知ってトクする「カシミア」の豆知識4つ教えます

Woman Insight / 2013年11月24日 11時30分

カシミア。なんて甘美な響きなのでしょう! 優しい手触り、まばゆいまでの光沢、ふわりと包み込むかのようなぬくもり……。最近では手頃な価格のカシミアニットも流通し、だいぶん親近感を感じる素材になりました。でも、カシミアってそもそも何??? 女性の憧れの的「ファー」と「カシミア」の大特集を組んでいる『Precious』12月号から、さっそく学んでみましょう。


■カシミアの原料は?

寒暖差が激しい高地に生息する「カシミア山羊」のうぶ毛が原料。あの繊細さは「うぶ毛」だからこそなんですね! しかも年に一度の脱毛期にしか採取できないので、とても希少。最近は環境保護のため、飼育頭数や放牧に制限が設けられているため、高品質なカシミアの希少性はますます増しているのだとか。

■どうして薄くて軽くてもウールよりあたたかいの?

カシミア山羊の毛は、羊の毛にくらべ3分の2程度の細さ。羊の毛の断面は楕円形であるのに対し、カシミア山羊の毛の断面は球形。これが毛織物となると生地が空気をより多く含むことになり、”外気を遮断&体温の放熱を防ぐ“という断熱材のような役割を果たすのだそう。なるほど!

■独特のツヤ感はどうして生まれるの?

私たちの髪の毛同様、動物の毛の多くはキューティクル状になっています。シャンプーのCMなどでもよく耳にしますよね。わかりやすくいえば「ウロコ状」。カシミア繊維のキューティクル形状は、動物の毛のなかでも特に凹凸が少なくキレイなのだそう。あのリッチな光沢は、繊細さとなめらかさあってこそなんですね。

■長く美しく着るためには?

高級な服ほど、手入れにはちょっと心構えが必要なもの。カシミアも例外ではありません。極上の手触りとツヤをキープするには……

1. 帰宅したらハンガーなどにかけ、風を通す。
2. ていねいにニット用のブラシをかけ、ホコリを落とす。
3. 毛玉を見つけたら、そっとつまんでカット。
4. クリーニングか自宅での手洗いを。天然原料の専用シャンプーだとなおよし。

カシミアはウールより復元力がある素材。お手入れを怠らなければ、長く愛用できます。

「なくても生きていけるけど、あると人生が楽しくなるもの」。ラグジュアリーの本質を語るとき、こんなふうによく言われます。触れるたびに豊かな気持ちにさせてくれると思えば、お手入れの手間だってうれしい代償といえるもしれませんね。手間をかけたぶんだけ愛着もひとしお。自分だけの1着を育てる気分で、さあ、今年こそカシミアデビューしましょう!(ナスターシャ澄子)

(『Precious』2013年12月号)

 【あわせて読みたい】

※毎日のケアは? 濡れたときは? ファーの豆知識4つ教えます

※年末の風物誌『第九』はなぜ年末に歌うの?

※流行りのオーガニックコスメ、買う前に○○さえ見れば「本気度」が丸わかり」!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング