【独占先行】映画『ブラック・スワン』のミラ・クニス、最新作で暴れる?写真とコメント到着

Woman Insight / 2014年5月22日 11時0分

6月20(金)全国公開の映画『サード・パーソン』に出演している女優ミラ・クニス。彼女が演じた“衝撃の場面写真”とコメントが到着! こちら、Woman Insight独占先行です!!

まず、ミラ・クニスについて簡単にご紹介。

彼女は以前、あのマコーレー・カルキンと交際していたこともありますが、最近は、アシュトン・カッチャー(2005年に16歳年上の女優デミ・ムーアと結婚、2012年離婚)との婚約&妊娠で話題になりました。

そんなミラ・クニスが脚光を浴びたのは、2010年の『ブラック・スワン』(ダーレン・アロノフスキー監督)。ナタリー・ポートマン扮する“ニナ”のライバル役“リリー”を熱演し、第67回ヴェネツィア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞しています。

本作は、NY/ローマ/パリの3つの街を舞台に、3組の男女が織りなす、愛・信頼・裏切りの物語。一見、何の接点もないようなそれぞれの愛のエピソードが並行して描かれ、クライマックスに向けて物語が衝撃的な形で交差していく様は、ポール・ハギス監督の作品、『クラッシュ』を彷彿とさせ、その圧倒的な手腕が光る内容に。

今回、Woman Insightに届いた【独占先行写真】が、コチラ!

無数の白いバラが散乱し、呆然と座り込んでいるミラ・クニス扮する“ジュリア”。6歳の息子をめぐり、有名な現代アーティスト、元夫のリック(ジェームズ・フランコ)との親権争いの真っ最中の彼女は、膨大な裁判費用を抱え、高級ホテルの客室係として働き始めます。

リックはジュリアの精神状態が不安定なことから、息子を傷つけるかもしれないと思い、彼女の面会を許しません。そのため、ジュリアは息子に会える、最後の唯一の望みにすがりつくのですが、それぞれの想いがすれ違ってしまったとき、抑えきれない感情があふれ出し……と、そんなシーン。

ミラ・クニスは自身が演じた役柄に対して、こんなコメントを残しています。

「ポール(監督)に会って、すぐに意気投合したわ。彼から脚本を渡されて読んでいたから、オリヴィア・ワイルドやリーアム・ニーソンが出演することは知ってた。それにこのキャラクターがとても特別で、ユニークで、違っていると感じたの。出演することに迷いはなかった。キャラクター全員がとても悲哀に満ちていて、あまりに素晴らしい脚本だったから、泣いちゃったわ。私は脚本を読んで恋に落ちたの」(ミラ・クニス)

“ジュリア”というキャラクターにとても魅了されたミラ・クニス。「ポールとの仕事は、自分の仕事をもう一度好きにならせてくれるものだった」と話すほど、本作は彼女のキャリアにとって特別な作品となったと明かしているそう。

プライベートでは幸せの真っ只中のミラ・クニスが、本作で魅せる迫真の演技に、ご注目を!(さとうのりこ)

『サード・パーソン』[原題:Third Person]
2014年6月20日(金)、TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー!

<キャスト> リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、オリヴィア・ワイルド、ジェームズ・フランコ、モラン・アティアス

<スタッフ> 監督・脚本:ポール・ハギス(『クラッシュ』『告発のとき』/監督・脚本 『ミリオンダラー・ベイビー』『007 慰めの報酬』/脚本)

<ストーリー> パリのホテルにこもって最新作を執筆中の小説家と、作家志望でもある若き愛人。ローマのバーで、密輸業者に娘を誘拐されたという他人を信じることができない女と出会ったアメリカ人の男。そしてニューヨークのホテルでメイドとして働く元女優と、その元夫で売れっ子現代アーティストである男の、3つのストーリー。

公式HP http://third-person.jp/
(C) Corsan 2013 all rights reserved

【あわせて読みたい】

※能年玲奈主演の純愛映画『ホットロード』ポスター解禁!主題歌は尾崎豊!

※TSUTAYA高橋さん推薦!観ればハマる「女性にオススメ映画DVD」11選

※おしゃれ映画好き必見!『グランド・ブダペスト・ホテル』はフェンディが衣装協力

※【2014AW】PAUL&JOEの秋冬は、カラフルで可愛い総柄とにゃんこ祭り!

※草分け的存在のセレクトショップ「シップス、ビームス」の春夏おすすめ

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング