人気スタイリスト発!この秋、定番アイテムは「こう選ぶのが正解です」【タイトスカート編】

Woman Insight / 2014年8月6日 18時30分

トレンドアイテムを取り入れるのはもちろん大切なことだけれど、おしゃれをするのに何より重要なのは「定番アイテム」をきちんと見直すこと。着こなしの基本になるアイテムをブラッシュアップすれば、毎日のコーディネートもぐんと底上げされます。
『Domani』9月号では、看板スタイリスト3人が愛してやまない定番アイテムを「ちょっぴり秋」流に着こなす方法を紹介しています。
その着こなしを、Woman Insightでは「タイトスカート編」「ネイビージャケット編」「プルオーバーシャツ編」の全3回にわけてご紹介。まず第1回めは「大人のいい女」の代名詞的存在でもあるタイトスカート。きちんと着るだけでなく、どこかに遊びの要素を入れることで着こなしの鮮度がアップします!

スカート ¥27,000 (ラスティーク代官山<マウロ グリフォーニ>)

【スタイリスト石毛のりえさん流・タイトスカートの選び方】

1.コーディネートのアクセントになる色や柄で今年らしさを投入!
秋冬はダークトーンが多くなるので、チェックなど柄入りのものや、きれいな色のものを持っておくことで新鮮な着こなしができます。形がベーシックなタイトスカートだからこそ、流行要素に気負いなくチャレンジできるのも魅力。

2.今季の丈は長めに進化!
2014年秋冬のタイトは、ひざが隠れるくらいの長め丈が新登場。スカート丈が変わったことで、足元のバランスも変化します。ショートブーツやソックス使いなど、重めの足元にするのが素敵。

【1】クラシック服×スパイシー小物で粋な女に!


ネイビーのシャツ×モノトーンのチェックタイトというクラシカルなスタイルに、黒×ゴールドの時計やバッグ、ブレスレットなど辛めの小物をMIX。小物の辛さで真面目な部分がいい感じに崩れて、「粋」な印象に。小物のパワー、あなどれません。

【2】流行のチェック柄もタイトスカートなら取り入れやすい!

ロンドンガール気分で着こなしたい、流行のチェック柄。もはや定番となっているGジャン×タイトスカートのスタイリングなら印象をがらりと変えてくれるのに、気負いなく取り入れられます。Gジャンはビッグシルエットのものを選ぶとゆるっとしたこなれ感が出ます。

【3】シンプルなタイトは崩して着るのが「老けない」コツ

シンプルでエレガントな無地のタイトスカートは、それ自体が女っぽいので、さらにきれいめなトップスを合わせてしまうと少々老けて見えることも……。あえてカジュアルアイテムの代表・スエットで崩して着るのが「老けて見えない」ポイント。スエットで崩したぶん、小物はタイトに合わせてポインテッドトウのパンプスや小さめバッグなど、きれいめでそろえるとコーディネートがまとまりやすくなります。

【4】真面目だけがタイトじゃない!タイトで作るスポーティコーデ


様々な色柄が出ている秋のタイトですが、こんな鮮やかブルー×ジップ使い×切り替え素材のスポーティな印象のものも。こんなスカートは、ショルダーバッグやショートブーツを合わせて、遊び心たっぷりで着こなしたい。「とにかく、足元は重め!」が、秋のタイトスカートの気分です。

形自体がシンプルなアイテムなので、トップスや小物がどんなに遊びのあるものでも受け止めてくれるのがタイトスカートの魅力です。
次回は、オンでもオフでも大活躍の「ネイビージャケット」の着こなしをご紹介します!(後藤香織)


(『Domani』2014年9月号)

【あわせて読みたい】

※秋まで着回せちゃう、最旬”モトとれ服”3!【タイトスカート編】

※いい女の夏は「モノトーン通勤」でキリッと爽やかに!

※“たった5アイテム”で夏の着こなしが完成!【タイトスカート編】

※判明!「寝起きの自分の顔」に7割の女子ががっかりしていた!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング