パリコレSNAPがヒント!2014年春のファッショントレンドキーワード

Woman Insight / 2014年1月28日 11時0分

外はまだまだ寒いけれど、そろそろ店頭には春服が並びはじめ、私たちの気分は春まっさかり! さまざまな雑誌で春トレンドの特集は組まれているけれど、キャリア女性向けファッション誌『Oggi』スタイリスト望月律子さんが着目したのは、トレンドの兆しを感じさせるパリコレ会場でのファッショニスタの装い。『Oggi』3月号「パリコレSNAPをヒントにおしゃれ先取り! NEXTキーワード10」の中から、私たちの生活にも取り入れやすそうなNEXTトレンドをご紹介します。

【1】コンサバアイテムの代表、ボウタイブラウスをラフに着る!

胸元で結ぶリボンが女性らしい印象を与えてくれるボウタイブラウス。でも、リボンを結ばずたらしてルーズに着くずすと、なんだか小粋でカジュアルな印象に! さらに、パリのファッショニスタはベージュのブラウスとカーキパンツの着こなしでしたが、日本人なら肌に映える白ブラウスを選ぶのが吉。ハリのあるトレンチをラフに肩がけして大人の余裕を出し、黒小物で印象をキリッと引き締めるとGOODです。

【2】春に大ブームのシャツの中でも、ビッグトレンドはブルーシャツ!

パリでも多く見かけられた今季のビッグトレンドは、着る人の知的さをグッと際立たせるブルーシャツ。中でも望月さんの心に残ったのは構築的なシルエットのモードな黒スカートとの組み合わせですが、取り入れやすくするならモード感を控えめにしたレザー風プリーツスカートとの組み合わせで。パリッとしたシャツとやわらかなスカートの意外性コンビが、パンツやタイトスカートとの組み合わせでは実現できない、「今」らしい女らしさを叶えます。

【3】黒ライダースをほっこりフェミニンなスカート合わせで!

今季1枚は手に入れておきたいのがライダースジャケット。レザーとあって、スパイシーな着こなしにまとめてしまいがちですが、これから挑戦してみたいのはレザーのハードさをトーンダウンさせるほっこりフェミニンなスカートを合わせること。シックなモノトーンで統一すると甘くなりすぎず程よい都会の女らしさが出ます。

他にもマニッシュアウターやグレーグラデーションコーディネート、ノースリーブセットアップにひざ下ふんわりスカートなど、誌面ではNEXTトレンドが多数掲載。「これはぜひ取り入れてみたい!」というものから「実際着るのは職業柄難しそうだけど、見てる分にはかわいいな♪」というものまで。パリコレ仕込みのトレンド予想、春のお買いもの計画の参考にしてみてくださいね。(後藤香織)

(『Oggi』2014年3月号)

【あわせて読みたい】

※AneCan編集長が予言!2014春のトレンドは「スカート!フラット!モノトーン!」

※美人スタイリスト、入江未悠が注目!2014春夏ファッション4大トレンド

※2014年春夏ファッショントレンドキーワード(3)~春のボーダーどうなる?

※コーディネートの変化まるわかり!「デニム」着こなしの歴史プレイバック

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング