スエット・ポロシャツ…スポーティアイテムでキレイめコーデ!

Woman Insight / 2014年2月27日 11時0分

春のトップトレンドとして躍り出て、気になる存在なのがポロシャツやスエットスカートなどのスポーティなアイテム!
とはいえ、全身をスポーティアイテムで仕上げるのではなく、いつものベーシックなコーディネートに1点だけ投入するのが大人の流儀。そうすると、ヘルシーでかっこいい、一歩先行く洗練カジュアルに仕上げることが可能です。
さて、『Oggi』4月号から、モデルの松島花さんが着こなすスポーティ・スタイルをご紹介します。

【1】スポーティ素材代表スエットは、タイトスカートで取り入れる!

スポーティ素材の王道といえば、霜降りグレーのスエット生地。ラフな印象になりがちですが、ひざ丈のタイトスカートで取り入れるとラフすぎずに着こなしやすいんです。
明るい色のチェックシャツ&Gジャン腰巻きを合わせてL.A.ガール風にして、足元は女っぷり高めのモードなストラップサンダルを合わせると、絶妙な大人バランスに仕上がります。

【2】大人のポロシャツは、色合わせ&小物づかいがポイント。

学生時代に着ていた、という人も少なくない白のポロシャツ、今見ると新鮮なんです。大人が着るときはポロシャツらしいヘルシーさは忘れずに、色合わせと小物づかいがポイント。
お洒落通の間で定番なのは、大人の女性をきれいに見せる計算されたシルエットの「サイベーシックス」のポロシャツ。ピンクのデニムスカートとビジューなどインパクトアクセサリーを合わせると、大人ベーシックコーディネートの完成。

【3】チルデンニットはさらりと1枚で着こなす。

「チルデンニット」とは、ライン入りのVネックニットのこと。愛用していた名テニスプレイヤーの名前に由来しています。太めのライン×ケーブル編みのスポーティな魅力いっぱいの組み合わせのこのニットは、深めのV開きを選んで、さらりと1枚で着こなすのが大人っぽくて素敵。
ひざ丈のプリーツスカートにエナメルパンプスを合わせると、スポーティではありつつも女らしい旬バランスが実現できます。

【4】ロゴ入り布バッグは、クラッチと2個持ちが正解!

ロゴプリントが楽しい印象を与える布バッグ。ストラップが長めのタイプを選んで無造作に肩かけし、ラフな感じにまとめましょう。とはいえ、「すぐ近所のスーパーへのお買いもの……?」にしないためには、クラッチと2個持ちするのが正解! 深いピンクなどビビッドな色のものなら、おしゃれ感もパワーアップ。

1つ投入するだけで、なんだか軽やかに気分が上がるスポーティアイテム。是非取り入れて春らしい旬スタイルを作ってみてくださいね。(後藤香織)

(『Oggi』2014年4月号)

【あわせて読みたい】

※通勤服のマンネリ打破!働く女の味方になる5つの春トレンド

※「バッグ2個持ち」に便利!CanCam×マーキュリーデュオの付録トートがかわいい

※通勤服の王道ベーシックコーデを「今年らしく、華やかに!」着こなす方法

※黒、ネイビー、グレーなど「ベーシックカラー+春色」で季節先取り!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング