1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

ふんわり柔らか【つくねレシピ 20選】王道の甘辛味のほか、食べ応えのあるおかず、丼、鍋など多彩!

Woman.excite / 2023年11月15日 6時0分

写真

つくねのレシピ【20選】をご紹介します! ジューシーで食べ応え満点のつくね。柔らか食感で食べやすく、お弁当や夕食のおかずにあると、うれしいですよね。王道は甘辛味ですが、一緒に混ぜ込む具材によって味が変わり、工夫次第で飽きずに楽しめますよ。


定番はもちろん、アレンジしたおかず系・ご飯系・鍋と多彩にピックアップ。ふんわり柔らかなつくねを献立や料理に取り入れて、食卓を盛り上げましょう。

■つくねの<シンプル>レシピ3選
まずは覚えておきたい、定番の鶏ひき肉を使った小判型のつくねをご紹介します。

・鶏のつくね

 

具材は鶏ひき肉と玉ネギのみのシンプルな王道つくねです。黄金比率の甘辛ダレがよく合い、ご飯が進むこと間違いなし。蓋をして蒸し焼きにすると、ふっくらと柔らかく仕上がりますよ。



・コリコリつくねバーグ

 

焼き鳥屋さんのような鶏つくねを自宅で再現! 軟骨のコリッとした歯ごたえが楽しく、美味しさが格段にアップします。卵黄を添えて、キンキンに冷えたビールと一緒にどうぞ。



・冷凍卵の月見つくね

 

冷凍卵の卵黄はもっちり濃厚な新食感。甘辛なつくねとマッチして、思わずご飯を何杯もおかわりしたくなります。卵白をタネに混ぜ込むことで、ふっくら柔らかに。ぜひお試しを!



■つくねの<アレンジ>レシピ6選
かさ増しするコツや、混ぜ込む具材や味つけを変えたアイデアレシピが満載です。

・豆腐入りつくねバーグ

 

鶏ひき肉と豆腐を使う、節約・ヘルシーな一品。豆腐のふわふわ食感がたまりません。いくらでも食べられそうです。冷めてもふんわりが続くため、お弁当にも最適。



・ゴボウ入り鶏つくね

 

常備菜のきんぴらごぼうをつくねにリメイク! きんぴらは食感が残るように少し粗めに刻むと◎。食物繊維たっぷりで、野菜嫌いなお子様もこれならパクパク食べてくれますよ。



・チーズ入りひとくちつくね

 

クリームチーズを混ぜて焼く、とろ~り食感でコクのある一品です。洋風な仕上がりですが、食べるときは「ワサビしょう油」をつけるのがおすすめ。お酒に合い、おつまみとしても最高です。



・長芋入り鶏つくね

 

鶏つくねに角切りにした長芋を混ぜ込み、ボリュームアップ。ヘルシーにかさ増しできて、フワッ&シャキッとした食感がやみつきになります。レシピの甘辛ダレのほか、大根おろしやポン酢などの和風ダレで食べても美味しいですよ。



・豆腐の簡単つくね焼き

 

使う材料は木綿豆腐と卵のみ! みそで味つけし、のりを巻いて磯辺焼き風にしていただきます。豆腐はしっかりと水切りし、つなぎの役目の片栗粉を多めに入れて、両面カリカリに焼くのがコツ。小腹を満たしたいときにも良さそうです。



・マグロのチーズつくね

 

マグロのたたきを使って、まるでお肉のような食べ応えを実現。タネにオイスターソースで炒めた玉ネギを加えるのがポイントです。あっさりしつつもチーズ入りでコクがあり、魚嫌いなお子様にもおすすめ。



■つくねの<おかず>レシピ6選
つくねは、ひと手間加えたり、具材として活用したりすれば、食べ応え抜群なおかずになりますよ。

・大葉入りつくねのみぞれ煮

 

鶏つくねをたっぷりの大根おろしで煮れば、ご飯が進むメインおかずに。さっぱりといただけて、汁も飲み干したくなる美味しさです。お好みで七味唐辛子を振れば、お酒のおつまみにも。



・豚つくねと野菜の煮物

 

豚つくねと野菜の旨みで出汁いらずです。豚つくねにはみじん切りにしたゴボウ・シイタケ・ニンジンを入れるため、風味豊か。栄養バランスも彩りも良く、寒い日にぴったりなメニューですよ。



・つくねレンコン

 

鶏つくねに輪切りレンコンを合体! シャキッと食感が楽しめて見た目もかわいく、お弁当にも◎です。レンコンは薄めに切り、片栗粉をまぶしてしっかり押しつけると、剝がれずに仕上がりますよ。



・つくねのあっさりマーボー

 

作り置きや市販品のつくねを麻婆豆腐にアレンジするテク。パパッと15分で作れます。あっさりしていて食べやすいのが魅力です。豆板醤の量はお好みで調整してください。ご飯にのせて丼にしてもいいですね。



・たっぷり野菜をのせた揚げつくね

 

つくねをカリッと揚げたら、ゴマ油やラー油が効いた野菜の酢漬けをのせて召し上がれ。揚げるひと手間で、外はカリッ、中はふわふわ食感に。お肉と野菜が一緒に食べられて、栄養バランスもGOOD。



・鶏つくねのアーモンド揚げ

 

鶏つくねがごちそうおかずに大変身! アーモンド衣のザクッとした食感と、独特の香ばしい風味がやみつきに。冷めても美味しいので、お弁当にもぴったりですよ。



■つくねの<主食>レシピ2選
つくねは白米とも相性バッチリ! 簡単に作れる、軽食メニューをご紹介します。

・ふわふわつくねライスバーガー

 

香ばしく焼いたご飯に、照り焼き味のつくねをはさむライスバーガーです。ホットプレートを使えばまとめて焼けるうえに、みんなでワイワイ作れますよ。週末のランチにいかがですか?



・レンコン入りつくね丼

 

甘辛ダレがたまらない、お子様も喜ぶつくね丼です。レンコン入りで栄養バランスが良く、コリッとした食感が後を引きます。温泉卵をからめて食べると絶品です。お好みで七味唐辛子や粉山椒をかけて味変を楽しむのもアリ。



■つくねの<汁物・鍋>レシピ3選
自己流のつくねを作って、スープやお鍋に活かしてみませんか? ハフハフ頬張り、体の芯から温まるので寒い日におすすめです。

・鶏つくねの具だくさんスープ

 

鶏つくねから出汁がしっかり出て、ホッとする味わいです。食べ応えがあるので、献立の品数が少なくても満足できます。ご飯にかけてスープライスに、茹でた麺にかけて鶏つくね麺してもOK。



・鶏つくね鍋

 

ふっくらとした鶏つくねに、たっぷりの野菜や豆腐を加える、具だくさんな鍋です。つくねの旨味がスープに溶け出し、〆の雑炊やうどんも美味。鶏むね肉でタネを作るので、高タンパクでヘルシーですね。



・ユズコショウ風味の鶏つくね鍋

 

鶏つくねにユズコショウの爽やかな風味をピリッと効かせて。これなら何個でも食べられそうですね。ショウガ入りで、体がポカポカに温まりますよ。今年の冬の新定番にしたいですね。



つくねはまとめて焼いて作り置きしておくのがおすすめ。冷蔵で2~3日、冷凍で2~3週間ほど保存可能です。温めてタレをからめれば、お弁当や夕食のおかずが完成するので、忙しい日々に重宝しますよ。ぜひ今回ご紹介したレシピを参考に、いろんなバリエーションで味わってみてくださいね。

▼鶏そぼろのレシピならこちら!

▼鶏ささみのヘルシーなレシピが盛りだくさん

▼鶏もも肉の絶品レシピが勢ぞろい


(川原あやか)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください