「昔の恋人との写真やラブレターは残していますか?問題」を大調査。男女でこんなに違うとは!

Woman Insight / 2014年10月1日 17時55分

初恋の時期をとうに過ぎた大人になってからの恋愛だと、どうしても避けて通れないのが「昔の恋人」問題。

昔の恋人に未練がありそうなパートナーの素振りを見てしまい、怒ったり落ち込んだり……なんて経験、きっとありますよね?

そこでこんなアンケートを発見! そのアンケート結果から「昔の恋人」問題について考えてみることにしました。

(★Q1、2/at home VOX 調べ)

Q1 昔の恋人との写真やラブレターは残していますか?

8割近い人が処分していたという結果……意外にみんな処分しているんですね。

次いで同じアンケートを性別と年代別に見てみると……?

Q2 昔の恋人との写真やラブレターは残していますか?

男性は若ければ若いほど昔の恋人との思い出を処分し、女性は反対に、若ければ若いほど手元に置きたがる傾向にあるようです。

なぜこのような男女の差が生まれているのでしょうか。

そこで男女それぞれに、なぜ昔の恋人との写真やラブレターを残しているのか、そして捨てるのかをWoman Insightが独自にリサーチしてみることにしました。

(★Q3/Woman Insight調べ)

Q3 あなたが昔の恋人との写真やラブレターを処分する・しない理由はなぜですか?

 ■男性の回答

*処分する理由

1位:今のパートナーに見つかると面倒くさいから

2位:断捨離の一環として

3位:今のパートナーに見つかったから

 

*処分しない理由

1位:人生の大切な思い出だから

2位:なんとなく

3位:捨てる積極的な理由がないから

 

■女性の回答

*処分する理由

1位:もう愛情がなくなったから

2位:未練を断ち切りたいから

3位:断捨離の一環として

 

*処分しない理由

1位:まだ愛情が残っているから

2位:人生の大切な思い出だから

3位:なんとなく

以上を踏まえ、Woman Insight的に見えてきた結論がこちら。

「男性は昔の恋人との思い出の品を愛情の一環として持つことは少なく、反対に女性は何かしらの愛情があるからこそ昔の恋人との思い出を捨てない傾向にある」、

ということ。

だからこそ女性は男性が昔の恋人の写真を持っていると「まだ愛情が残っているのね!」と嫌がる人が多く、だけど当の男性は、「写真は写真、未練とかないし」と考えているから、ケンカの原因になってしまうケースが多いのかも。

こんな価値観の違いから生まれるケンカは本当もったいないですよね。

女性は彼氏や旦那さんが昔の恋人との思い出の品を持っていても気にしない心、そして男性は、彼女や奥さんは昔の恋人との思い出の品を持っていることを嫌がることを知ることで、お互い歩み寄ることが大切ですね。

今はデータ化してネット上にこっそり保存もできるわけですし、できるなら男性側が昔の恋人との思い出を女性側にはバレないよう対策をするのがいちばん賢いのでは?

(吉田奈美)

【あわせて読みたい】

※欲しくない贈り物を貰った時…男女の反応、こんなに違う!?「誕生日プレゼント」に関する大調査

※恋が上手くいかない理由はこれ?メールに対する意識、男女でこんなに違う

※男女共に好感度の高い「盛らないメイク」の方法を伝授!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング