ガンのことをママ友にも知らせるべき? 辛い脱毛の不安を救ったものは…【鼻腔ガンになった話 Vol.9】

Woman.excite / 2020年10月30日 14時0分

写真


■前回のあらすじ
病院から帰宅すると、子どもたちが家のお手伝いをしてくれていて、健気な姿に涙を流す義母…。翌日から、入院準備を始めます。



■抗がん剤治療による脱毛が不安…







抗がん剤の種類、投与方法によっては脱毛しない場合もあるそうですが、抜ける確率は高いと思いました。

ネットで探したらお手頃でオシャレなウィッグも多くて一安心!

ショップのレビューを見たら、病気をしてもオシャレしたいという気持ちの人がたくさんいるということが分かり、なんだか胸が熱くなりました…!


■友達への告知はどうしたら良い?
















色々な場所に友達がいるのは、転勤族ならではの悩みかもしれません…。

どの友達に告知するか、いつ言うか、とても難しい…。


■ガンだと気付き心配してくれた友達…話を聞いてくれて嬉しかった










次回からは入院編をお届けします。

病院内の色々な患者さんとの繋がりや治療のこと、家族のことたくさんのエピソードがあるので是非引き続きご覧ください!

次回に続きます。

※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(やよいかめ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング