東原亜希、中林美和、鈴木サチ…ママモデルの細見え努力“表と裏”

Woman Insight / 2013年12月4日 7時30分

産後の体型変化は深刻な悩み。それでも誌面をステキに飾り続けるママモデルたち。モデルだから何か特別な体型キープ法がありそう!……いえいえいえ。産後の体型崩れも、仕事や子育ての忙しさも、持っている悩みはママモデルも私たちと同じ。「ステキ」をキープするために、“表”も“裏”も地道に努力していました。そんなママモデルたちの秘密を『SAKURA』冬号でご紹介。その一部を教えてもらいましょう!

努力の“表”と“裏”とは…?

産後気になる腰回りや、ゆるんだ下半身のラインを目立たなくする着こなしの努力を“表”。運動や食べ物、生活の中で身体をキレイにしていく努力を“裏”と定義。見た目ですぐに差をつけられる “表”と、根本的にじっくりとキレイをめざす“裏”の合わせ技で「ずっとステキに見える」をキープしています!

★東原亜希さんの“表”の努力★

お尻と太ももの境目があいまいになっても、旬のタイトスカートを履きこなすテクニック。ラインが目立たないよう、トレンドの迷彩柄をチョイスするそう。ざっくりした長めニットで、お尻の途中までニットで覆うようにすれば、ヒップラインが丸わかりになりません。

★東原亜希さんの“裏”の努力★

10年以上飲み続けるほどの青汁好き。ほかにもココナッツウォーターなど、口コミで「いい」と聞くものはどんどんお試し。意外にも、ヨガや特別な運動は時間がなくてやっていないそう。その分、子供と本気で遊ぶことで、自分の運動量も“ながら”キープ!

★中林美和さんの“表”の努力★

ゆったりしたシルエットで隠すよりも、スキニーパンツでしゅっと仕上げるのが中林流。トレンチを羽織って腰回りをカバーすれば、華奢な足首のラインを見せつつ、程よい緊張感も演出できます。

★中林美和さんの“裏”の努力★

午前中はフルーツと酵素ジュースのみで胃を休めている中林さん。体がスッキリしてお肌もキレイになったそう。ジムやヨガも行くけれど、テレビや雑誌を見るちょっとした時間にバランスボールに座る“ながら運動”を毎日続けるほうを重視しています!

★鈴木サチさんの“表”の努力★

体型が戻るまではロングスカートを愛用。でも腰回りは気になるので、チェックシャツの腰巻きをプラス。パンツスタイルのときは、少しゆったりめのシャツをインして、ひっぱりだすテクニック。ウエスト回りでふんわりするから、腰回りが細く見える!

★鈴木サチさんの“裏”の努力★

食事制限が体質に合わなかったサチさんは、ピラティスにハマり中! 姿勢がよくなり5~6cmのサイズダウンに成功。さらに今年はインストラクターの資格も取る予定とか。目的を持つ充実感も体型維持に繋がっているそう。

同じ悩みを持つママモデルたちも、自分にあった方法は人それぞれ。一番大切なのは、少ししか時間がなくても、急激に効果が出なくても、キレイを諦めない気持ち! いろいろ試してみて、無理なく続けられるものに出会いたいですね。(安念美和子)


(『SAKURA』2013年冬号)

【あわせて読みたい】

※「美人すぎる書道家・料理研究家の美の秘訣6選」

※「お得にキレイ!美容賢者たちの「抜きどころ」美容術3つ」

※「人気ファッションエディターに学ぶ!おしゃれをつくる8つのルール」

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング