大ヒット秘話!セーラームーンコスメの企画担当は、たった1人の女性だった

Woman Insight / 2014年7月13日 19時0分

大人の女性に向けた「セーラームーン」モチーフのコスメ「ミラクルロマンス」シリーズが大ヒットしています。

シャイニングムーンパウダー、ネイルコレクション、アイライナーシリーズ、オードトワレと、新商品が発表されるとまたたくまにTwitterやFacebookで話題となり、人気炸裂しているこのコスメ。中でもシャイニングムーンパウダーとネイルコレクションは、想定をはるかにこえる受注が殺到しました。
そこでWoman Insightでは、女性の心をつかむ秘訣や商品を企画開発する上での裏話などを、バンダイのコスメブランド「クレアボーテ」企画担当の江崎友佑子さんに根掘り葉掘りうかがってきました!

Woman Insight編集部(以下、WI) よろしくお願いします。まず、「ミラクルロマンス」シリーズのターゲットはどのあたりの世代なのでしょうか?

江崎友佑子さん(以下、江崎) 主なターゲットは、小さい頃にリアルタイムでセーラームーンを視聴していた、20代~30代半ばくらいの女性ですね。その層は独身で働いていて、自分のためにお金が使える世代とマッチしているので、おかげさまでどれもかなりヒット商品となっています。

WI その世代の心をつかむためにこだわっているポイントはありますか?

江崎 まだ正解にたどりつけているわけではありませんが、ターゲット層の女性は目が肥えていらっしゃるので、「できるだけアニメグッズに見せない」かつ「昔の思い出は壊さない」というバランスです。そこの調整はいつも迷いますが、商品のキモなのでこだわるべきところだと思っています。

WI となると、そのバランスを調整するために、会議の場では熱い議論が交わされるのでしょうか。

江崎 いえ。……実は、ついこの間までは企画担当は私ひとりだけだったんです。

WI え!? そうなんですか!?

江崎 先日もうひとり企画担当が増えたのですが、「クレアボーテ」チーム自体がまだまだ人数が少ないチームなんです。これまではひとりきりだったので、かなり私のやりたい企画をさせてもらっています……(笑)。これまでの商品は、試作品を作ったら社内の20~30代の女性に「どれがかわいいですか」と見せてまわったり、他の部署のセーラームーンを担当している者と情報交換をして、テイストを決めてきました。

WI となるとまさに江崎さんは「ミラクルロマンス」シリーズの生みの親なのですね! 入社当時からクレアボーテ事業部にいらっしゃったんですか?

江崎 キャラクターの家庭用品の担当を数年経て、「クレアボーテ」担当になってから3年目ですね。他の「ベルばら」シリーズや、ラムちゃんをモチーフにした「LOVE DARLING」シリーズは私が担当になる前から展開していたのですが、「ミラクルロマンス」シリーズは立ち上げから担当させていただいています。ターゲット層の方はTwitterやFacebookを活発に使用している方が多いので、SNSを通じてダイレクトに「可愛い!」とか「もうちょっとこうして欲しかった」とか、熱い気持ちをたくさん聞くので、本当にいつもやりがいがあります。

WI これまでに聞いた「こうして欲しかった」という要望には、どのようなものがありましたか?

江崎 たとえば、「ネイルコレクション」は変身スティックをモチーフとしたものだったので、元のアイテムに忠実に「持ち手があったほうがよかった!」というご意見をいただきました。先日発表した「オードトワレ」は、「ミラクルロマンス」シリーズでは初のアイテムモチーフではない立体モノだったので、「アイテムモチーフにして欲しかった……」という声を聞きましたね。でも、それぞれ「ネイルだから持ち手がないほうが使いやすい」だったり、「アイテムモチーフじゃないほうが部屋になじんで置きやすい」だったり、いつも賛否両論どちらもいただきますね。いろいろなご意見がダイレクトに伝わってくるところは、面白いです。

WI アイテムを企画開発するにあたり、ここは難しいな、というポイントはありますか?

江崎 商品のクオリティ管理でしょうか。いつもバンダイが「ここからここまではOK」としている基準と、ミラクルロマンスシリーズのお客様が「ここから先がOK」としている基準が違うんです。例えば「シャイニングムーンパウダー」は「キャラクターグッズ」というくくりではなく、パッケージがかわいいブランドさんのコスメと同じくくりでご覧になっている方が多い。少しでもメッキがはがれていたり、パッケージがつぶれていると、交換のご依頼をいただくことがあります。本当にお客様にビシバシ鍛えていただきながら作っていますね。

「ミラクルロマンス」生みの親の江崎さんのお話は、どれもとにかく興味深い!
次回は商品開発中の裏話を、さらに詳しくうかがいます!(後藤香織)

次回はコチラ→ 1mmにかける情熱!セーラームーンコスメ、商品開発裏話

クレアボーテ 公式サイト http://www.creerbeaute.co.jp/

【あわせて読みたい】

※社会で戦うオトナ女子へ「セーラームーン」のオードトワレ登場!

※セーラームーンViVi Nightの全貌を公開!あの人が涙した理由とは……

※累計650万個を突破!「コップのフチ子」大ヒットの謎に迫る

※セーラームーンなりきり撮影ができる!SHIBUYA109に行くしかない!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング