資生堂が発表した2020年の流行予想!キーワードは○○と○○!

Woman Insight / 2014年12月22日 8時0分

女性たちを美しく輝かせるメイク。
ファッション同様、その年代ごとにメイクにも流行があります。

よく言われているのが、

《 景気が良いと → 明るい色の口紅や太眉が主流 / 凛とした元気なメイクが流行る 》
《 景気が悪いと → 眉が細くなる / 頼りなく冷めた表情のメイクが流行る 》

社会や景気などによって色濃く反映されるようです。

女性の化粧が世の中の雰囲気(世相)で変化するのならば、「過去のメイクを辿っていけば、未来も予測できちゃう! 」
……ということで、あの資生堂が、メイクの歴史を踏まえながら、未来のメイク=2020年のメイクの流行を大胆予測しました!

予測1【和装メイク~ジャパンカラーを大胆に取り入れる!】

・日本古来の化粧の三原色である「赤」「白」「黒」が基調に!
・和の化粧を現代風にアレンジし、日本女性の凛とした美しさを表現。
・透明感のある肌や目頭の輝きには、白をセレクト!
・目のフレームを際立てる黒いアイラインは欠かさない。

最も印象的なのは、口紅と同様の鮮やかなレッドカラーが目の縁に描かれていること。また、黒アイライン自体のデザインも上昇志向を表す矢印のようにも見えます。アイホール全体は穏やかな色合いでまとめられているので、スタイリッシュで凜とした印象です。

予測2【スポーティ&ポップなメイク~颯爽とした美しさ】

・明るいカラー、ブルーを使用したダブルラインが一番の注目ポイント。
・ツヤのある健康的な肌に仕上げる。
・口元はオレンジリップで、軽快でスポーティな雰囲気!

アイラインのアレンジがさらに自由に! 日本人に多い色白肌には、ブルーがマッチ。例えば、日本古来からの染め物や陶器でも藍色が多様されているように、日本人はブルー系の色にゆかりがあるんです。

東京オリンピックが開催される2020年には、世界中の様々な国の方が日本へ訪れます。そして、日本独自の伝統や文化に注目が集まり、さらにはスポーツ産業が必ず活性化されるはず。

そんな理由からも、スポーティなファッションがトレンドのキーワードになるかもしれません。
最後にオマケを少し・・・。
「化粧は時代を映し出す」 ということで、1920年代~現在に至るメイクの変遷を!

日本女性のメイクが、時代ごとにまったく違うのがわかりますね!!
ファッションだけでなく、ヘアスタイルとの組み合わせもとても興味深いです。
個人的には60年代のレトロポップな雰囲気も大好き! あぁ、女子高生だった90年代が懐かしいなー(笑) あのころ細眉にし過ぎて…未だ眉毛が生えずに困っている友達も多いのですが。。。(izumin)

情報提供元:資生堂ビューティークリエーション研究センター

【あわせて読みたい】
※10年に1度のブーム到来!プロのヘアメイク直伝、今どき「濃いめ・太め・ストレート」眉の簡単な作り方
※美容のプロ55人が選んだ「2014年年間ベストコスメ」カテゴリー別ランキング!(3)【アイメイク】【リップメイク】【フェイスカラー】篇
※盛りすぎちゃダメ!デートメイクの「やりがちNG」をプロがダメ出し!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング