彼にはいつかきっと嫌われる…母でさえ本当の私を好きではなかったのだから【親に整形させられた私が、母になる Vol.42】

Woman.excite / 2020年10月30日 16時0分

写真

彼にはいつかきっと嫌われる…母でさえ本当の私を好きではなかったのだから


前回までのあらすじ
「職業は何でもい」と言われた彼の言葉にショックを受けつつ、その後も外で会うようになり…。


■誰かが私を好きになってもそれは本当の私ではない…

親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる



親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる
親に整形させられた私が、母になる



彼とは相性が良く、一緒にいても疲れませんでした。
なので流れのまま付き合い始めてしまいました。

やはり若かったのもあってか、パートナーを求めるのは本能なんでしょうかね…。

手を繋いだとき、私の心のなかにある「嫌われてしまう恐怖」、「この先ずっと演じ続けなければいけない苦痛」といった自分の感情に無意識に蓋をしていました。

だってその恐怖よりも「付き合いたい」という気持ちが強かったから。

でも少し時間が経ち一人で冷静になると、ふとした時にやはり恐怖がわきあがってきました。
『本来の私を見せたら嫌われる』
『私はずっと元気で明るく、しっかりしている女性を演じなければいけない』

だって私の職に魅力を感じてくれない彼には、性格や容姿で好かれるしかなかったのですから。だけれども、その性格や容姿にしても、実際には作り物。

今までも、容姿を整形し、過食嘔吐で体型を維持し、明るい女性を演じ続けてきたからこそ、母や友人は私を愛してくれた…。そう思っていました。

『ありのままの弱い私を愛してほしい――
だけれども、それは不可能なこと。
だったらできるだけ長く、すこしでも弱い私を彼に見せないようにする。
でもそれはとてもつらい。そしてやっぱり本音では弱い私を愛してほしい…

いややっぱりそれは不可能なんだ…
それもこれもすべて私がこんな弱いからいけないんだ…』
こんな堂々巡りの想い。

彼との付き合いには、そんな苦しい思いが心の奥にいつもありました。
→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。


(グラハム子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング