加藤諒、雪降るクリスマスの思い出…超イケメンとのエピソードを告白

Woman Insight / 2016年12月2日 16時0分

1978年からいまも連載が続く大人気漫画『パタリロ!』が、初の舞台化決定。まるで漫画から飛び出したようなキャストたちのビジュアルも話題になっていますが、今回、主演の“パタリロ殿下”を演じる俳優の加藤諒さんに、Woman Insight編集部がインタビューを慣行。

パタリロ・加藤諒さんのインタビュー後半をお届けします。

Woman Insight編集部(以下、WI) 『パタリロ!』はいまも連載が続いていますが、舞台ではどのへんのお話が切り取られるのだろう……という期待もありますが、加藤さんは台本を手に入れる前に、どういった内容の舞台になるか検討はつきましたか?

加藤諒さん(以下、加藤) チラシビジュアルを見て「あ、ここだろうな」ってだいたい予想できる部分はありました! 今回パタリロを演じることで、“パタリロ博士”になるくらいパタリロを愛するぞ!という気持ちがあります。だけど僕、すごくギャグセンスがないんです。この漫画はギャグ要素が強いから、そこをちゃんと演じないといけないな……って。ただ、演出の(小林)顕作さんのギャグセンスが「神がかっている」ので、顕作さんに相談して、ついていこう!と。舞台はひとりだけではできないですし、素晴らしいキャストとスタッフの方々に囲まれて僕はやっていくことができていると最近すごく痛感しています。終わったとき、その人たちにも喜んでもらえるような、やってよかったなと思っていただけるような作品になるといいなと思っています。

WI 今回も含め、2.5次元舞台の役を演じるときに気をつけることはありますか?

加藤 役づくりでアニメを観ることもひとつの手段だと思います。でも、アニメは声優さんが築き上げてきたものなので、それを真似してやるというよりは、僕は原作から受け取ったイメージを大切にして役を演じるようにしています。

WI 加藤さんは、子役から活躍されてきたわけですが、当時はどんな役者になりたいと思っていたのですか?

加藤 僕が子供のときに所属していたスタジオが、お芝居も歌もダンスも全部やるところでした。でも僕はダンスが好きだったから、ダンスだけ力を入れてレッスンするという感じだったのですが、吉本新喜劇にハマった時期があって……だから本気で、お笑い芸人になりたかったんです(笑)。そんなとき、『あっぱれさんま大先生』に出していただける機会をいただいた、という感じです。小さい頃からお芝居をずっとやってきたわけではないのですが、中学のとき、多部未華子ちゃん主演の映画『HINOKIO(ヒノキオ)』に出させていただいて、監督さんに厳しいことも言われながら撮影して完成した作品を観た瞬間、すごく感動して……。「この仕事をしていきたい!」と、そのときに強く思いました。お芝居の仕事をメインにやってきたのは、それからです。最近はバラエティ番組にも呼んでいただけるようになって、そこで「オネエなの?」という話になりますけど、それは子役時代、さんまさんが「おまえ、オカマか!」と言ったところから始まったんです(笑)。僕って周りからそういうふうに思われてるんだ!?と。でもそれが笑いに変わるのを知ったのは、さんまさんのおかげです。そういうふうに、子役時代からやってきたことが、いまの僕に通じてるものがとても多い気がしますね。

WI 『パタリロ!』の舞台千秋楽がクリスマス当日ですが、クリスマスで何か覚えている思い出はありますか?

加藤 僕、昨年は舞台「残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』」で、血みどろのクリスマスを過ごしていたのですが(笑)、今年は“パタリロ”! クリスマスには所属事務所の若手俳優でライブをやったり、ここ何年かそういう感じなので、孤独なクリスマスをしばらく過ごしてないかも……。記憶に残っているのは、雪がすごく降ってた……3~4年前のクリスマスです。当時、仕事もそんなにない時期だったし、仲良しの友だちも多くなかったので家にこもっていたんですけど、さすがにちょっと寂しすぎると思って(笑)、自分にクリスマスプレゼントを買おうと思い立って、近所のおもちゃ屋さんで「ニンテンドー3DS」を買いました(笑)。その数日後、“我が家”の坪倉さんとお会いする機会があって、「クリスマスが寂しくて、自分に『3DS』をプレゼントで買ったんです」と言ったら、「俺が買ってやったのに」と言ってくれて、「何この人! 超イケメン!」って(笑)。だからその年のクリスマスをなんだか覚えています(笑)。

WI 男性にもそういうことがさらりと言える方なんですね(笑)。これからますます忙しくなると思いますが、趣味やハマっていることはありますか?

加藤 昨年の10月ぐらいから“食品サンプル”にハマって、実際に作りに行ったりもしていたんですけど、だんだん時間がなくなってきちゃって最近は全然……。できているものを買うこともあるのでだいぶ増えて、自分が作った作品は5個あります! テレビでもこの話をしたこともあったので、舞台を観に来てくださった方々が食品サンプルをプレゼントしてくださるんです。すごく嬉しい! 米粒のピンバッチとか、焼肉のネクタイピンとかあるんですよ。売っているのかどうかもわからないんですけど、いまいちばん欲しいのが“指輪のキャンディ”。だけど僕、指が太くて合うサイズがなくて……もし結婚したら結婚指輪をつけるじゃないですか。僕、それをつけるのが怖いんです。取れなくなったらどうしよう……っていう不安が。指輪恐怖症なんだけど、食品サンプルの指輪は欲しいです!(笑)

WI 最後に、長い芸歴の中で「役者をやっていてよかった」と思える瞬間を教えてもらえますか?

加藤 役者として幸せな瞬間は、「この作品に携われてよかった」と思えるとき。いろんな作品を観させていただいて、「自分はなぜこの作品に携われなかったんだろう」と悔しく思うことも多々あるので、自分が出たい!やりたい!と思う作品に出合えて、それに出られることは本当に幸せです。ありがたいことに最近はバラエティ番組にも出させていただいていますが、僕が「役者」というイメージがない方も多いみたいで……。だから今後は、作品のキーマンになれるような役者、作品の物語に食い込んでいけるような役を演じられるようになって、「加藤諒が出ているなら絶対面白いから観よう」と思ってもらえるような役者になるのが夢。日々精進してまいりたいと思います! 本当に!

取材の最後、加藤さんの脳内を書いていただいたら、「加藤の中身って“闇”だらけなんですよね(笑)」とポツリ。「でもいまは真ん中に“孤独”があって、周りに“愛”があふれてる感じかも!」と言いながら書いてくださったのがこちら。友だち、食品サンプル……と、加藤さんは本当にたくさんの愛に囲まれて過ごしているそうです。

パタリロ殿下を筆頭に、個性あふれるキャストたちに加え、本作の脚本を手掛ける池田鉄洋さんは、俳優としてだけでなく、映画やドラマ・舞台の脚本家としても注目を集めています。また演出の小林顕作さんは、NHK大河ドラマ『真田丸』への出演というエンターテインメントの実力派ぞろい。

謎に包まれている舞台『パタリロ!』が明らかになるまで残りわずか。この冬、日本に巻き起こる“パタリロ旋風”をお見逃しなく!(さとう のりこ)

★加藤諒、“パタリロ”キャスティングでチャームポイントの「太眉」を全剃りの危機も?

舞台「パタリロ!」
http://www.nelke.co.jp/stage/patalliro/

2016年12月8日(木)~25日(日)@紀伊國屋ホール

[キャスト]加藤諒/佐奈宏紀/細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生/青木玄徳 ほか

[原作]「パタリロ!」魔夜峰央

[スタッフ]脚本:池田鉄洋、演出:小林顕作

(c)魔夜峰央/白泉社(別冊花とゆめ・メロディ・花LaLa online)

【あわせて読みたい】

※絶賛上演中!松岡広大が“うずまきナルト”の役づくりで絶対にやらなかったこと

※恋愛要素一切なし!2.5次元舞台で活躍するキャストが地上波ドラマで大集結

※第二弾は小澤廉!あの「月刊」シリーズが“舞台俳優”とコラボで蘇る

※サンリオキャラ×イケメン=最強!サンリオ男子初の公式ブックをのぞき見♡

※イケメンたちが恋人に作ってあげたいスイーツは「アレ」に人気集中♡【舞台「甘くはないぜ!」インタビュー】

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング