Precious編集長も驚く…Precious読者のラグジュアリーなお買い物伝説

Woman Insight / 2014年12月31日 12時26分

前回、2014年のカジュアル旋風のなかでさらに進化するPrecious読者についてお伝えしましたが、果たして彼女たちはいったいどんな人たちなのか? 高橋編集長に分析していただきました!

★第1回はこちら→ Precious編集長インタビュー「2014年は○○の流行がラグジュアリー世代に新しい価値観を……」

Woman Insight編集部(以下、WI) Preciousの読者さんは、どんな世代の方が多いのですか?

高橋編集長(以下、高橋) 創刊したころ38歳~42歳くらいだった方が一緒に年齢を重ねているのと、そこに新しい若い層が加わっているのが現状です。47、8歳がいちばん多くて、次が51歳という、いわゆるバブル世代。その次がなぜか36歳。これは、社会に出て十何年経って、そろそろ一生ものみたいなものを欲しいと考え出した人たちが、清水買いするときに参考にするために買ってくれているのかな、と思ってます。いずれにしろ、とても購買力の高い方たちですね。

WI みなさん、お仕事をされているのでしょうか?

高橋 イベントなどで実際お会いしてお話しすると、医者、弁護士、公認会計士、会社の役員、起業家……。ちょっと堅めのお仕事や、自分の名前で仕事されている方が多いですね。仕事相手はスーツで、エグゼクティブと仕事しなければならないという環境で、お仕事服で自分の信頼感みたいなものを表現しながら、うまくおしゃれがしたい、という声をよく聞きます。ちなみにジェットセッターや海外旅行好きが多いのも特徴です。最近、海外高級リゾート「アマン」を特集したところ、大変好評でした。

WI まさに日本を支える、働く女性たちですね。そして経済力もありそうですね…。

高橋 例えば、日本に3個とか4個しか入っていないクロコダイルのバッグを載せると、「Preciousを見て」といって指名買いをされるんです。このあいだも、10月号で掲載した300万円に近いバッグが、京都に住んでいるというPreciousファンの方からのお問い合わせで売れた、というご連絡をいただきました。時計も最近、1,200万円のトゥールヴィヨン(機械式時計)が売れたそうです。そういった、審美眼の確かな方へ向けて、時計やジュエリーの特集は必ずするようにしていますね。

(『Precious』2014年4月号より)

WI そういう方は、見る目もしっかりしていそうですね。

高橋 世代もそうですけれど、男性に受けたいとか、誰かに買ってもらうという視点が一切ないんですね。自分で稼いだお金で、自分で選んで、自分の気持ちいいと思うものを買う。そうすると、おのずと上質なもの、素材やデザインももちろんだけど、作っている側も志の高いもの、クラフツマンシップのあるものが好まれます。「流行だから」だけではないものを選び抜いて買いたいという声は多く聞きますね。前に読者の方が言っていたのですが、「高いものがたくさん載っているだけだと物質主義的というか、単なる消費に思えるけれど、その雑誌に知的な部分があると、『知的な女性にふさわしいもの』という価値が付随して、より買う気になれる」という話が印象的でした。だからファッション以外の読み物といった特集も、きちんとつくることは常に意識しています。いずれにしろ、そういった鋭い読者でも「これなら買ってもいいかな」と説得できるのが、Preciousの強みですね。

余談ですが、Preciousの中で人気のビューティ企画といえば「眉」にまつわるものだそう。「女優眉が流行して、整えたり細くすることに命をかけていた世代だから、今の太眉ブームに苦戦しているのかも」と高橋さんは分析されていました。これもある意味、Preciousの世相をよく表していますよね。さあ、2015年はいったいどうなる!? 次回に続きます!(五十嵐ミワ)

★第1回はこちら→ Precious編集長インタビュー「2014年は○○の流行がラグジュアリー世代に新しい価値観を……」

【編集長インタビューシリーズ】

※CanCam編集長が振り返った2014の流行アイテムは……「○○靴」「○○ストッキング」「○○アクセ」etc.

※AneCan編集長が見通す2015年。”万人ウケファッション”の次に来るもの

※ヒット企画からOggi編集長が紐解く、働く女性の”いまどき”のリアル

※Domani編集長が分析!元祖○○世代・35才前後のファッションはどこへ向かう?

※「メンズの2014年は“○○○”一辺倒」MEN’S Prescious編集長インタビュー

※日本文化を伝える雑誌『和樂』編集長が語る「○○こそサイコーのエンターテインメント!」

※SAKURA編集長が解説する、今どきママが大切にする「3つの軸」。

※NO.1美容誌『美的』編集長が語る、読者が求める”大人の色っぽさ”とは

【あわせて読みたい】

※味も香りも抜群!今すぐ使うべきマジックスパイス5選

※みんな誤解しすぎ!プロがジャッジする「冬肌保湿」の正解or不正解

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング