メイクの悩み解決も肌診断もできる!もう怖くない、コスメカウンター虎の巻 (前編)

Woman Insight / 2014年4月14日 17時30分

コスメカウンター。

そう聞いて、どんなイメージを抱くでしょうか。
きれいなお姉さんがいてメイクしてくれてお化粧品を買うところ。でもなんとなく敷居が高くて、メイク初心者が行ってもいいのかやら、行ったら絶対買わなきゃ帰してくれないんじゃないかやら、ちょっとした心配も伴うところ……。
でもきっと上手に使えば、日々のメイクが格段に良くなる気がする、そんなところ。

さて、そんな皆さんのコスメカウンターに対する数々のお悩みを解決するため、Woman Insight編集部が立ち上がり、コスメカウンターの方に日々の疑問をぶつけてみることにしました。

うかがったのは、スキンケア、ベースメイク、ポイントメイクとフルセットが揃っているコスメブランド「RMK」の青山本店。

緊張。

超緊張。

担当してくださったのは、RMK 青山本店のサブチーフビューティコミュニケーターの田中祐美子さん。美女です。

実際に仕上げてもらいながら、コスメカウンターに関するさまざまなお話をうかがうことにしました。

Beforeはこんな感じです。プロの手にかかるといったいどう変わるのでしょうか……。

お客様のご希望に合わせて「スキンケアから整えるか、ベースメイクからか、ポイントメイクのみか」を決めるとうかがっていました。

というわけで、私はスキンケアから丸ごとやっていただくことになりました。
ちなみに、スキンケアからフルメイクまでを行うと、だいたい約1時間かかるとのこと。ポイントメイクのみのタッチアップなら約15~30分見ておけば大丈夫とのことです。

Woman Insight編集部(以下、WI) よろしくお願いします。まず、カウンターがすいている曜日や時間帯はありますか?

RMK 田中祐美子さん(以下、田中) 平日は土日に比べるとすいています。どの曜日でも午前中は比較的すいていますね。開店直後だけは混むことがありますが……。

WI そもそも、カウンターで試したいときはどう声をかければいいですか?

田中 例えばリップなら「このリップ試してみたいんですが……」でもいいですし「リップが欲しいんですが、大人っぽい仕上がりのものを選んでもらってもいいですか?」でもいいですよ。

WI そういうメイクの悩み系を質問してもいいんですね!

田中 はい! 商品についてはもちろんですが、もっと基礎の質問でも大丈夫ですよ! 眉の書き方、チークの入れ方……。最新のメイクや日頃のメイクのお悩みなど、お客様のコスメにまつわる疑問にはできる限りお答えできるよう日々勉強しています。

朝そこそこ気合いを入れてみたメイクが、クレンジングミルクによってみるみるうちに、丁寧に落とされていきます。目まわりはやはりコットンを使い、アイメイク専用のリムーバーを使います。「クレンジングはこんな風にやるのが正しいのか……!」ということも学べます。

WI やっぱり目は専用リムーバーを使ったほうがいいんですか?

田中 そうですね。目まわりはデリケートなので、うるおいを与えながら、素早くメイクを落とせる専用リムーバーをおすすめします。

WI ちなみに、どちらにせよメイクを落とすなら、できるだけすっぴんで行ったほうがいいとかあるんですか?

田中 そんなことはないですね。むしろ普段通りのメイクで来ていただいたほうが、いつもの印象や好きなメイクの傾向がわかるので提案もしやすいです。

お話している間に完膚なきまでにすっぴんになりました。

クレンジングが終わったら保湿ケアに入ります。お肌の悩みを相談したり、お肌の状態を見ておすすめのものを選んでくれます。RMK 青山本店では、お肌の状態を総合的に診断できるスキンケアアナライザーを使ったスキンケアカウンセリングも可能。(メーカーさんによってはほぼ全店舗でお肌の状態チェックができるところもあるとか)

ちなみに試しにやってみると……。

こんな感じでした。

驚くべき肌のキメの粗さ。(右上にいくほど、キメが細かく均一。私が診断されたゾーンはキメが不均一で大きめという、一番ダメゾーンの中でもかなりダメ)

だいたいダメなのに美白だけやたらがんばってる。

面白い上に、ケアで何を強化すればいいのか作戦を立てるのにかなり活躍するので、是非一度お試しください。

さて、私は乾燥しているようなので、ドライ肌向けの保湿液と美容液、トリートメントオイルと最適なアイテムを選んでいただき、じっくりと保湿からスタート。メイクはスキンケアから始まります。

しかし、キレイなお姉さんにスキンケアしてもらうこと自体結構ドキドキできて楽しいです。こころなしかわたくしニヤニヤしていますね。

スキンケアが終わったら、ベースメイクの部へ。どんな肌になりたいかをお伝えします。私の場合もともと普段からRMKのジェルクリーミィファンデーションを使っているので(何かの抽選で当たりました)、その使い方を教わることにしました。

WI ちなみに、こういうときに、遠慮してしまって「こういう肌になりたい」ということが言えない、という人もいると思いますが……。

田中 まったく遠慮しないでどんどん希望を言ってもらって大丈夫です! 例えば今度就職するのできちんとした印象にしたいとか、似合う色が知りたいとか、とりあえずなんでもいいから一番肌をきれいに見せる方法が知りたいとか。希望を言っていただいたほうがぴったりの提案ができますね。

まずはファンデーションの前に下地です。

田中 普段はどんな下地を使っていますか?

WI ……あの、すいません、私普段下地使ってないんですよ。

田中 !?

WI 下地切らしちゃって以来買いにいくの面倒で……。

田中 下地は、ファンデーションよりも、ベースメイクにおいてとても重要アイテムです。下地で肌の土台をととのえることで、ベースメイクの仕上がりが格段に美しく仕上がりますよ。

知りませんでした……。

下地を塗ったらファンデーションを1プッシュ分ほど手に出し、ブラシにとって肌にのせていきます。ブラシのほうが素早くキレイにプロの仕上がりになるそう。

美肌に仕上がってにんまり。

使っていただくアイテムを片っ端から欲しくなってしまいながら、後編のポイントメイクの部に続きます。(後藤香織)

後編はコチラ→ メイクの悩み解決も肌診断もできる!もう怖くない、コスメカウンター虎の巻 (後編)

RMK公式ブランドサイト http://www.rmkrmk.com/

【あわせて読みたい】

※最新コスメはコスメカウンターで試す!岡本静香さん「買わなくても大丈夫」

※女子必読「すっぴん協会」直伝!ファンデいらずの美肌を作る方法

※感動!菅野結以の言葉「どんなに才能がある人よりも、それを一番愛した人が一番強い」

※今年の夏も白肌宣言!通勤&休日あるあるシーン別、徹底“美白ケア”

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング