モデル松島花の私服公開!夏のおしゃれのヒントがいっぱい!

Woman Insight / 2014年6月9日 11時30分

ファッション誌『Oggi』の表紙モデルとして活躍する松島花さん。その普段着は、シャツやデニムなどのベーシックでシンプルなアイテムを素敵に着こなしています。

「パンツが好きで、スカートより断然たくさん持ってる」と話す松島さん。よく着るブランドは『アクネ』『ENFOLD(エンフォルド)』『Equipment(エキプモン)』『イザベル マラン』だそうです。

『Oggi』7月号では、そんな彼女の「初夏の私服スタイル」を大公開しています。※値段を記載したアイテム以外は、現在は販売終了している場合があります。

【1】“とろみシャツ”にパンツを合わせてマニッシュに!

松島さんにとって「シャツ」はワードローブに欠かせないアイテム。暑くなってくるにつれて、風通しのいいエアリーなとろみシャツを好んで着ることが多いとか。ハンサムなタックパンツなどにウエストINして、コンパクトに。カーデで色を差して、靴&バッグでハズし、アクセサリーはサラッとが基本!

シャツ/Theyskens’Theory、ニット/ステラ マッカートニー、パンツ/ENFOLD、バングル/ウノアエレ(¥58,000)、イヤリング/ノーブランド

【2】“白いショートパンツ”×白ジャケットで大人リッチに

テーマは“気負わない大人の女性のマリンスタイル”! 子供っぽく、少年っぽくなりがちなショートパンツは、タックが入って腰回りがゆったりしているもの、キュロットみたいなAラインのものなどを選ぶと、今どきのモード感が出せるので、ショートパンツは、シルエットにこだわって選んぶと◎。

ショートパンツ/エストネーション ビス(¥18,000 ベルト付き)、カットソー/T by ALEXANDER WANG、ジャケット・バッグ/ステラ マッカートニー、ベルト/MAISON BOINET(¥14,000)、ピアス/J.CREW、ブレスレット/グランマティック

【3】“美フォルムワンピース”に小物で夏らしさをプラス

ワンピースを着るときのポイントは、いかに“引き算”をするか。レディライクなワンピに、パナマ帽でカジュアルダウン、ドレッシーな黒ワンピなら、ひっつめヘアでさっぱりと。一枚で完結するワンピだから、他のアイテムでどうバランスをとるか。出かける前、全身鏡でトータルバランスを入念にチェック!

ワンピース/ENFOLD(¥32,000)、ピアス/サイモン アルカンタラ(¥89,000)、バッグ/CARVEN、帽子/J.CREW

【4】夏のシンプル服に“ビタミンカラーのレザーバッグ”!

洋服が圧倒的にベーシックカラーが多いため、「ポイントが欲しいな」というときは、キレイ色のバッグが役立ちます。夏は、赤やイエロー、ピンクなどのビタミンカラーを合わせて気分をアゲたいという松島さん。フォルムのしっかりした上質なレザーバッグを持つだけで、全体がきちんとした印象に見えるとか。

バッグ/ヴァレクストラ(¥325,000)、ニット/ザラ、ジーンズ/CURRENT/ELLOOTT、靴/コンバース(¥9,500)、リング/アンティー

『Oggi』7月号には他にも“松島花スタイル”の秘密がたっぷり。是非お手にとってご確認ください!(さとうのりこ)

(『Oggi』2014年7月号)

【あわせて読みたい】

※松島花、佐々木希…人気モデルの“美BODY”の秘訣を一挙公開!

※スタイリストが厳選!安いものでOKな4つの夏トレンド

※松島花、最強モデル伝説が凄い!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング