シンプル服が激変!最強アイテム「ストール」の巻き方4パターン伝授【2/2】

Woman Insight / 2014年11月10日 20時30分

厚手のコートやマフラーにはまだ早い。でも、外は寒いのに電車の中は暑かったり……と、いまのそんな時季、かなり重宝するのが「ストール」などの、首回りを温める巻き物。ひと巻きするだけで、顔周りが華やぎ、プチ防寒にもなって、しかも、コーデがこなれて見えるという嬉しいメリットがたくさん!

『Oggi』12月号では、“巻き物マジック”と題して、シンプルな服をおしゃれに仕上げる、“巻き物”を使った1か月コーディネートを大公開!

よりスタイルアップにつながり、かつ“おしゃれ”な巻き方を、CanCam新生代モデルのタチバナサエリさんがモデルとなり(ストールはすべて私物)、雑誌を見ながらトライしてもらいました!

★前ページはこちら> シンプル服が激変!最強アイテム「ストール」の巻き方4パターン伝授【1/2】

■ぐるぐる巻き

インパクトのある柄を使ってぐるぐる巻きをすれば、自然に視線が上に集まり、スタイルアップ効果が。ワントーンのコーデのアクセントにしても。

【1】片方を長めに残し、ひと巻きする。ふわっとボリュームを出すように巻くのがポイント。

【2】長く残した方の端を巻き付け、最後に軽く結ぶ。

【3】残った先は中に押し込み、最後にバランスを整える。

■変形アフガン巻き

とても簡単なのに、存在感抜群! 大判ストールをインパクトある巻き方をすれば、シンプルなスタイルにあっという間にメリハリが。

【1】両端を持って、三角形をつくる。

【2】三角形の先端部分が体の中央よりズレるように調整しながら、両端は首の後ろでひと結びする。

【3】長さを調整し、余った両端を前に回して、軽く結ぶ。

今回は“巻き方”を中心にお届けしました。『Oggi』が今季マスト!と挙げる旬の巻き物6つ(メッセージ柄ストール、大人スカーフ、ベーシックストール、レオパード柄ストール、ファースヌード、大判チェックストール)を使えば、よりセンスアップすること間違いなし!(さとうのりこ)

★前ページはこちら> シンプル服が激変!最強アイテム「ストール」の巻き方4パターン伝授【1/2】

モデル/CanCam新世代モデル・タチバナサエリ

(『Oggi』2014年12月号)

【あわせて読みたい】

※コートに予算をかけたくない人必見!使える&「コスパよし」なコート3着

※3シーズンOK!コートを長い期間活躍させたいなら「レイヤーコート」を選ぶべき!

※光宗薫がOLに転身!?働く女性のファッション誌『Oggi』に登場!

※1位は意外にも!? 社会人メンズが選んだ、本当に好きなワンピとコートBEST5!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング