泣いている年少さんを見ると思い出す…息子の「登園拒否」が大変だった話【なんとかなるから大丈夫! Vol.12】

Woman.excite / 2020年7月27日 9時0分

写真

泣いている年少さんを見ると思い出す…息子の「登園拒否」が大変だった話【なんとかなるから大丈夫! Vol.12】

ウーマンエキサイトをご覧のみなさまピンキーです。

幼稚園がやっと再開されたと思ったら、あっという間に夏休みに入ってしまいますね。

今回は、息子の登園拒否、登園しぶりについて書いていこうと思います。

息子は4歳、年中さんです。

年少さんのころは、 激しい登園拒否、登園しぶりがありました。


もともと人見知り、場所見知りが激しい息子だったので、スムーズに幼稚園へ行くとは思っていませんでした

年少さんが泣いている姿を見ると

「あぁ…息子もこんな風に泣いていたな…」と思い出すのです。

もともと人見知り、場所見知りが激しい息子だったので、スムーズに幼稚園へ行くとは思っていませんでした。

そこで私も考えて…

■息子が心配だったので、プレ幼稚園に一緒に通っていた
息子が2歳のときに、プレ幼稚園へ一緒に通うことにしたのです

息子が2歳のときに、 プレ幼稚園へ一緒に通うことにしたのです。

最初は親子で通い、息子が慣れてきたところで1、2時間息子だけが通うことに。

幼稚園に慣れることで、年少さんになってもスムーズに通えるだろうと考えていました。

しかし現実は…

プレ幼稚園へ通っていたにもかかわらず、離れるときは泣くのです

プレ幼稚園へ通っていたにもかかわらず、離れるときは泣くのです。

しばらく通うと慣れてくるのか、泣かない日もあるのですが…
 
 

■いつになったら泣かなくなるのだろうと、不安になっていたが…!?
泣いている年少さんを見ると思い出す…息子の「登園拒否」が大変だった話【なんとかなるから大丈夫! Vol.12】

着がえすら拒否する日も増えました。

3学期もこの調子だったので、この子は一体いつになったら泣かなくなるのだろう…

一体いつになったら楽しく幼稚園に通えるのだろう…

そんなことを考えて、不安になることもありました。

しかも、今年はとてもとても長い春休みになってしまいました。

相変わらず息子は「ようちえん、いきたくない」と言い、休みを楽しんでいる…。

6月、久しぶりに幼稚園が始まることになり、息子はまた幼稚園へ行くのを嫌がるのだろうな…と思っていました。

ところが…

年中さんになった息子は、泣かないで登園するだけでなく、徐々に自分で着がえるようになりました

年中さんになった息子は、泣かないで登園するだけでなく、徐々に自分で着がえるようになりました。

つい半年前までは考えられなかったことです。

まさか幼稚園へ行くために、息子が自分で制服に着がえる日がくるなんて思えなかったのです。

年中さんになったことで、息子の気持ちに何か変化があったのかもしれません。

いまも、笑顔ですんなり幼稚園へ行く日はほとんどないんです

いまも、笑顔ですんなり幼稚園へ行く日はほとんどないんです。

それでも、泣くのを我慢している顔を見ると、すごくがんばっていることが伝わってきます。

必ず笑顔で 「たのしかった!」と帰ってきてくれるので、きっと大丈夫! と思えるのです。

そんな息子をこれからもずっと見守っていきたいと思います。
 
 
(pinky)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング