他人の評価を気にしない彼との出会い…母に植え付けらえた価値観が揺らいでいく【親に整形させられた私が、母になる Vol.41】

Woman.excite / 2020年10月29日 16時0分

写真

他人の評価を気にしない男性との出会い…母に植え付けられた価値観は無意味?


前回までのあらすじ
職場の先輩に「街コン」に行こうと誘われる。母に「あんたは結婚は無理」と言われて育った私は…


■私が大切にしてきた価値は意味がないもの?

親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる



親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる



当時、私は自分で唯一価値があると思っていたのは、仕事でした。

昔からずっとこの考え方をしてきたのです。
「スポーツ強豪校でレギュラーのハム子」
「進学校、有名大学に通うハム子」
「安定した資格職のハム子」

自分の所属しているものが私の唯一誇れる価値でした。

自分自身は何も長所がないから、世間的に良いと言われる団体や肩書に自分が所属することで、なんとかかろうじて「自分には価値がある」と思うことができていたのです。

それなのに、この男性に、「所属には価値を感じない」と言われてしまい…。
(実際には、そのように言われたわけではなかったのですが、私はそう感じてしまいました)

まるで「私自身がまったくの無価値である」と突き付けられたようでした。

それどころか、『所属に頼って、学歴や経歴にすがりついている器の小さな人間』と、自分で自分が恥ずかしく、情けなくなりました。

でも、とてもハッとさせられ、心に残る出来事でした。
→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。


(グラハム子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング