女性誌厳選・楽ちんタイトとその着こなしを徹底紹介!【カジュアル編】

Woman Insight / 2014年6月1日 10時0分

女らしいシルエットが魅力のタイトスカート。毎日のカジュアルからディナーなどのお出かけシーンまで幅広く大活躍してくれる最愛アイテムです。
「でも、タイトってちょっと動きにくそう……」というイメージはありませんか? いえいえ、必ずしもそうとは限りません! 女性誌『SAKURA』が厳選した動きやすい楽ちんタイトスカートとそのおすすめコーディネートをご紹介します。今回はカジュアル編です。

【写真右】何より楽ちんなのはスエットタイト!

Tシャツ、めがね、ビーサン……そんな寝起きの超ラフスタイルも、スエットタイトを合わせると楽ちんな上におしゃれ! Tシャツはフロントインしてウエスト位置をマークすると、スタイルよく見え程よいきちんと感も出ます。

スカート ¥10,000 (ダブルスタンダードクロージング)

【写真中】チェックシャツ×デニムタイト=カジュアルかわいい!

カジュアルコーディネートに欠かせないチェックシャツに合わせたいのはデニムタイト。シャツがボーイッシュになりすぎず着こなせます。BLACK BY MOUSSYのデニムタイトは、ストレッチがかなり効いている上に後ろにスリット入りで脚さばき抜群!

スカート ¥10,500 (BLACK BY MOUSSY)

【写真左】シンプルコーデには辛口小物!

手持ちのリブタンクにさっと合わせたいストレッチタイト。ニットを羽織り、カモフラージュ柄トートやサングラスなどの辛口小物を合わせると、カジュアルなのにかっこいいスタイルに仕上がります。

スカート ¥12,000 (ソブ)

いつものデニムスタイルも素敵ですが、それをタイトスカートを変えてみると途端に「カジュアルだけどおしゃれ!」な印象に。(後藤香織)

もちろん「きちんと」スタイルのお手のもの。「楽ちんなのにきちんと」なタイトスカートスタイルはコチラ→ 女性誌厳選・楽ちんタイトとその着こなしを徹底紹介!【きちんと編】

※価格はすべて税抜きです。


(『SAKURA』2014年夏号)

【あわせて読みたい】

※「今っぽい美人」を作ってくれる白スカートの着こなし4パターン

※【配色バランス】初夏の「白×ネイビー」4段階の分量別にご紹介!

※春の好印象スカートの選び方・着こなし方【ひざ丈タイト編】

※大流行の「ちょい派手」スカート対決は、カラーミニvs柄タイト!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング