今年はカジュアルだけじゃない!ニット帽のこなれ着こなしルール6つ

Woman Insight / 2013年12月5日 11時30分

今年のコーディネート、なんだかよくニット帽を見かけるんです。しかも、今までならカジュアルスタイルにざくっと合わせていたものを、今年はスカートブームに代表されるような、可愛いアイテムの“外し役”として大活躍している模様。『CA4LA』のプレス篠未菜子さんも、スカートスタイルに抜け感を出すアイテムとして注目されているので、キャリア女性対象の雑誌からのオファーがすごく増えているとのこと。さて、そんなニット帽の着こなしをご紹介します!

【1】まず狙うべきは細リブのシンプル帽。

リブが太くなるとカジュアルなイメージが強くなるので、きれいめをキープするなら断然細リブ。素材は上質なカシミアを選ぶと、ひと味違うリッチ感が手に入ります。

【2】1つ目に買うなら、ベーシックなグレーやネイビー。

髪色と同じ色を選ぶと、頭が大きく見えてしまう危険性があるので、初心者さんはまずベーシックなグレーやネイビーから取り入れるのがおすすめです。

【3】今季はスカートスタイルに合わせると、きちんと感とこなれ感が手に入る。

ニット帽=パンツに合わせてカジュアル、になりがちですが、やはり今季のメインボトム、スカートに合わせるのがおすすめ。きちんとこなれるスタイルができあがります。さらに、コーディネートのベーシックカラー1色と帽子の色をリンクさせる配色で、よりおしゃれ感が出ます。

【4】ヘアは断然ランダム巻き。

コテで毛束をランダムに巻いてラフにくずした、外国人のくせ毛のようなエアリー感あるヘアがニット帽には可愛い。ちなみに、おでこの一番高い位置でとまるようにかぶるのがニット帽のスタンダード。その際、前髪がある人は斜めに流してもOKです。顔を全部出すよりも、サイドの毛束を眉尻側に寄せておろすほうが小顔効果アリ。

【5】メークは目元か口元、どちらかだけ強く!

ニット帽のときのメークは、口元にボルドーの色味を効かせて、目元はナチュラルに作ると今っぽさが出ます。ボルドーリップは艶のないマットタイプで色だけを差すのが気分。ボルドーリップは難しい……という方は、ネイビーやカーキのアイラインを効かせると◎。目元か口元、どちらかだけを強くしましょう。

【6】ビジューピアスを耳元にONすると、さらなる今っぽさ・艶っぽさが手に入る。

今季はピアスもネックレスも、断然大振りが人気。ニット帽に大振りのビジューピアスを合わせてコーディネートに艶を加えると、華やぎと今っぽさが手に入ります。

カジュアル派の方にはもちろん、きちんと派の方にも吹き荒れるニット帽旋風。この6つのルールを身につけて、是非日々のおしゃれのスパイスに取り入れてみてくださいね。(後藤香織)

(『Domani』2014年1月号)

【あわせて読みたい】

※イケてる女は定番グレー・キャメル・ネイビーに派手な暖色を合わせている!

※冬のイベント服にありがちなそのお悩み、解決Q&A6連発!

※13年秋冬ファッション結論!キーワードは90年代

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング