エビちゃんと世界的ヘアメイクアーティストRUMIKOが共演したAneCan10月号が凄すぎる!

Woman Insight / 2014年9月9日 21時0分

思わず吸い込まれそうになる、ドラマティックなまなざし……『AneCan』10月号で、エビちゃんが魅せます!

ファンデーションはごく薄く、チークやリップも肌馴染みの良いカラーをさり気なく。眉はきちっと整えてクラシカルに。でも、つけまつげはなんと2枚!! さらにマスカラもたっぷりと、つけています。

毎月さまざまな顔を見せてくれる、『AneCan』のエビちゃん連載「YURISM」。10月号では、‘60年代のモデルであるジーン・シュリンプトン(当時、シュリンプ=エビという愛称で親しまれていたそう!)をイメージしたメイク。メイクアップアーティストのRUMIKOさんが担当しました。

RUMIKOさんといえば、コスメティックスブランド「RMK」の生みの親。2013年に「RMK」を離れ、現在はNYと東京をベースにビューティークリエーターとして活躍されています。

ファンデーションが薄いはずなのに、整って美しいエビちゃんの肌……誌面なのに思わず触ってしまい、隣の編集部員から「触ってもそれエビちゃんの肌じゃないからね」と突っ込まれてしまいました。そうなんですけどね……そうなんですけどね……!

エビちゃん自身も、「完成した“私”を見た衝撃は、思わず『すごい』って叫んでしまうほど」と、RUMIKOさんの世界的メイクアップの技術に触れることができ、感動の止まらない撮影だったそうです。(鈴木 梢)

(『AneCan』2014年10月号)

【あわせて読みたい】

※AneCan7月号のエビちゃんがかなりエロかわいいと話題!

※視線にドキッ…エビちゃんが着こなすドラマティックな夏ドレススタイル

※エビちゃん愛用の「高い物」と「安い物」その値段差は…!?

※超かわいい!押切もえ&蛯原友里のバカンス服inハワイ

※蛯原友里、iPhone中身大公開!「こんなとこまで見せちゃうの!?」と話題

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング