直木賞作品『サラバ!』担当のもうひとつの顔は文芸誌『きらら』の編集長。お勧め本を聞いてみた!

Woman Insight / 2015年3月15日 22時0分

直木賞作品『サラバ!』(西 加奈子/著)の担当編集者である、石川和男さんのインタビュー。3回目の今回が最終回となります。今回は、石川さんが編集長を務める『きらら』という文芸誌の紹介です。そもそも、タダで読める文芸誌があるって知ってました? 石川さんのおすすめ本紹介もあり、本好きは必見です!

石川さんの最近の代表作、夢の競演

★1回目はコチラ→ 第一印象は最悪!? 直木賞作家・西 加奈子と『サラバ!』担当編集、出会い秘話

★2回目はコチラ→ 作家・西 加奈子と編集者の10年愛・・・直木賞受賞作『サラバ!』誕生の感動エピソード

Woman Insight編集部(以下、WI) 『きらら』読みましたが、佐藤正午さんに内田陽子さん、柚木麻子さん、大島弓子さん……これ、本好きにはたまらないラインナップですね。

石川和男さん(以下、石) 『きらら』は、文芸としては最後発の小学館が、「こういうものをやっています」ということを認識してもらうためのPR誌でもあるんです。だから、実は、店頭では無料でお配りしているんです。

WI え、無料なんですか!?

石 値段はついてて定期購読もできるんですけど、書店のレジ横に置いてあって、自由に持っていってもいただけるんです。

WI そうなんですね! ほかにも、書店さんによる著者インタビューとか、コラムとかあって、おもしろいですよね。

石 「書きおろしは難しいけど連載なら書ける」という作家さんもいらっしゃるので、そういう方の受け皿としてももちろん大事な媒体なんですが、「書店さんに認識してもらいたい」という思いのもとで始めた部分が大きいので、そのへんはいわゆる文芸誌とは違いますね。

WI 西加奈子さんも直木賞受賞の際、「書店に行ってください」とおっしゃってましたよね。

石 西さん、受賞会見で唯一言うって決めてたのは「書店に行ってください」ってことだったって言ってましたね。自分でも、ちょっと前までは安易に「ふだん本を読まない人が読むからベストセラーになる」なんて思ってたんです。実際そういうことも起きるかもしれないけど、それは特殊な状況で、習慣的に読んでくれている人に読んでもらえる本をつくらないと。じゃあそれは誰かといったら、やっぱり書店員さんが多数含まれているはずなんです。『サラバ!』も、書店員さんに愛されたから、今があるとも思います。

WI 石川さんご自身は、もともと小説は好きだったんですか?

石 もともと好きだったのは、埴谷雄高(はにやゆたか)の『死霊』とか。戦後ずっと書き続けてて、少しずつ『群像』に発表していたんですけど、最後未完のまま終わってるんです。9章で終わっていて、それが終わりという説もあるんですけど。どちらかというとドストエフスキー的な。

WI ちょっと暗いというか……思想的なものですか。

石 あと、夏目漱石の『行人』。これも、棺桶に入れてほしいくらい好きで「棺桶本」っていうことにしてます。でも、印象が変わるのが怖いから、実は1回しか読んでないです。若いときにハマる本って、残り方が違いますよね。そういうふうに読者が思える本をつくりたいですよね。

WI ちなみに最近の作品でおもしろいものはありましたか?

石 ジュンパ・ラヒリの『低地』という、翻訳本ですね。彼女は『停電の夜に』という作品で、ピューリッツァー賞を受賞しているんですが、そんな名作も「これのための習作でした」って言っちゃうくらいの傑作です。作家の角田光代さんも絶賛していました。

『きらら』は6月号からリニューアルを予定しているそう。イメージを一新するという『きらら』が楽しみです! 余談ですが、巻末の『きらら通信』は、石川さんが書いているとのこと。こちらもぜひ読んでみてくださいね!(五十嵐ミワ)

『きらら』2015年3月号
http://www.quilala.jp/pc/index.html

★1回目はコチラ→ 第一印象は最悪!? 直木賞作家・西 加奈子と『サラバ!』担当編集、出会い秘話

★2回目はコチラ→ 作家・西 加奈子と編集者の10年愛・・・直木賞受賞作『サラバ!』誕生の感動エピソード

【西加奈子さんインタビュー】

★【祝!直木賞】西加奈子に聞く、5%の喜びが支えた「サラバ!」誕生秘話

★【祝!直木賞】「作家になる気はなかった」西加奈子、ずっとなりたかった職業とは?

★【祝!直木賞】「普通でずるい人間だった」西加奈子が作家生活で得たもの、変わったこと

★【祝!直木賞】作家・西加奈子が「人生で唯一後悔していること」とは?

【あわせて読みたい】

※話題騒然!新コミック誌『ヒバナ』発刊直前の編集部を襲った悲劇とは…

※【検証】パトラッシュ&ラスカルのフェイスパックは可愛いのか?女子大生るなちゃんが実際に付けてみた

※押切もえ「小説新潮」に短編小説を発表!「こじらせ女子」等を題材に

※【実録】これはスゴイ!「現実に起きた運命の出会い」恋愛エピソード8選

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング