マウントされたとき、どう対処している? マウントをとるママ友(後編)【ママのうっぷん広場 Vol.14】

Woman.excite / 2020年10月28日 11時0分

写真


イラスト:にわゆり


時にママ友同士でマウントを取られたり、取ってしまったという経験はありませんか? ママ本人はもちろん、子どもやパートナーまでも比べ合ってしまうエピソードについてみてきた前編に続き、今回は、ママ友との付き合い方、マウントを取らない、取られない方法について、ウーマンエキサイトアンケートに寄せられたエピソードを元に、考えてみたいと思います!


■マウント対策1「ママ友と距離を置く!」

マウント対策として多く寄せられたのは、「距離を置く」というコメントです。

友達と自分を比べる人って余裕がなく、心が荒んでる。 育児は人それぞれ違う悩みがあるし、いちいち妬む理由が理解できない。 そもそもそれは本当に友達?  ママ友とは呼ぶけど『マウント』と感じるなら付き合わない方が相手にもいい」

「やたらと子どもにブランド物を持たせて、学校で自慢する親子。わが家は身分不相応な物は持たないので、スルーしていましたが、 何かとマウントしてくるので距離を置きました

「徐々にフェードアウト。近所で見かけても見つからないように道を変えたり走り去ったり。同じ公立小学校になりたくないので、 最後は引っ越しをしました

「付かず離れずが一番。何で群れたがるの? ママ友っていう 一線を引いたお付き合いでいいんじゃないのかい?」


「そもそもそれは本当に友達?」というコメントにはハッとさせられます。マウントされるくらいなら距離を置くというのは、賢明な選択のように思えます。

■マウント対策2「卒園や卒業で離れるまでは我慢する」

また、「付き合わなければいけない間は我慢する」というコメントも寄せられていました。

「常にマウントしてきて、かなり感じ悪いママ友がいて、 卒園後フェードアウトして縁を切りました。こういうタイプの人ってどこにでもいるんだなと思う。そんな人と 我慢して付き合う時間がもったいない

「ママ友トラブルに巻き込まれて、全く乗り越えられない。距離を置きたかったけれど、同じ習い事しているため、しょっちゅう顔を合わせなければならず、何かされたら嫌なので今でも付き合いを続けている。持ち家なので引っ越しもできなくて、 子どもたちが卒園するのを待つばかりです

「私も子どもが幼稚園児の時、半分以上のママさんから無視や意地悪された経験があります。その時は悲しかったですが、 子どもが卒園するまでの辛抱だと思い頑張って乗り越えました


子どもを通じたママ友との付き合いは、子ども同士が卒業や卒園するタイミングに終わらせるチャンスもやってくるようです。その時までの我慢だと割り切った付き合い方をしている人も多いようです。

■マウント対策3「ママ友は作らない」

一方、「ママ友はいらない」と割り切って、付き合いをしないという人からのコメントも寄せられていました。

「子どもを通して知り合った親というのは、どうしても子ども同士を比較したり、同じ環境にいる自分たちを比較したりします。だから 私は深いママ友を作ろうとは思いません

「子どもつながりのいわゆるママ友ってめんどくさいですよね。学校が終われば切れる関係。関わらないのが一番という考えで、 ママ友は1人もいません

「ママ友はいりません。ママ友ではなく、結婚しているしていない、子どもがいるいないに関わらず、 自分の本当の友達がいれば十分です


コメントにあるように、確かに自分の本当の友達がいれば十分なのかもしれません。変にマウントされるくらいなら、「ママ友はいらない」と割り切るのも潔い選択ですよね。



■ママ友付き合い、どうすればいい?


イラスト:にわゆり



それぞれママ友付き合いでマウントを取られないように対策をしていることがわかりました。ただ、ママ友の存在で救われたという人もきっと少なくないはず。そして、育児をする中でも、ママ友が支えになってくれることもあるでしょう。お互いにマウントを取らず、尊重しあえるママ友付き合いをするためには、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

「こちらはマウントするつもりはなくても、そう取られた事があったかも。 子どもの成長は繊細な話題なので、身内のみに話そうと思う」

「自分の子が特別だと思っている親は、周囲にもそれを求める傾向にあり、自分の言動が非常識であることに、気づいていない場合がありますよね。 自分もそうならないように気をつけなくてはと思います」

「SNSは知識や知恵を得るのに都合の良いツールですが、 他人の幸せをひがむようなら見ないほうがいいと思います。人は人、他人は他人です。自分にとって見たいアカウントと見たくないアカウントを選別できるよう、個人個人で気をつけていくことはとても重要なことなのかもしれない」

「同じ月齢でもできる子はできる。それで自分の子はできないと焦り落ち込んだりする。私は逆に わが子はわが子なりの成長のペースがあるんだと思うようにしているので、たまに落ち込んでも 明るく前向きに育児を頑張っています!


ママ友付き合いにおいては、 一定の距離感と節度を持って付き合うことが非常に重要なのだと気づかされます。そして、何よりもママ友と自分や、子ども同士を比較しないことで、マウントの取り合いを防ぐことができそうです。

どうしても同年齢の子どもを持つ親同士だからこそ、比較して落ち込んだり、ときには知らないうちに相手を傷つけてしまうことがあるかもしれません。しかし、お互いに支えあえれば、かけがえのない心強い存在になるのではないでしょうか。

「自分の体調が悪い時や、2人の子どもどちらかの用事があった時など、周りの友達に支えてもらい子育てができました。感謝しかないです」


マウントとは無縁で、ママ友の存在には精神的に支えられている人もいることがわかります。それぞれ自分なりのママ友付き合いをして、マウントすることもされることもないように、工夫していきたいところですね。

また、ママ友を作らないというのも、あくまで前向きな選択で、割り切った付き合いをするのもありですよね。子どものことを考えると、「私が我慢しなければ…」と思ってしまう人もいると思いますが、ママが我慢したり苦しんでいる姿を、子どもは望んでいないかもしれません。

ママ友マウンティングの対処法はなかなか難しい選択を迫られることもありますが、自分や子どもがどうしたら穏やかでいられるかを考えて、自信を持って進んでいきたいですね。


(高村由佳)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング