1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

【名古屋めし】人気のでらうま「味噌煮込みうどん」レシピ!鶏肉やワカメを使った煮込みうどんも

Woman.excite / 2023年11月28日 6時0分

写真

注目の「名古屋めし」。中でも味噌煮込みうどんは、家庭でも簡単に再現できます。じっくり煮込まれたうどんは、野菜や肉などの旨みがしみ込んで絶品です。やや柔らかめのうどんに仕上がるのもポイント。ハフハフしながら食べると、体の内側からポカポカと温まってきますよ。


今回は、味噌煮込みうどんの作り方のほか、歴史も解説。さらに鶏肉やワカメを使った煮込みうどんレシピも登場します。今年の冬は煮込みうどんにチャレンジしてみませんか?

■味噌煮込みうどんの歴史
味噌煮込みうどんは愛知県の郷土料理です。同様に、愛知県を代表する調味料「八丁味噌」を使用し、少し赤みがかった濃いめの汁に、コシの強い太めのうどんを入れて煮込みます。明治時代頃、愛知県一宮市で食べられていたものが、名古屋市を中心に広がっていったとされています。

味噌煮込みうどんに使われる八丁味噌は、大豆を原料にした豆味噌で、長期間の発酵と熟成による、独特な酸味や渋み、旨みが凝縮された味わいが特徴。名前は、徳川家康の居城だった岡崎城から八丁(約870m)西へ離れた場所にある八丁村(現・岡崎市八帖町)で作られていたことが由来だそうです。ほかの味噌に比べて栄養価が高く、徳川家康の長寿を支えたのは豆味噌だったとも言われています。

また、使われるうどんは、塩を加えず小麦粉と水だけで作られるのが一般的で、生のまま鍋に入れて煮込んでも、汁が塩辛くなりません。加えて、塩が入っていないため、煮込んでも柔らかくなりすぎず、コシが残ります。とはいえ、家庭では茹でうどんを使うことが多いとか。

■味噌煮込みうどんの作り方
昆布とかつお節で丁寧にとっただし汁に、赤みそを溶かして作る絶品スープ。野菜は冷蔵庫の残り野菜でもアレンジOKです。体の芯からポカポカと温まりますよ。

だしが決め手!みそ煮込みうどん
だしが決め手!みそ煮込みうどん

【材料】(2人分)

うどん(ゆで) 2玉
豚肉(薄切り) 100g
白菜 1/16株
ニンジン 1/4本
シイタケ(生) 2個
青ネギ 2本
<スープ>
  赤みそ 大さじ 2
  酒 大さじ 1.5
  だし汁 500ml
卵 2個
一味唐辛子 少々


【作り方】

1、豚肉は食べやすい大きさに切る。白菜の軸は削ぎ切りに、葉はザク切りにする。ニンジンは皮をむき、幅5mmの半月切りにする。シイタケは軸と笠に切り分け、軸は縦に裂き、笠は飾り切りにする。青ネギは幅1cmの斜め切りにする。

だしが決め手!みそ煮込みうどんの作り方1

2、土鍋に<スープ>の材料を加えて煮たたせ、赤みそが溶けたら豚肉を加える。

だしが決め手!みそ煮込みうどんの作り方2

3、(2)にうどんと青ネギ以外の野菜を入れて、ひと煮たちしたら青ネギと卵を加えて火を止め、蓋をする。卵が半熟になったら器に盛り分け、一味唐辛子を振る。

だしが決め手!みそ煮込みうどんの作り方3




■まだまだある! <味噌煮込みうどん>レシピ5選

・体の芯から温まる! みそ煮込みうどん



赤みそがなくても大丈夫。おうちにあるいつもの味噌でも味噌煮込みうどんは作れます。その場合は、しょうゆとみりんを加えるとコクが出ますよ。冷凍のうどんを使えばパパッと作れますね。ショウガが効いた、温活効果も期待できる一杯です。



・あったかみそ煮込みうどん



ニラを加えるスタミナ満点の味噌煮込みうどんです。だしにチキンスープの素を使うため、簡単に味が決まります。ゴマ油の香りもアクセントに。食べ進めていくうちに、体が温まってきますよ。豚肉とニラを一緒に食べると疲れが吹き飛びそうですね。



・みそ煮込みうどん



具材に旬のカキを使う味噌煮込みうどん。カキから出るだしをたっぷり吸ったうどんは最高です! グツグツと煮ながら、鍋から取り分けていただきましょう。あえて薄味に仕立て、薬味をたっぷり添えて味わうのがおすすめです。



・みそ煮込みうどん鍋



冬の鍋には、やはりセリは欠かせません。爽やかな香りが、味噌スープと相性抜群です。セリは煮込みすぎると香りや食感が失われるので、最後に加えましょう。柔らかいうどんとの食感の違いも楽しめますよ。



・みそ煮込みうどん鍋



たっぷりの肉や野菜とうどんを煮込んだ、味噌煮込みうどん鍋。各食材から旨みがあふれ出し、滋味深い味わいです。時間があるときはぜひ手打ちうどんにチャレンジを! 少し不格好な手打ち麺の方が、鍋に入れるとよく味がしみ込みますよ。



■リメイクも! <そのほかの煮込みうどん>レシピ3選

・ゆで鶏スープで煮込みうどん



ゆで鶏を作った後の茹で汁で作るリメイクレシピ。野菜やうどんを加えるだけで、立派な一品が完成しますよ。コラーゲンたっぷりのスープが絶品です。ぜひお試しを!



・鶏と野菜の煮込みうどん



昆布でだしをとり、少量のしょうゆと塩のみで味付けする、あっさりした味わいの煮込みうどんです。鶏もも肉はあらかじめお湯をかけ、臭みを取り除きましょう。そうすることで、すっきりとしたスープに仕上がります。やさしい味で食べやすいです。



・ワカメとキノコの煮込みうどん



食物繊維が豊富に含まれた食材をたっぷり入れる、ヘルシーな煮込みうどんです。うどんと具を一緒に煮ることで、全体が柔らかく仕上がります。お好みで肉を加えると満足感がアップ! 甘めの味付けで、子どもからも好評です。



煮込みうどんは、野菜やうどんを一緒に煮るだけで作れる、冬のお助けメニュー。だしを丁寧にとるのも良いのですが、忙しいときは、顆粒だしや余ったゆで鶏の汁を使って作っても美味しいです。寒い日には、ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にして、煮込みうどんを作り、温まってくださいね。
(稲見ぶん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください