秋まで着回せちゃう、最旬”モトとれ服”3!【タイトスカート編】

Woman Insight / 2014年8月1日 21時30分

前回、「着回しできる服は、守り・攻め・休み」の3段活用ができることが必須! ということをご紹介しましたが、今回からは「実際どんな服をどんなふうに着回せばいいの?」という疑問を、アイテムごとにコーディネートの実例をご紹介しながら解決していきます。
1回めは、きちんと感が素敵な「ストライプタイトスカート」を使って、オフィスで好印象な「守り」、トレンド意識の「攻め」、リラックススタイルの「休み」の3段活用コーディネート例をご紹介します!

【選びのポイント3ヶ条】
1.子どもっぽく見えないひざ丈
2.程よい華やかさはありつつも着回しやすいダークトーン
3.ボディラインを拾いすぎない、程ゆるボックスシルエット

【1】「守り」のオフィススタイルなら、ベーシックな黒シャツと合わせる!

クールな印象を与えるブラックのシャツとストライプ柄のタイトスカートを合わせると、シャツスタイルに程よい抜け感を与えてくれます。バッグ、ベルト、靴を、ベースは黒×金具は金のもので統一することで、華やかな女っぷりのよさも出ます。

【2】トレンド意識で「攻め」たい日は、レタードTシャツをタックイン。

トレンドのレタードTシャツをタイトスカートに合わせると、トレンド意識の印象に。レタードTは、白地に黒の細い文字のものを選ぶのがシックで◎。裾をタックインして着ると大人っぽさが出ます。さらに流行のソックスに挑戦してみると、より「攻め」なスタイルに。

【3】辛口ストライプが、「休み」のリラックスDAYの引き締め役になってくれる!

柄自体が辛口の印象を与えるストライプ。きちんとしたいオフィスやトレンド意識の日に大活躍してくれるのはもちろん、リラックスしたおしゃれがしたい休日コーディネートに持ってくると、ラフなスタイルでもゆるすぎない印象になります。小物はメタリックなスリッポンやロゴクラッチを合わせてモードなスパイスを投入すると、さらにおしゃれ感がアップします。

今回着回したスカート ¥17,000(ANAYI)

はくだけで着こなしをグッと引き締めてくれるストライプタイトスカートは、まさに「買ってソンなし!」アイテムの代表格。
さて、次回は「スエットデザイン、素材はニット!」というニューフェイスアイテム「スエッター」の着こなしをご紹介します!(後藤香織)

★スエッター編はコチラ→ 秋まで着回せちゃう、最旬“モトとれ服”3!【スエッター編】


(『Oggi』2014年9月号)

【あわせて読みたい】

※ベージュ、グレー、カーキ…ベーシックカラーだけで完成!おしゃれコーデ

※女性誌厳選・楽ちんタイトとその着こなしを徹底紹介!【きちんと編】

※“たった5アイテム”で夏の着こなしが完成!【タイトスカート編】

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング