夏の通勤服をリフレッシュする5つの方法

Woman Insight / 2014年8月6日 8時0分

そろそろ夏服に飽きてきた……でも秋服にはまだまだ早い。特に毎日会社に着ていく服のマンネリ感! 組み合わせを変える、着かたを工夫するだけで、着こなしをアップグレードすることは可能です。

『AneCan』8月号では、そんな夏の通勤服をリフレッシュするための方法を特集。その中から5つの方法をご紹介します!

◆大人めロゴTシャツをきれいめスカートでオフィス仕様に
カジュアルコーデで大活躍のロゴT。通勤にシャツやブラウスを着る気分で、肩がけカーデやきれい色スカートを合わせてきちんと顔に。

Tシャツは白地か黒地。シルエットはコンパクトなものの方が上品な印象にまとまります。さらにロゴはシンプルな書体のものが大人っぽくてベターです。

Tシャツ ¥16,000(ミリー 表参道ヒルズ店<ミリー>)
カーディガン ¥15,000(LOUNIE/ルーニィ)
スカート ¥13,000(SANYO SHOKAI

◆夏の王道白パンツにカーキを合わせて秋気分を先取り[写真右]
きれい色ニットやリネンシャツなどを合わせがちな白カプリ。夏から秋をつなぐ中間カラー、カーキと合わせればぐっと大人っぽく。

アイテムは夏、カラーは秋、がマンネリ打破する呪文です!

ブラウス ¥16,000(BODY DRESSING)
パンツ ¥16,000(LOUNIE/ルーニィ)

◆鮮やかな夏色はブラウンのパワーでこっくり感を引き出して[写真左]
夏気分にぴったりな赤、黄、ブルーのきれい色は、白や黒との組み合わせだとマンネリになりがち。そこで発想を変えて、合わせにブラウンを投入すれば、同じ色でも不思議と深みが増します!

寒色とも暖色とも合わせやすいのがブラウンの魅力です。

アンサンブル ¥10,000(シュガー・マトリックス<ストロベリーフィールズ>)
スカート ¥17,000(SANYO SHOKAI

◆無印良品のタック入りシャツを清涼通勤に活躍させる[写真右]
注目度急上昇中の無印良品から、またまた要チェックなアイテムが登場! 真面目顔の半そでシャツなのに、ドルマンっぽいひとくせシルエットとフロントの細かいタック。なかなか出合えないデザインも◎

小物は迷わず、ブルーからネイビーと相性のいいキャメルをチョイス!

シャツ ¥3,686(無印良品 池袋西武)
スカート ¥8,500(ヒロタ<31 Sons de mode>)

◆ユニクロのセンタープレスパンツを着回しボトムのレギュラーに[写真左]
この値段でこの美脚!? と驚きのパンツはさすがユニクロ。夏らしいしゃりっと感のある涼しげ生地と、脚をまっすぐ見せてくれるセンタープレスは、真夏のオフィスコーデにうってつけの一本。

プリプラといえどベルトループもポケットもついた本格デザインです。カラバリはほかに白、黒、キャメルが。

パンツ ¥2,848(UNIQLO)
ブラウス ¥11,800(DECEIVE<ディセイブ>)
カーディガン ¥24,000(ケイト・スペード ジャパン

そろそろ秋らしさを取り入れてみたり、いつものアイテムにアクセントをつけてみたい、まだまだ夏のファッションは楽しめます! 今の時期だからこそできるコーデを、後悔のないよう楽しみましょう。(鈴木 梢)

(『AneCan』2014年8月号)

【あわせて読みたい】

※【通勤シック編】大人のTシャツはきれい色と巻き物を味方につけて着こなす!

※通勤服に強いセレクトショップ「エストネーション、オペーク、スピック&スパン」の春夏おすすめ

※ノースリワンピを着回して「通勤」「デート」「カジュアル」スタイルにするコツ

※「守り」「攻め」「休み」3つのシーンで着回せる”モトとれ服”ってこういうこと!

※今年の夏も白肌宣言!通勤&休日あるあるシーン別、徹底“美白ケア”

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング