ファイナンシャルプランナーが教える!お金を「貯める」4つのテクニック

Woman Insight / 2014年5月13日 21時0分

毎月入ってくるお金。できれば賢く貯めて、将来に備えたいですよね! でも、大変なことや難しいことはわからない……実はちょっとしたことを知ってきちんと続けるだけで、お金はちゃんと貯まるんです。

『Domani』6月号では、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さん直伝の「貯める」テクニックをご紹介。4つのテクニックをきちんと押さえておきましょう。

【貯めテク1】メガバンク、ネット銀行、地方銀行、インターネット支店etc.賢く使い分けるべし!

用途に合わせて銀行口座を使い分けるのが理想の貯蓄の形です。まずは、毎月動くお金を管理するメインバンク。

給与の振込や公共料金、クレジットカードの引き落としなどに指定して、自由に使える生活費(最低3か月分が目安)はここから。やはり、メガバンクが安心。支店やATMも多く使い勝手は抜群です。

次にサブバンク。ボーナス時などにまとまった額を預けておき、近い将来使うことが想定されるお金を貯めていくといいでしょう。

おすすめは、ネット銀行や地方銀行のインターネット支店。メガバンクに比べて金利はかなり高めです。ただし引き落としの利便性は高くないので、提携ATMなどをよく確認して。

そのほか、確実に増やしたいのならNISAや投資信託用に証券会社での口座開設も○です。

【貯めテク2】クレジットカードとポイントカードは徹底活用すべし!

最近のクレジットカードやポイントカードは、本当に魅力的。生活スタイルや住んでいる場所、ポイントをどう使いたいかによって厳選して。

よく行く百貨店やファッションビル系のもので割引特典を享受するのもよし、コンビニ系でポイントを稼ぐのもよし。働く女性には鉄道系や航空会社系のカードが◎。マイルや商品券がすぐ貯まります!

【貯めテク3】通信費こそ節約すべし!

スマホがこれほど普及した今こそ、ほんのひと手間で通信費は劇的に安くなります。LINEやSkypeなどの無料通話サービスもありますが、同じサービスの利用者同士でしか使えないのが難点。

ところが最近は、携帯電話や固定電話でも格安で通話ができるアプリが続々登場!(LINE電話や楽天電話など) これらをうまく利用して、通話料が高いスマホは通信料のみ、と徹底してみて。

【貯めテク4】管理アプリで現金の動きを把握せよ!

貯める女になるためには、おおまかでいいので毎月の支出を把握することが大前提。スキマ時間を活用して、スマホアプリで管理を。

最近はレシートを撮影するだけで読み込んでくれたり、クレジットカードや銀行口座と連携して利用額を自動的に反映してくれる優れものも多数登場しています。アプリマーケットの家計簿などのカテゴリから探すことができますよ。

「貯める」ためには、決して大変な努力をしなくてはならないわけではないんです! 大切なのは、貯めるための些細なテクニックを駆使して、それをきちんと続けること。継続はきちんと結果として出るはずです!(鈴木 梢)

(『Domani』2014年6月号)

【あわせて読みたい】

※【いい話】堀江貴文さんが語る!「あなたを救ってくれるのは、お金じゃなくて信用」

※ファイナンシャルプランナーに聞く「NISAってなに~さ?」

※消費税8%で支出はいくら増える?駆け込み買いしないほうがいいものは?今気になるお金の話4つ

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング