川県 40代女性)

「夫は、料理を小さい頃から妹のために作っていたそうです。 料理を作るのが好きな夫で助かっています」(神奈川県 30代女性)


そのほかにも、「汚い所の掃除が苦手な私にとってはトイレや排水溝の掃除をしてくれるのはほんとにありがたい」というコメントも寄せられていました。どれもパートナーに対して 感謝の気持ちが伝わるもので、読んでいて温かい気持ちになりますね。

ところが、相手の家事スキルが高すぎたり、家事のやり方に対してこだわりがありすぎるがゆえに、苦しい思いをしているという声も少なからず寄せられていました。

「旦那は一人暮らしの経験があるので家事全般私よりできて助かるけど、こだわりも強く 『めんどくさいな』ってときもある。お風呂場の掃除に関しても、『ここはこのスポンジ、ここはこのブラシ』って使い分けていて、私からしたら場所も取るし邪魔くさいという感じ」(神奈川県 30代女性)

潔癖症なのでいろいろと細かすぎる。子どもがいるから、朝しっかり掃除をしてもホコリくらい落ちるのに、 『掃除のやり方が悪い』と文句を言われます」(兵庫県 40代女性)

「きまぐれで年に何回か料理を作ってくれるが、『いい材料を使った方がいい』と言われ、材料費が高くつく。調味料なんて日頃は使わないものを買われても 使い方に困るし本当に無駄」(宮崎県 40代女性)



©PR Image Factory - stock.adobe.com


パートナーの家事スキルが高いことに対してはありがたい思いを抱きつつも、その意識が高いがゆえのつらさもあるようです。

■「家事をしないから、驚かない」


©takasu - stock.adobe.com


一方、パートナーの家事のやり方に驚いたことがないという人からは、「そもそもパートナーが家事をしない」というコメントが寄せられていました。

「やり方に驚くもなにも、最初から 家事も子育ても手伝いすらしてもらったことがない」(愛媛県 40代女性)

「茶わんを洗うくらいはたまにしてくれるけど、 基本的に自分は関係がないと思っている節がある。毎回言わなくてもやってほしい」(新潟県 40代女性)

「何にも手伝わないから文句も言わない旦那です。手伝ってほしいことを明確に伝えても嫌な顔をされたりして、諦めました。私も雑だから 『指摘や文句を言われないだけましかなぁ?』って思うようにしています」(神奈川県 40代女性)


「パートナーが家事も子育てもしてくれない」というコメントからは、悲痛な思いが伝わってきます。たしかに、そもそも家事をしていなければ、どれだけ家事ができるか、どのようなやり方をするかもわからないため、疑問に思うこともできないですよね。



■うまく家事を回していくには

それでは、家庭内でうまく家事を回していくためには、どのような工夫が必要なのでしょうか? コメントからヒントを探してみたいと思います。

▼家事を回すコツ1、文句を言わない




©Blue Planet Studio - stock.adobe.com


「お互いに一人暮らしの経験があるから、気分よくできるように、やってくれた人のやり方に 文句は言わないルールです!」(神奈川県 40代女性)

「やり方はみんなそれぞれだし、育った環境も違うから、お互いビックリするでしょう。相手がやっているときには目をつむり、見ないことにしました。そしたら平和。 ストレスもたまらない」(千葉県 40代女性)


▼家事を回すコツ2、言い方を工夫する




©ohayou! - stock.adobe.com


「初めは、洗濯の干し方や茶わんの洗い方など、いろんなことが気になっていましたが、言う方も言われる方も嫌な気持ちになるので、 希望を伝えるようにしました」(神奈川県 40代女性)

「夫の洗濯物の畳み方がお店みたいにキレイということに、新婚のとき気がついたので 褒めちぎりすっかり夫の役目にしました」(茨城県 40代女性)

「結婚するまで家事を一つもやったことがなかった旦那なので、『これをこういう風にやってもらえると すごい助かるからお願いしていい?』ってやり方を見せながら毎回お願いすると、すんなりやってくれるようになった」(北海道 30代女性)


▼家事分担のコツ3、気にしない




©taka - stock.adobe.com


「私がきれい好きなので、細かいことにもイラッとしていました。でも十数年もたつと、旦那もイラつきを察知して改善してくれ、私もそこまで 細かいことは気にならなくなりました!」(三重県 40代女性)

「初めて見ることに驚くことはあってももうウン十年も一緒にいると気にならなくなる。それなりに 『鈍感力』も必要じゃないかな!」(神奈川県 40代男性)


▼家事分担のコツ4、自分も相手も変わる



「妻の実家は、昔ながらの男性が一切家事をしない家庭で、私が『手伝うよ』と言っても、なかなか受け入れてはもらえなかった。でもいまは お互い歳を取り丸くなって、私も家事手伝いをできるようになりました」(宮城県 40代男性)

「10年前、夫の洗濯物の干し方はめちゃくちゃでした。角ハンガーは適当に挟むから向きはバラバラ、バランスも取れずに傾いているし、ひどかったです。 いまでは完璧に美しく干してくれます」(神奈川県 40代女性)


▼家事分担のコツ5、お互いの苦手を補い合う




©Rawpixel.com - stock.adobe.com


「ガサツな私よりきれい好きな主人。掃除道具、洗剤類などすべてを使い分けていてビックリします。ただ、料理はまったくできないので、 お互い得意な方を担当して尊敬しあえてます!」(東京都 40代女性)

「うちは私が片付けや収納、掃除が苦手なのでほぼ旦那の担当になってます。結婚当初はそれでギスギスしていましたが、 お互い不得手な所は得意な方がやればいいと結論が出たのでありがたく思ってます。何度も話し合って出た結果ですが、とても感謝です」(三重県 40代女性)


▼家事分担のコツ6、お互いを認めて感謝する




©Rawpixel.com - stock.adobe.com


「ゴミ出しを毎朝してくれるので、感謝! あとは子供と遊んでくれているので、それだけで十分かなって思います! 私も仕事していますが、旦那も早く起きてがんばってくれているので 感謝しかないです!」(宮崎県 30代女性)

「それぞれの やり方があるんだから 認め合えばいいと思う。あまりなときは、話し合えばいい」(滋賀県 50代男性)


ここまで、パートナーの家事のやり方と、うまく家事を回す方法について考えてきました。家庭ごとにさまざまな悩みがあり、それぞれが工夫をしながら生活しているのだと、あらためて感じさせられます。

衣食住のさまざまな基盤でもある家事は、生活とは切り離せないもので、多くの場合、家族の誰かが担う必要があります。共働き家庭も増えているため、どちらかだけが担うのではなく、分担する家庭も増えていて、さらに家事代行などのサービスを使い、家事を家族以外の人に担ってもらうという選択肢も出てきていますよね。

しかし、感染症の拡大が深刻化している今、おうちで家族だけで過ごすことの増加により家庭での家事の負担がジワジワと重くなっているようにも感じます。このため、もしかしたらこれまで以上にパートナーのトンデモ家事に驚く人も増加しているのかもしれません。さらに「コロナ離婚」というキーワードが話題になるなど、家庭にも不穏な空気が流れ始めているようにも思えています。

そんな今だからこそ、家事をどうやって行っていくかも見直すチャンスといえそうです。自分がどうしたいのか、パートナーはどうしたいのか、どんな家事がそもそも得意で苦手なのか、自分の気持ちを伝えたり、相手が思っていることを確認することで、日々の生活が少しでも快適になるヒントが得られそうです。

そして休校中のいまは、子どもも家事のおおきな戦力になります。役目を与えると、意外な子どもの几帳面さやまじめさ、得意なことが見えてくるかもしれません。

普段家事をやり慣れている人でも三食の用意や自粛によるストレス、1日顔を合わせることでのイライラが溜まってきているかもしれません。レトルト、デリバリー、お掃除ロボット、時短グッズ、ズボラ飯など手を抜くための工夫もぜひ家族で考えてみるのも楽しそうです。

筆者も、現在はほぼ在宅で仕事をしています。緊急事態宣言が出てからは、子どもたちも在宅させているため、家事の負担が増えていると感じる日々です。一度、ここで夫とも相談をして、まだまだ続くおうちでの生活をどうやって快適に組み立てていくか、検討してみたいと思います。終わりが見えずつらくなることもありますが、まずは快適に家事をする工夫から始めてみませんか?


©Paylessimages - stock.adobe.com


Q.パートナーの家事のやり方に驚いたことがある?

アンケート回答数: 4272件
調査期間:2019年11月25日~12月9日
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ


(高村由佳)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング