朝の「時短ケア」5か条、起きてから1時間以内に家を出る方法

Woman Insight / 2013年12月12日 7時30分

冬ですね。寒くて、朝、なかなか布団から出られません。あともうちょっと……なんてダラダラしていて、気づけばもうこんな時間!と、メイクもそこそこに慌てて準備をして家を出る、という日々が増えてきました。

『朝は、こまぎれ時間が命!有効に使えるかどうかで一日のきれいが決まる─』
(FELICE TOWAKO クリエイティブディレクター 君島十和子さん)

こんな言葉を目にしてしまっては、寒いから……なんて言い訳はききません。『AneCan』2014年1月号、「きれいな人に美容ルールあり!」によると、“肌や髪がきれいな人ほど、朝晩の美容メンテナンスに決まりごとがある”というのです。

時間をかけずに1日のきれいが叶う、毎朝の“時短ケア”。とことんムダを省いてポイントをおさえた毎朝のお手入れで、朝起きてから1時間以内に家を出られるテクニックは必見です!

<パパッと朝の“時短ケア”5か条>

【1】顔はテカっているところしか洗わない
冬は皮脂が出にくいので、朝の洗顔では“テカる部分”だけに洗顔料を使うのがベター。頬などはぬるま湯で洗い流す程度にすることで、潤いを守ることにもつながります。泡で出てくる洗顔料を使えばさらに時短が可能に。

【2】化粧水後はそのままコットンパック
化粧水で肌を整え、さらに化粧水をつけたコットンを乾燥が気になる頬などに貼りつけて、そのまま朝食タイム。朝の栄養を摂りいれながら、肌にもしっかり潤い補給ができちゃいます。

【3】美容液は高機能タイプをひとつ!
スキンケアをあれこれつけたり、マッサージしてる時間はないけど、最大限肌にいいこと……と言えば、1本にさまざまな機能が凝縮された美容液をひとつ投入すること! 保湿&アンチエイジングなどの効果がある高機能美容液をチョイスするのが正解です。

【4】保湿、UV、下地、ファンデーションはCCクリーム1本で!
BBクリームよりもカバー力があると人気の「CCクリーム」。CCとは“Color Correction(色補正)”の略で、メーク下地&ファンデーションとしてこれ1本で美肌が完成!

【5】朝のヘアケアはツヤ出しに特化
髪に光沢があると、全体がきれいに見える……これが美人の鉄則。髪を巻く時間がなくても、髪にほんのりツヤがあれば清潔感ときちんと感を両立できます。トップのボリュームをつぶさないよう、髪の中間から毛先にのみオイルをつけましょう。

ただし、夜のお手入れは、じっくりていねいに。ある日起きたら突然きれいになっていた!なんて奇跡はめったに起こりませんので、年齢を重ねた肌は特に、毎日のコツコツ美容が大切です。(さとうのりこ)

(『AneCan』2014年1月号)

【あわせて読みたい】

※ダメな女ほど、お金も時間もムダ多し!? 解決策は、ながら美容!

※美容好き読者78人がリアルに選んだ「使える!コスメ」、1位のマスクは¥32,550!

※美容のプロが選んだ「2013年のベストコスメ」全20部門を大発表!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング