【ストールとマフラーの巻き方2】おしゃれで防寒にもなる!簡単「巻き物」テクを伝授

Woman Insight / 2014年12月13日 19時0分

防寒やファッション小物として、冬に欠かせない「マフラー」。皆さん、どうやって巻いていますか? ただでさえ着ぶくれしてしまう冬。寒さをしのげて、スタイルよく見える巻き方があれば嬉しいですよね。

そこで、ファッション雑誌『AneCan』などで活躍中のスタイリスト・井出香理さんに、ベーシックマフラーと大判ストールを使った「巻き方アレンジ」を教えていただく連載、今回は2回目です。

★使った巻き物のサイズはコチラで確認を!→ http://www.womaninsight.jp/archives/102464

●大判ストール(サイズ:長さ約160cm×幅80cm)

●ベーシックマフラー(サイズ:長さ約160cm×幅40cm)

【大判ストール(2)・カジュアルライクなアフガン巻き】

大判の柄タイプは、シンプルなコートを一気に華やかにしてくれるアイテム。ストールの片側の端を斜めにして前でたらせば、あっという間にアフガン巻きに。結び目を前で作るとジャマになりますが、ストールの両サイドの角を軽く結べば解決!

1.ストールの左側にたれているほう(写真[a])と、右側にたれているほう(写真[b])の両端がそろうように、ストールを首に巻きます。

2.左側(写真[a])の角を右肩まで持って行き、右側(写真[b])の角と結びます。

3.結んだ右側(写真[b])の端は、前にたれている左側の後ろに隠れるように。

完成です!

【ベーシックマフラー(1)・シンプルでワザあり1本巻き】

首に巻いて横で結んだだけ……のように見えますが、実は、マフラーの端っこが“1本”しか出ていない、ユニークな巻き方アレンジ。右側にねじりを入れたようなアレンジなっていて、普通のマフラーなのに、しっかりボリュームも出ます。端っこに特徴ある柄が入ったマフラーを巻くときのアレンジにぜひ!

1.マフラーの幅を2つに折り、首に巻きます。そのとき、右側の端は、首の内側を通して巻いておきます。

2.右側が少しねじれたように巻いた状態に。次に、左側の端(写真:★)を、右側のねじれた部分の下に入れ込み、フリンジ部分隠します。

完成です!

ストールとマフラーの可能性が広がるアレンジを2つ、ご紹介しました。いずれも後ろにボリュームがない巻き方なので、フード付きのアウターのときにもおすすめです。次回は、お出かけシーンに使える巻き方を2つをご紹介します!(さとうのりこ)

【ストールとマフラーの巻き方】

★【ストールとマフラーの巻き方1】おしゃれで防寒にもなる!簡単「巻き物」テクを伝授

★【ストールとマフラーの巻き方3】おしゃれで防寒にもなる!簡単「巻き物」テクを伝授

★【ストールとマフラーの巻き方4】おしゃれで防寒にもなる!簡単「巻き物」テクを伝授

【あわせて読みたい】

※シンプル服が激変!最強アイテム「ストール」の巻き方4パターン伝授【1/2】

※シンプル服が激変!最強アイテム「ストール」の巻き方4パターン伝授【2/2】

※ダウン、ロングカーデetc.「防寒かわいい」を実現するおすすめコーデ

※おしゃれプロに学ぶ「いちばん寒い日」でもOKな「おしゃれ防寒」スタイル!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング