これがリアルなのか!働くママの理想と現実、そのギャップとは?

Woman Insight / 2014年12月9日 21時30分

女性の20代といえば、だんだん仕事にも慣れ、キャリアを築く大事な時期。その一方でいわゆる“結婚適齢期”をむかえ、将来について悩む時期でもあります。仕事、結婚、出産……実際のところ、みんなはどう考えているのでしょうか。

楽天リサーチ株式会社では、全国の20代~60代の男女1,000人に女性の働き方に関するインターネット調査を実施しています。その結果がコチラ。

◆出産後のご自身の働き方について【女性回答】
1位 今の勤め先で、仕事を続けたい(27.6%)
2位 退職し、生活が落ち着いたら再就職(17.8%)
3位 わからない(17%)

◆出産後に希望する働き方が選択出来そう/出来たか【女性回答】
1位 わからない(38.5%)
2位 選択出来そう/出来た(35.2%)
3位 選択出来なさそう/出来なかった(13.7%)

働き方については、1位と2位をあわせると「出産後も仕事を続けたい」という人が45.4%。やはり、共働きを望む声が多いようです。しかし、それが可能か……という質問になると回答は微妙。「出産後、希望の働き方ができるかわからない」と答える人が一番多いという結果になりました。希望が叶わなかったという人も13.7%いて、出産後の仕事に不安がよぎります……。では、女性が仕事を続けるためには、何が必要なのでしょうか?

◆女性が職場で活躍し続けるために最も重要なこと【20代女性回答】
1位 育児休暇からの円滑な職場復帰に向けた支援(20%)
2位 短時間勤務、パートやアルバイトなどの勤務体系の柔軟性(19%)
3位 職場での人間関係(18%)

1位は育休からのスムーズな復帰。2位は、育児のために時短やパート勤務を希望する人が多いのではないでしょうか。やはり、働く女子にとっては仕事と育児の両立が一番の心配ごとですよね。では最後に、現在の環境についてどう思っているのか見てみましょう。

◆日本国内が将来女性にとって働きやすい環境になっていくという「変化」を現在感じているか【20代女性回答】
1位 感じていない(53%)
2位 どちらとも言えない(33%)
3位 感じている(14%)

1位の「感じていない」が53%。つまり「今後、今より働きやすい環境にはならない」と思う人が半数以上もいるということ。働く女子は、将来にあまり希望が持てないようです……。
とはいえ、「仕事も結婚も育児も全部やりたい!」と考える人が多いのも事実。希望は捨てず、自分らしく生きる道を見つけたいですよね。(えんどうまゆみ)

情報提供元:楽天リサーチ株式会社

【あわせて読みたい】

※ママ必見!脳の70%は、1歳までに作られるって知っていましたか?

※結婚・出産後に「副業」で生かせる習いごとを、若いうちから始めるべき理由

※ママ必見!スキンシップには子どもの記憶力を高める効果が!

※自分の子供をオリンピック選手にするたった5つの方法

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング