スエット素材スカートで「きちんと感」を出す3つのテク

Woman Insight / 2014年3月17日 11時30分

「スエットスカートって、どう合わせても、カジュアル過ぎない?」そう思っている方が多いかもしれません。いやいや! 最近はトレンドを上手に取り入れやすくしてくれる、きちんとコーデの救世主なんですよ。

『AneCan』4月号では、スエット素材のアイテムを着こなすテクニックを、トップス・スカート・ワンピースに分けて特集。今回はその中から、スエットスカートできちんと感を出す3つのテクニックをご紹介します!

■こうすればスエットスカートをきちんと見せられる!

【1】トップスをINしてウエスト周りをスッキリ見せる

とろみブラウスIN&細ベルトONで、メリハリ感の効いた印象に! ベルトマークは全体的にのっぺり感が出てしまうのを防いでくれます。シンプルにまとめるのもいいけど、アクセントにビジューアクセサリーを取り入れると、ぱっと華やかな印象に!

【2】ひざ丈タイトで大人っぽく

通勤時のスエットスタイルは、ときには「スエット見えさせない」ことも大切。女度高めで春スカート大本命のひざ丈タイトをスエット素材で取り入れれば、セクシー過ぎず今っぽさが出てオフィスでも好印象間違いなし。理想的なきれいなお姉さんスタイルが仕上がります!

【3】ブルゾンを合わせる

フレアスカートで甘すぎずカジュアルすぎない着こなしをするためには、ブルゾン風アウターを合わせて今どきのおしゃれ感をプラス! シャープなアウターで、全体にまとまりが生まれます。

スエットスカートというとスポーティなイメージがありますが、最近はカラーや形がさまざま。特にこの春大本命のひざ丈タイトスカートを着まわすスタイルの幅が広がるのは、とってもうれしい! この春は、スエット上手を目指してみては?(鈴木 梢)

トップス編はコチラ→ スエット素材トップスで「きちんと感」を出す3つのテク

(『AneCan』2014年4月号)

【あわせて読みたい】

※カジュアルすぎない大人の「ボーダー」。スカート&パンツの着こなし術6つ

※スエット・ポロシャツ…スポーティアイテムでキレイめコーデ!

※春の好印象スカートの選び方・着こなし方【ハリ感ふんわり編】

※春の好印象スカートの選び方・着こなし方【ひざ丈タイト編】

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング