心が癒される~!旅行好きが選んだ人気のローカル列車ランキング

Woman Insight / 2014年11月7日 21時30分

最近何かと鉄道ネタが熱い!

東京駅100周年ということや、東海道新幹線50周年など、鉄道に関することの記念の年だからでしょうか。世界中どこの国と比較しても、安全面においても、車両の性能に関しても日本の鉄道のクオリティは高く素晴らしいですよね。
そんな鉄道に恵まれた国に生まれたからには、ぜひその恩恵を受けた鉄道の旅に出てみませんか?
紅葉もキレイになった季節に、列車でゆっくり旅も最高です。

というわけで、楽天トラベルが調査した「旅行好きが選ぶ、おすすめのローカル列車ランキング」をご紹介します!

1位…五能線(青森県~秋田県)

奇岩に打ち寄せる波や白神の山々など、美しい風景を満喫しながら、津軽三味線の生演奏や、津軽弁の「語りべ」実演なども車内で楽しめます。各駅ごとに、さまざまな体験メニューやご当地グルメが楽しめるのも人気の秘密。

2位…大井川鐵道(静岡県)

今年はトーマス号を運転し、話題となった大井川鉄道。SL(蒸気機関車)やトロッコに乗りながら吊り橋や鉄橋を渡り、紅葉の渓谷を眺めることができます。湖の上に作られた不思議な『奥大井湖上駅』は、一度は行ってみたいところ。

 ※写真提供:Railstation.net (http://www.railstation.net/)

3位…釧網本線(北海道)

釧路・阿寒・知床と、北海道の3つの国立公園の大自然を巡る釧網線。冬はオホーツク海の流氷を眺めることが出来る「流氷ノロッコ号」も運航します。トロッコ列車はゆっくり走るので、お酒を飲みながら絶景を楽しめるという大人ならではの楽しみにも◎。

4位…会津鉄道(福島県)

会津の自然と温泉情緒を堪能出来る会津鉄道は、浅草・新宿からのアクセスの良さも魅力の1つ。定期的に展望車輌付のイベント列車「お座トロ展望列車」も運航。

5位…只見線(福島県~新潟県)

冬は豪雪地帯となる、只見川沿いの秘境を巡っていく絶景路線。秋は紅葉した圧巻の渓谷美が楽しめます。

6位…三陸鉄道(岩手県)

岩手県内で北リアス線・南リアス線の2路線が運航し、太平洋沿岸の絶景を巡ります。お座敷列車やレトロ列車など、風変わりな企画列車が名物。絶景ポイントで数分間停車するサービスもあり。

7位…嵯峨野観光鉄道(京都府)

ディーゼル機関車に引かれるノスタルジックな木製車両で、古都の四季折々の渓谷美を巡る観光列車。5号車には窓ガラスを取り外したオープン車両も接続されています。

8位…氷見線(富山県)

漫画家・藤子不二雄A氏のふるさとである氷見に向かうことから、「忍者ハットリくん列車」が運行。雄大な立山連峰を望む雨晴海岸など、富山湾沿いの絶景が楽しめます。

9位…南阿蘇鉄道(熊本県)

機関車を前後に連結し、窓が無い特殊客車で走る珍らしいトロッコ列車。スリルたっぷりの橋梁からの眺望や、原始林に見る古代阿蘇の自然を満喫できます。

10位…長良川鉄道(岐阜県)

長良川の清流に沿って走るローカル列車。季節ごとに運航される個性豊かな企画列車が運行しています。いくつかの駅にレンタサイクルがあり、自転車で観光することもできるのもうれしい。

車でドライブもいいけど、電車にゆられながらお酒や絶景、ご当地グルメ、温泉を楽しむ旅も渋滞に悩むこともないのでおすすめです。(鬼石有紀)

情報提供元:楽天トラベル

【あわせて読みたい】

※週末に出かけたい!無料で楽しめる観光スポットランキング20

※まさかあの県が!?秋の国内「人気急上昇旅行地」第1位は、○○県!

※ツウな京都旅!パン好きにはたまらないストリート【パン屋通り・北山通】

※心が洗われる!人気急上昇の離島ランキング

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング