ママ友と心地良い距離感で付き合う方法とは? 距離が近すぎるママ友(後編)【ママのうっぷん広場 Vol.16】

Woman.excite / 2020年11月19日 14時0分

写真


イラスト:ぱん田ぱん太



ママ友との距離感に正解はなかなか見つからず、つい距離をつめすぎてしまったり、相手の遠慮のない行動に嫌な思いをしてしまうこともありますよね。今回は、前回アンケートの内容を元に見てきた距離感の近いママ友への対処法から、ママ友との心地良い付き合い方について考えてみたいと思います。

■<いい距離感1>徐々にフェードアウト

距離の近いママ友への対処法については、後腐れがないように「フェードアウトする」という意見が多く寄せられました。

「ママ友に毎日のように外出に誘われて、LINEでは長文のグチをよく聞かされた。 一方的すぎて私があまり返信しなくなったら、疎遠になりました」

「『車に乗せて』と頻繁に言われたので、買い物に誘われても『用事がある』や、『買うものがない』と、 少しずつ距離を取り、私から『車を出す』と言わないようにしました。するとママ友も察したようで、別の気の良さそうな人と仲良くなり 次第に離れられました

「登園降園時に毎日1~2時間立ち話。貴重な時間を奪われているようで苦痛だったので、 バス通園に変えて回避。ママ友もいいけど、 家族や自分に時間をかけられるようになり、ストレスが軽減した」


どのコメントからも、相手に伝わらないよう上手にフェードアウトしている様子が伝わってきますね。それとなく相手と距離をとる方法としては、相手も傷つけず、子ども同士の関係にも亀裂を生まない賢いやり方のように思えます。

■<いい距離感2>今だけやり過ごす

また、今だけのお付き合いだから「なんとかやり過ごす」という意見も寄せられていました。

「どうせ お互いに転勤族なのでやり過ごす。これに尽きます。二度と会う事はないだろうと、割り切っていました」

「小学校に入れば、 また違うママ友ができる。だから今、悩んでいる方がいたら、 ずっとこのつらさは続かないと思って頑張ってください」

「先輩ママに相談した。『 合わない人とは天気の話だけしてれば良いのよ』と言われて納得!」


子ども同士の関係もあるため、なかなかハッキリとものを言えないママ友間でのお付き合いですが、子どもの環境が変われば終わる期限つきのものでもありますよね。その間だけはなんとか我慢したり、当たり障りのない会話をすることでやり過ごしている人も多いようです。



■<いい距離感3>迷惑なことはハッキリと伝える



イラスト:ぱん田ぱん太



一方、ママ友にハッキリと気持ちを伝える、引っ越しを機に縁を切るなどの潔い行動をとるママたちもいるようです。

毎日のように我が家に遊びに来ていたママ友とその子ども。上の子が小学生になり、女の子と男の子の遊びも変わり始めたので、『これからも 毎日遊ぶなら公園とかじゃないと難しい』とハッキリ伝えた」

面倒くさいママ友とは付き合わない。子どもが小学生になれば自然と顔を合わす事も減るので、話が合う人とだけ仲良くするのが疲れない」

「家族ぐるみで旅行に行くぐらい親しくしていたけど、 ズカズカとプライベートに入り込んでくるママ友に耐えられなくなりそのママ友が 引っ越したタイミングで縁を切りました

「夜の22時をすぎても帰ってこないママ友。その子が遅くまでうちに遊びにきていて、最初は母子家庭で大変だからと大目に見ていたが、休みの日も朝8時から来たり、夜ご飯の後にまた来たり、 あまりにも常識がないので出禁にしました」


確かに、相手側に黙ってはいられないような遠慮のない行動があった場合、ハッキリと「NO」を伝えることも重要なのかもしれません。

その時、一方的に気持ちをぶつけるのではなく、コメントにもあるように例えば、「家の代わりに公園で」などの代替案を提示する、引っ越しした後から連絡を取らないようにする、などの工夫ができるとよさそうですね。

■群れない勇気も母の強さ! 距離感のあるお付き合いとは

それぞれに、ママ友といい距離感で付き合うために、工夫していることがわかります。そもそも、ママ友付き合いで距離感を間違えないためにはどのような心構えが必要なのでしょうか。

「いろいろなママがおり、いい関係を持てる人もいますが、個人的にはママ友は『 友人ではなく顔見知り』なので、あえて仲良くせずあいさつ程度の距離が大切だと思います」

「子どもが仲良しだからといって、 親まで仲良くする必要があるのか疑問。子育ての方針が同じ人でないと絶対に付き合えないと思う。同じ行動でも捉え方によって善にも悪にもなってしまう。考え方の相違があるなら、 群れない勇気=母の強さだと思う」


子ども同士の付き合いから始まったママ友でも、うまがあい本当の友達になることもありますよね。しかし、そのためにはお互いが同じくらいの距離感で付き合いたいと思っていることが大切なのかもしれません。そこがずれた途端、「距離感が近すぎる」とか、はたまた「もっと仲良くしたいのに」などと、気持ちがすれ違ってしまうのでしょう。

大切なのは、お互いが思いやる気持ちなのかもしれません。自分の言動が一方的になってはいないか、相手だけに負担がかかっていないかどうか、特にママ友関係では注意することが必要なのかもしれません。

最後に、ママ友付き合いにおいて重要なことについて、コメントが寄せられていました。

「無理に仲良くする必要はない。まず 自分自身の事を本当の意味で好きになる事です。最も付き合う相手はほかでもなく自分自身。結果的にそれが 子どもにも最高のしつけになると思う」


ママ友付き合いにおいては、子どもを通じてつながった関係ということも影響して、相手に気を使いすぎたり自分がどう思われているか心配してしまったりすることも多いですよね。

そんな時でも、コメントにもあるように、自分のことを信じられれば、周りに流されることなく、自分や子どもたちにとって最適な選択をしたり、トラブルを回避したりできるのかもしれません。

そして、そんなママの姿は、子どもたちにとって友達付き合いをする上でのお手本にもなるでしょう。相手への思いやりと自信を胸に、ママ友と適度な距離感のある良好な関係を築いていきたいものですね。

前編はこちら

【同じテーマの連載はこちら】

私のママ友付き合い事情

この連載の全話を見る >>


(高村由佳)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング