知花くららさん、祝・32歳。なりたい女性に近づく秘密兵器はコレでした

Woman Insight / 2014年3月27日 11時30分

3月27日に32歳のお誕生日を迎えた『Domani』の”顔”である知花くららさん。美人でスタイル抜群で、しかも才女で教養もある完璧な彼女。近寄りがたいのかしら、アホなこと聞いて冷たい目で見られたりしないかしら、なんてドキドキしながらインタビューをしてきました!

こちらが4月1日発売『Domani』5月号の表紙に使われている写真

Woman Insight編集部(以下、WI) お誕生日おめでとうございます! 32歳を迎えるにあたり、挑戦したいことはありますか?

知花くららさん(以下、くらら) ありがとうございます! やりたいことはいろいろあるんですけど、今年は乗馬を始めたんです。あと、去年は短歌を始めたので、それも続けていきたいですね。

WI 短歌! 短歌は家で詠むだけじゃないですよね。そういった会に参加しているんですか?

くらら そうです。自分の作った歌を持っていったり、教えていただいたり。

WI 『Domani』の表紙モデルとなって丸6年、今年で7年目になりましたが、その間に変化したことってありますか?

くらら 最初のころは、こういうお仕事自体が初めてだったので緊張の連続でしたね。最近は楽しんで撮影に臨めるようになりましたし、『Domani』はずっと私を見守ってくれている家族みたいな感じです。

WI 4月1日発売の『Domani』5月号は『「きちんと」vs「こなれた」春はバージョンUPでいく!』という大特集です。知花さんはこの春どんな「きちんと」したファッションをしたいですか?

くらら ミドルカーフ丈のスカートをレディライクに履きたいですね。あと、ふだんあまり着ないピンクとか、綺麗な色も挑戦したい気分です。

WI ではこの春にチャレンジしたい「こなれた」ファッションはいかがですか?

くらら ライダースが好きなので、インに白Tシャツを合わせてこなれた着こなしがしたいです。あと、ボトムはパンツが多いのですが、今年はボリュームのあるスカートと合わせるのもいいですね。

WI ミッドカーフ丈のスカートは難易度が高いアイテムですが、知花さんならすんなり着こなせそうです! さて、知花さんは傍から見ると完璧で隙がないようなイメージがあります。「こう見えて実は……」という一面というのはあるのでしょうか?

くらら えっ、自分じゃわからないなぁ……(笑)。マネージャーさんならわかるかも? どうですか? 私の意外な一面。(マネージャー氏に尋ねる)

マネージャーさん 意外と食べますよね! モデルさんって20時以降は絶対食べないとかストイックなイメージじゃないですか。でも、みんなでいるときには、そういうこともなく普通に食べてますよね。

WI 無理しないところでうまくバランスを取っているんですね。

くらら あっ。あと数字が苦手です。お友達のお誕生日とか、なかなか覚えられなくて。今は一生懸命メモって覚えています(笑)。

WI それは意外です! 細かいことにこだわらないおおらかな性格なんですね。一般的に、30代の女性って、仕事でもプライベートでも選択肢が増えて、迷ったり焦ったりすることが多い年代だと思うんです。知花さんは、そういうことはあるんでしょうか?

くらら もちろん焦ることもありますよ! でも、好きなことに夢中になると、充実した時間が過ごせるんですね。そういう時間をなるべく持ちたいと思っています。

WI 知花さんの場合は、リラックスしてのんびり過ごすよりも、なにかしているほうがリフレッシュされるんですね。

くらら そうです。完全にインプット型です。とりあえず、なんでもやってみてから考えよう!っていうタイプです。

WI 失礼ながら見ための印象とは違って直感型なんですね。やってみたけど、やっぱり合わなかったなぁと思ってやめたこともあるんですか?

くらら 合わなかったわけではないのですが、数年前に入学した短大は、時間的な問題で辞めてしまいました。

WI 短大? 何を勉強しに後から短大へ?

くらら 栄養学を学びたいと思ったんです。

WI 栄養学を学ぶのにカルチャースクール等ではなく短大に入ってしまうあたりも、くららさんらしいです。やりたいことは、思いついた瞬間に始めるんですか?

くらら 「todoリスト」をつけるようにしてるんです。去年、人にアドバイスされてから始めたんですけど、やりたいことや欲しいものを思いついたらとにかく書く。すると忘れないし、実行した後にリストに線を引いて消すのも気持ちよくて、やる気もどんどん上がるんです。それで去年は船舶免許を取ったり、短歌を始めたり。フラメンコを再開したのもリストに書いてあったことです。

WI リスト化することで、結果的にやりたいことの実現率が上がっているんですね。ちなみに、リストは手帳に書いているんですか?

くらら 手帳にも書いて、パソコンでも書いています(笑)。

WI ますます今年はいろいろなことが実現できそうですね。迷いがちな30代の女性たちにアドバイスはありますか?

くらら アドバイスっていうわけではないんですけど、”なんでも楽しんでいそうな女性“っていいですよね。キャリアを積んでいくだけじゃなくて、ニュートラルに自分なりにいろいろなことを楽しめる女性っていいな、自分はそうありたいな、と思って日々過ごしています。

きっちりストイックな方かと思っていたのですが、驚くほど自然体で、理想の女性像を胸にしっかりと持っている知花さん。すべての質問の答えに1本筋が通っていて、しかもきれいな理想論を語るのではなく、素でお答えいただいているのが伝わってきました。「いろんなことを楽しんでいる女性」は、周りの人も楽しい気持ちにさせてくれるはず。きっとお友達からも愛されているんだろうな……と勝手にときめいて妄想までしてしまいました。そんな素敵な知花さんが表紙を飾る『Domani』5月号は、4月1日発売です。こちらもお見逃しなく!(安念美和子)

写真/萩庭桂太 スタイリスト/奥野友佳 モデル/知花くらら ヘア/TAKE for DADA CuBiC(3rd) メイク/MICHIRU for yin and yang(3rd)

(『Domani』2014年5月号)

【あわせて読みたい】

※春の好印象スカートの選び方・着こなし方【ひざ丈タイト編】

※欲しいもので本音がわかる!ポインテッドトウは出世欲が強い!では白ソックスは?

※かっちり・こなれ・アフター6も、毎日「ジャケット×パンツ」が万能選手!

※カジュアルすぎない大人の「ボーダー」。スカート&パンツの着こなし術6つ

Woman Insight

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング