意外にも若者に人気!ハワイの“タイムシェア・リゾート”の魅力とは?

Woman Insight / 2014年3月21日 11時30分

ちらほら耳にすることがあるかもしれない「タイムシェア」という言葉。ヒルトン・グランド・バケーションズが手掛けるタイムシェアのシステムは、1年を52週に分け、週単位でコンドミニアムスタイルの部屋を共同所有するもの。

(ホクラニ・ワイキキのリビングルーム)

共同所有っていってもよくわからないし、別荘なんて別世界の話だわ……と思っていたのですが、意外な事実を聞きました。2008年にヒルトン・グランド・バケーションズが販売開始したタイムシェア専用タワー「グランド・ワイキキアン」は、販売開始価格が400万円代から。お金にも時間にも余裕のあるシニア層を想定して販売したところ、なんと20代や30代の若い層の購入者が思ったよりも多かったそう(最多購入層は40代)。

(ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内「グランド・ワイキキアン」)

そこで、ワイキキの中心部で都会的なリゾートライフを送りたい人や、小さい子供連れの家族、30代のカップルなどに向けて、もっと手ごろな300万円代からのタイムシェア・リゾートがつくられました。それが2014年1月にグランドオープンした「ホクラニ・ワイキキ」。意外に若い層にもウケているというタイムシェアとはどんなものなのか、早速チェックしてきました!

(「ホクラニ・ワイキキ」ロビーエリア)

レストランやショップが立ち並ぶワイキキ・ビーチ・ウォーク®に隣接し、プラダのど真ん前、Tギャラリア byDFSも歩いて3分と、ロケーションは本当にワイキキの中心部。バスに乗るにも、徒歩で行くにも、どこでもアクセスしやすく、私のハワイ渡航歴7回の中でも、一番便利な宿泊場所です。

「ホテルとコンドミニアムのいいとこどり」と聞いていたとおり、ロビーはホテルと変わりません。ハワイの「水・地・海・火・風・石」をテーマにしたというインテリアは、ハワイアンモチーフを取り入れつつ、最近のトレンドであるシックで洗練された印象。

(「ホクラニ・ワイキキ」のお部屋)

14階建て全143室は、全て1LKのお部屋。必要なものはすべて揃い、適度にリラックス感のある素敵なしつらえです。

清潔でかわいいバスルームに、道具が一通りすべて揃ったキッチン、アメニティもきちんと用意されています。ホテル同様のサービスが受けられて、コンドミニアム同様の設備がある。まさにいいとこどり!

湯船へお湯をためるのは、まさかの天井からの注水。見ためにも楽しくてテンションがあがります。体を洗うのは、シャワーが別途あるのでご安心を。


ゆったりリゾートを過ごす人には必須の、トレーニングルームも完備!

ワイキキのど真ん中で、抜け感を楽しめる屋上では、グランドオープンのレセプションパーティが催されました。

(オープニング・レセプションの様子)

 
ハワイならではの気さくで愛らしいおもてなし。屋上の気持ちよさが存分に味わえました。

ワイキキの中心部だけど、お部屋からの眺めも充分なもの。

ほかのお客さんも観察していたところ、小さいお子さん連れのご家族やカップル、若い女性同士など、本当に若い層の人たちが多く利用しているようでした。毎年1度はハワイに行くという人や、お子さん連れの方、便利な場所でのんびりしたい方には、同じ場所に行かれる安心感があるし、サービスと施設の充実っぷりを考えると、かなり便利なのではないでしょうか。

なお、滞在時期の変更はもちろん、毎年付与されるポイントを活用し、ほかのタイムシェア施設への振り替え宿泊したりというアレンジも可能。土地所有権付不動産として所有することもできるので、資産として相続したり、友人と共有所有したりと、その人のプランに合わせた使い方ができます。これからのライフスタイルを充実させる選択肢のひとつとして、一考の価値がありそうです。(安念美和子)

 ホクラニ・ワイキキ公式サイト

https://www.hgvc.co.jp/resorts/oahu/waikiki/hokulaniwaikiki/

【あわせて読みたい】

※ワイキキ周辺でお安く!ハワイの雑貨・ブランドお買い物の穴場

※ハワイのタイムシェア・リゾートで軽食作りに挑戦!

※マリリンの住んでいたカリフォルニアの美しい島へ行ってみた

※消費税増税前に購入しておくと「得するもの」裏ワザ2つ

※Precious編集長が断言!「富裕層の“消費マインド”は完全に戻った」

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング