虫が嫌い!日焼けヤダ!メイクは崩せない!夏レジャーのお悩み解決方法

Woman Insight / 2014年7月27日 8時0分

海! バーベキュー! フェス! キャンプ!
夏は何かとアウトドアを楽しむ機会が増える季節です。でも、「楽しい」にともなって、何かと「アウトドアならでは」の悩みも出てくるもの。そんなアウトドア関連でありがちなお悩み解決法を、『美的』9月号よりご紹介します。

Q.1週間後に海に行くことになったけど、おなかの肉は1週間で落とせる?
A.本気の集中トレーニングでどうにかなります!

きっちり1週間毎日トレーニングを続ければ、基本的におなかの肉は落ちます。腹筋30回×3セットを毎日行う、常に下腹部に力を入れて生活するなど、人によって手段はさまざまですが、本気で取り組めばおなかに自然と意識が向くので、「まったく落ちない」ことはないはず。自分に合った集中トレーニングを見つけましょう!

Q.虫よけスプレー独特の匂いとベタつきが得意ではないのですが……
A.子ども用の虫よけは負担少なめ。アロマオイルをブレンドして手作りもできる!

アウトドアにつきものな悩みが虫さされ。でも、虫よけスプレーのあの独特な匂いが苦手、という方も多いですよね。そんな方におすすめなのは、子ども用の虫よけパッチ。衣類に貼るだけで虫よけ効果があるので、肌への負担がないんです! さらに、アロマオイルを混ぜてオリジナル虫よけスプレーを作ることもできます。蚊が苦手なレモングラス精油・ペパーミント精油をグリセリンや精製水と混ぜればできあがり。アロマが好きな方は試してみると楽しいかも♪

Q.肌見せしたいけど、虫さされの跡が恥ずかしい!
A.透明ばんそうこうやコンシーラーなどで賢く隠しましょう!

赤く腫れて気になる虫さされの跡は、お役立ちアイテムで賢く隠すのがいちばん。通常のベージュよりも肌になじんで貼っていることがバレにくい透明なばんそうこうが手軽でおすすめ。透明ばんそうこうでも「貼ってる感」が気になる……という方は、カバー力の高い固めのコンシーラーを塗るのが◎。

Q.アウトドアの日でも、メイクは絶対にくずしたくない!
A.パウダー→リキッドファンデの重ね技でくずさない!

バーベキューのときなど、メイクがくずれがちなアウトドアの日のための裏ワザ。通常は仕上げに使用するフェイスパウダーを、リキッドファンデーションを塗る前に薄く仕込んでおきましょう。そうすると、肌にピタッと定着して、メイクのもちが劇的にアップします! 汗をかいてメイクがくずれがちな日でもこれでばっちり。

普段はなじみの少ないアウトドアですから、悩みが出るのは当然のこと。けれど、お悩み解決法を頭にしっかり入れておけば遠慮なくアウトドアが楽しめるはず♪ 積極的に夏の楽しい思い出を作っていきましょう!(後藤香織)

(『美的』2014年9月号)

【あわせて読みたい】

※突然の雷雨、どうしたら?他、知っておきたい「浴衣」Q&A

※スカートと玄関と食事中…こんな女子は「アリ!」「ナシ!」男子50人が驚愕の回答

※白肌を守り抜く!目、生え際、耳まで鉄壁のUVケア方法

※黒ずみ、ワキ汗、セルライト…夏にありがちな女子トラブルの解決法を紹介!

※夏も白肌キープのための「うっかり焼けた日」の挽回ケア6つ

※美容オタクモデル有村実樹に学ぶ、絶対焼かないUV対策5か条

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング