マンネリ気味なノーカラージャケットが、おしゃれにこなれる着こなし

Woman Insight / 2014年4月10日 11時30分

春の通勤スタイルのマストアイテム、ジャケット。前回はテーラードジャケットをきっちりしすぎずにおしゃれにこなれて見える着こなしをご紹介しましたが、今回は上品なノーカラージャケット編を『AneCan』5月号よりご紹介します。

テーラードジャケット編→ マンネリ気味なテーラードジャケットが、おしゃれにこなれる着こなし

【1】タイトスカート合わせで辛口にブラッシュアップ!

コンサバなイメージがあるノーカラージャケット。こなれて見せるなら程よくボディコンシャスなタイトスカートで攻めるべき! 強い印象を与えてしまいがちなレザースカートや濃いピンクのスカートなども、ノーカラージャケットが持つ上品パワーで激しくなりすぎずまとまります。

【2】鮮やかなカラーツイードのものを選ぶだけで差がつく!

これからノーカラージャケットを選ぶなら鮮やか華やかなカラーツイード。おしゃれライバルに差をつけることができます。ジャケットが華やかなので、他のアイテムは色をそろえたワントーンコーデにするのがすっきりまとまって見えるコツ。色合わせは、赤ツイード×白コーデ、ミントツイード×ベージュコーデ、青ツイード×黒コーデなどが鉄板。

【3】地味になりがちな胸元は、ボリュームネックレスで盛る!

シンプルなラウンド型の襟ぐりは、なんだか地味になりがち。そんなときは流行のボリュームネックレスを合わせると今っぽさが加速! ビジューネックレスや大粒パールネックレスなど、手持ちのものを合わせてみましょう。

【4】エアリー&シアー素材で軽さをプラス!

かっちりしたイメージのノーカラージャケット。春らしい透明感ある印象をゲットするなら、今年らしいエアリーアイテムを合わせるのが吉。シフォン素材のトップスや、クリア素材が用いられた靴を合わせると抜け感が出てこなれます。

上品きれいなコーディネートを作れるノーカラージャケットは、ひとさじスパイスを入れることがこなれ感を出すカギ。「なんだか今年っぽい!」ジャケットスタイル、是非挑戦してみてくださいね。(後藤香織)


(『AneCan』2014年5月号)

【あわせて読みたい】

※通勤服の王道ベーシックコーデを「今年らしく、華やかに!」着こなす方法

※春の好印象スカートの選び方・着こなし方【ひざ丈タイト編】

※通勤服のマンネリ打破!働く女の味方になる5つの春トレンド

※スエット・ポロシャツ…スポーティアイテムでキレイめコーデ!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング