【今日のインサイト】9月24日は清掃の日!部屋を瞬間的に”キレイっぽく”見せるコツとは?

Woman Insight / 2014年9月24日 6時0分

9月24日は清掃の日です。なぜかというと、1971年の9月24日に、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が施行されたことに由来しているようで、この日から10月1日までの1週間が環境衛生週間となっています。

「清掃の日」……というわけで、この1週間で部屋を片付けましょう、皆さん!
とはいっても本格的に「断捨離」だの「すみずみまでピカピカに掃除」だのは難しいですよね。そんなわけで、ズボラのくせに掃除や片付けテクニック本を読むのが好きな私が、ズボラでもできる部屋をキレイっぽく見せる方法をご紹介します。

【1】とりあえずまっすぐ置く。

「あと5分でお客さんが来るのに何もできていないキャー!」というときは、とりあえず乱雑に積み重なっているものをまっすぐに整えましょう。まっすぐに整っているだけで一見キレイに見えます。地味に効果が絶大なので是非やってみてください。

【2】「何か」の上にモノを置かない

「それができるなら苦労しねえよ!」という声が飛んできそうですね。とはいえここを片付けると、キレイっぽく見える効果は絶大です。テーブルの上、床の上、テレビボードの上、本棚の上……「ちょっと置いとこ♪」が、いつのまにか定位置になってしまっていませんか? そしてそれは、半年以内に使いましたか? 「とりあえず置いておいたものの」「まったく使ってないもの」は、ほぼ今後も用無しです、この機会に捨てましょう! さようなら!
すぐ捨てられないという方は「とりあえず入れておく箱」を作って半年くらい入れておきましょう。半年後に見て「こんなの持ってたっけ……?」と思ったものは捨てましょう。

【3】ズボラさんの掃除の相棒は、メラミンスポンジが最強。

掃除といえばぞうきんや洗剤が必要で、「掃除するまで」が面倒……という方、今日中にメラミンスポンジを買ってきたほうがいいです。ホームセンターやドラッグストア、100均のお掃除コーナーなど、どこでも売っています。水で濡らして気になる場所をこするだけでだいたいの汚れが落ちます。これひとつでマグカップについた茶渋も落ち、水まわりもピカピカに、テーブルにいつのまにかついていたペンの汚れも落ちます。(※これまでの私の実績です。万が一落ちなかったらごめんなさい)


こんな感じのスポンジです。メラミンスポンジを取り出しやすいところに置いておくだけで「ちょっとお掃除」のハードルが格段に下がります。目立つところの汚れをサッと取りましょう!

とりあえず部屋をキレイっぽく見せたいときはこの3つを守るとかなりキレイっぽく見えます。
ちなみに私の今の部屋はこんな感じです!!(※ぼかしました)

恐ろしいほどまったくルールを守っていません!! テーブルの上が散らかっているため、ベッドをテーブル代わりにしてパソコンしているのがバレましたね。

とはいえ、こんな状態からでもテーブルの上・床の上・ベッドの上からものをよけたら一気にキレイに見えると思いませんか? ほら、どんどんキレイに見えてくる……(催眠術)。

……技を「知っている」のと「実践する」のって違いますよね! すいません! 今から部屋をキレイっぽく見せてきます!(後藤香織)

【あわせて読みたい】

※整理整頓の賢者たちが、必ず行っていること12個

※なんとなく増える「生活雑貨」の捨てる見極めポイント6つ

※大掃除は2日間で簡単に!1日目「片付け」は“仕分けて捨てる”の3時間

※部屋にあふれる服を減らしたい人に朗報!「捨てる服の見極めポイント6」

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング