同窓会ウケはまかせて!状況別4大コーディネート

Woman Insight / 2014年12月26日 15時30分

同窓会。昔の仲間と集まって旧交をあたためるひとときは楽しいものですよね。
しかも、久しぶりに会う人が多いから、「昔よりキレイになった、かわいくなった」と思われたいのが女心。

とはいえ、ひとくちに「同窓会」といえど、カジュアルなものからオフィシャルなものまで、さまざまなものがあります。少人数で集まる食事会、同級生がたくさん集まる結婚式の2次会、恩師も参加するオフィシャルな同窓会……。
「いったいそれぞれ何を着ていけばいいの!」と迷いがちなあなたのために、シチュエーション別・同窓会おすすめファッションを『AneCan』1月号よりご紹介します。

【同級生の男女4人、地元のイタリアンで久々の食事会】(写真右)

久しぶりの同級生たちとちょっとしたお食事会。「相変わらずかわいいね!」と思われたいシチュエーションでは、大人のかわいさを演出できるミルクティー配色を味方につけましょう。タイトなシルエットのものやスリット入りのスカートを選んだりして、ほんのり色っぽエッセンスを入れるのが大人っぽくするコツ。さらに、ふわふわのファー小物をあわせて「質感」でかわいさをプラスすると完璧です。

【幼なじみの結婚式2次会@おしゃれなバー】(写真左)

結婚式の2次会で自然発生的に起きたプチ同窓会など、ちょっとしたドレスアップシーンではワンピースを着ている人が多いもの。そんな中であえて、パンツのセットアップを着こなしていると「新鮮で目立つ!」と男女ともに好評です。パンツスタイルのときは、色気が宿ると言われている「首、手首、足首」の“3首見せ”をして、女度を上げるのを忘れずに。

【地元の居酒屋にて、高校時代の男女混合仲良しグループで集合!】(写真右)


気の置けない昔の仲間と集まる気楽な居酒屋での同窓会など、キメキメだと浮いてしまうときもありますよね。そんなときはこなれ感あるカジュアルファッションでの参加がベスト。
カジュアルでも「地味?」「手抜き?」という印象にならないように今っぽいアイテムも着こなしに組み込みたいものです。旬アイテムの代表と言えば、大人色のストライプ。流行のひざ丈タイトで取り入れれば、さらに気どらないおしゃれさをアピールできます。

【素敵なレストランで行われる、恩師も参加する出身校の同窓会】(写真左)

恩師もそろうオフィシャルな同窓会シーンでは、どんな年代にも好印象のブラックドレスがやっぱり使えます。オーソドックスなアイテムだからこそ、仕立てのよさと素材にこだわった1枚を持っておきましょう。そして「無難」になりやすい服だからこそ、トレンド小物で遊びごころを加えるのがポイント。今年なら、流行のシルバーをバッグや靴で取り入れると今っぽい雰囲気になります。

数年ぶりに会って、次に会うのはまた数年後……という人もいるから、1回1回ファッションに気合が入るのが同窓会。シチュエーションに合ったおしゃれをして、再会のときをめいっぱい楽しみましょう!(後藤香織)


(『AneCan』2015年1月号)

【あわせて読みたい】

※忘年会シーズン到来! 職場受け完璧な4大コーディネートとは!?

※「これって本命?下心?」男女関係にありがちな4つの謎をズバッと解決!

※「A HAPPY NEW YEAR」は間違い!? 年賀状のNGマナー3つ

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング