【ストールとマフラーの巻き方1】おしゃれで防寒にもなる!簡単「巻き物」テクを伝授

Woman Insight / 2014年12月11日 18時50分

防寒やファッション小物として、冬に欠かせない「マフラー」。皆さん、どうやって巻いていますか? ただでさえ着ぶくれしてしまう冬。寒さをしのげて、スタイルよく見える巻き方があれば嬉しいですよね。

そこで、ファッション雑誌『AneCan』などで活躍中のスタイリスト・井出香理さんに、ベーシックマフラーと大判ストールを使った「巻き方アレンジ」を教えていただきました! 全4回にわたってご紹介します。

<使った巻き物はこの2タイプ!>

●大判ストール(サイズ:長さ約160cm×幅80cm)

「大きなストールはただはおるだけでも防寒になりますが、巻き方を少し工夫すれば“こなれた”印象になります。おすすめはチェック柄。無地のコートや洋服でも華やかになりますよ!」(井出さん)

●ベーシックマフラー(サイズ:長さ約160cm×幅40cm)

「今季、ペールトーンのパステルカラー(少しくすんだ印象のパステル)が流行しているので、洋服で取り入れるのが難しいという人は、マフラーなどの小物で取り入れてみるのもひとつの手です」(井出さん)

【大判ストール(1)・シンプルなアシメ巻き】

大判タイプは、首にぐるぐる巻いて結んでしまうとボリュームが出過ぎてしまうのですが、この巻き方はループ状になっている部分にストールを通すので、すっきりした印象になります。両端を非対称にするのがおしゃれに仕上げるコツ!

1.ストールを首に巻きます。自分の左側にたれているほう(写真[a])が短くなるように巻くのがポイント。

2.首元に少し隙間を作り、その隙間に、左側にたれているほう(写真[a])、右側にたれているほう(写真[b])の順に端を通していきます。首元のループ状になっているストールの下から入れましょう。

完成です!

いかがですか? 大判ストールも、結ばなければ首元に余計なボリュームが出ず、スッキリします。暖かくて、おしゃれに見せられるシンプルな巻き方ですね。次回は、大判ストールとシンプルマフラー、2つの巻き方をご紹介します。(さとうのりこ)

★2回目→ 【ストールとマフラーの巻き方2】おしゃれで防寒にもなる!簡単「巻き物」テクを伝授

★3回目→ 【ストールとマフラーの巻き方3】おしゃれで防寒にもなる!簡単「巻き物」テクを伝授

【あわせて読みたい】

※シンプル服が激変!最強アイテム「ストール」の巻き方4パターン伝授【1/2】

※シンプル服が激変!最強アイテム「ストール」の巻き方4パターン伝授【2/2】

※ダウン、ロングカーデetc.「防寒かわいい」を実現するおすすめコーデ

※おしゃれプロに学ぶ「いちばん寒い日」でもOKな「おしゃれ防寒」スタイル!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング