ご褒美には高くてOK!「モテるスイーツ」は男女でこんなに違う

Woman Insight / 2014年6月24日 16時50分

暑くなると「夏ならでは!」なスイーツが食べたくなりますよね。かき氷、アイス、ジェラート……書きながら食べたくなってきました。
トッピングや材料に凝ったりして、ちょっとお高いスイーツもどんどん登場している今日この頃。
さて、20~39歳の男女400名を対象に行われた、「夏のご褒美スイーツ」に関する意外な調査結果が発表されました。

【1】「節約はするけど、価値あるものにはお金を出したい」意識多数!

4月の消費税増税に伴い節約意識が高まっている……と思いきや、意外と「価値があるものならお金を出したい」という方が多いんです!
増税以降、「節約意識が高まった」方は17.3%にとどまった一方、「以前と変わらず、あまり値段や価値にとらわれず消費する意識が続いている」が27.8%、「自分に合うと価値を感じれば、高くても買う消費意識を持つようになった」がなんと25.5%!

「節約意識はあるが、自分にとって価値があると思えるものは買う」と答えた方が全体の54.8%を占めていることから、なんでもかんでも節約をするのではなく、自分に価値があると思ったものはしっかりお金を出す、という傾向が目立ちます。

【3】「ご褒美スイーツ」は高くてOK!

さて、ここからは本題、「夏のご褒美スイーツ」について。そもそも、デザート・スイーツを食べる理由は「自分へのちょっとしたご褒美」が44.0%で最多なんです。購入するスイーツを選ぶ基準の調査結果は興味深いものになりました。

1位:ちょっと価格が高いものでも、質と内容のバランスで納得がいけばそれを選ぶ(46.6%)
2位:一番食べたいと思うものを、価格に糸目をつけずに選ぶ(26.6%)

この2つを合わせると、なんと73.2%にも及びます! やっぱりたまのご褒美くらい、節約を忘れて価値を感じるものにお金を払いたいんですね。ちなみに「食べたいものの中で、価格が最も安いもの」の節約派さんは22.6%。

【2】男女でこの夏に食べたいご褒美スイーツは違う!

この夏に食べたい「ご褒美スイーツ」の調査結果は、やっぱり夏の定番アイスクリームとカキ氷がワンツーフィニッシュでしたが、男女でどちらが1位かが分かれたんです。

女性1位:フルーツたっぷりでふわふわ食感が楽しめる「カキ氷」(28.4%)
男性1位:牛乳など素材にこだわった「アイスクリーム」(39.1%)

女性のほうが濃厚なもの、男性のほうがサッパリしたものが好きなのでは……と思いきや、逆の結果に! 確かに実家でもアイスを買ってくるのは父だったかも……。

【4】夏のご褒美スイーツに求めるもの、男女でこんなに違う!

夏に食べるご褒美スイーツに求めるもの(複数回答)は、全体では1位「ひんやり感・涼感」(45.2%)、2位「見た目の豪華さ」(29.5%)、3位「フルーツ感・ジューシーさ」(27.8%)。たいていは男女で傾向に違いはなかったのですが、2項目だけ、男女で顕著に差が出た項目があったんです。

2位「見た目の豪華さ」:男性23.7%、女性35.0%
4位「スイーツ感を感じる甘さ」:男性22.5%、女性31.7%

他の項目は2~3%くらいしか違わないのに、この2つだけは10%前後の差が出る結果に。「スイーツ感を感じる甘さ」を女性が重要視するのはわかる気もしますが、「見た目の豪華さ」でこんなに差が出るのは、やはり女性のほうが「ご褒美スイーツ」を食べるときに写真に撮ってそれをSNSにアップする方が多いと思われるので、見た目が豪華なものがいい! という視点もあるのでしょうか。このへんの女心を知っていれば「モテる」差し入れもできるかもしれませんね。

確かに、おうちで食べるものなら500円、外で食べるものならどんなに高くても1000~2000円くらいで豪華な気分を味わえるなら、スイーツってコスパが高いご褒美かも。このくらいのお値段で心機一転明日も頑張れるなら、確かに出す価値大アリかもしれません!(後藤香織)

(調査結果:株式会社ネオマーケティング調べ)

◆ちなみにWoman Insight特選夏スイーツ記事はコチラ

マンゴー好きの方:【グルメ】絶品マンゴースイーツのお店「MangoChaCha」で「元カレ」を食べてきた

かき氷好きの方:六本木新名所!朝までやってる「かき氷Bar」のかき氷が至福のおいしさ!

おうちスイーツ派の方:【試食レポ】ハーゲンダッツの野菜アイス『スプーンベジ』をトマト好きでニンジン苦手なスタッフが食べてみた

アジアンスイーツ派の方:タピオカミルクティー発祥の名店『春水堂』が日本進出!お店イチオシの3つを飲んでみた

【あわせて読みたい】

※【永久保存版】食べながらやせるための超重要ポイント7つ

※「努力してもやせない理由は勘違い?」ダイエットの意外な事実をプロに聞く【食事編】

※プロ料理カメラマンが教える食べ物を美味しそうに撮影するコツ6選

※「毎日ちょっとの工夫でやせる!」を実際に1か月試してみた

※ダイエット中もOK!「太りにくい焼肉の食べ方」秘伝公開

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング