【「日々ロック」公開記念】落合モトキ「自分と真逆だから観られた」イカれたキャラとは?

Woman Insight / 2014年11月22日 19時0分

今最も勢いのある若手俳優・野村周平さんが、“全裸にギター”で絶叫する強烈キャラを演じる映画『日々ロック』(原作:「日々ロック」週刊ヤングジャンプ連載中/榎屋克優)が、ついに公開!

デジタル系トップアイドルで“酒乱”の暴れん坊のヒロインには、二階堂ふみさん。さらに、竹中直人さんら個性派俳優、The SALOVERSやミサルカなど実在のバンドも!

本作で、中盤までの出演ながら異彩を放っているのが、ビジュアル系バンドのボーカル“新庄”役の、落合モトキさん。ゆるふわっとした甘いキメ台詞とパフォーマンスで女性ファンを虜にする役なのですが、ポスターで使われているのはなんと「白目」の写真……。かなりブッ飛んだキャラを演じた落合さんの映画公開記念インタビューです!

Woman Insight編集部(以下、WI) 全編観て、率直な感想はいかがですか?

落合モトキ(以下、落合) ……好き勝手しすぎな映画だなって思いました(笑)。でも、この作品が、今まで出演した中でいちばん客観的に観られた気がします。

WI それはなぜですか?

落合 他の作品で演じたキャラクターは、普段の自分に近いものが多かった気がするんですけど、ここまで作り込まれたキャラクターになると、なんだか他人を見ているような感じがして……。20歳前の作品でも未だに観れないぐらいなので。恥ずかしいっていうのもあるし、自分を目で追っちゃって、作品の内容が入ってこなくなるんです。今回の役は実際の僕とは真逆だったので、客観的に観られました(笑)。

WI 役作りで大変だったことってありましたか?

落合 台本をもらって自分の台詞を見てみたら、けっこう“イカレてる”台詞しかなくて(笑)、自分で役作りのために何かするっていうよりは、いただいた台本のレールに乗った感じです。あとは……あ、ライブシーンが多くて、人前でそういうことをするのが、舞台で役を演じるよりも緊張しましたね。監督も、できるだろうみたいな感じで、「好きにやっていいからね」って(笑)。役作りではないですけど、そのライブシーンが、いちばん大変でしたね。

WI どのへんが大変だったのですか?

落合 リハのときがいちばん“さぶかった”んですよ……プレハブみたいなところで、なんかスタッフの皆さんの視線が冷たくて……(笑)。でも本番は、観客も入ってすごく盛り上がったので、よかったです(笑)。自分自身もテンションがノッて、楽しくやれましたね。僕の出演はライブハウスのシーンしかないので、撮影自体は3~4日間ぐらいだったかな。

WI 落合さんはバンド経験はありましたか?

落合 友だちとスタジオで練習したり、というのは今でもやってます。その場で即興で曲作って演奏してみたり……歌詞は、オリジナルで(笑)。ジャンルは、ゴリゴリのロックです。

WI ビジュアル系バンドのミサルカさんたちと撮影中、何かお話されたりましたか?

落合 ミサルカさんたちはメンバー同士で一緒にいることが多かったので、僕はちょっと話をかわす程度でした。でも、前野朋哉くんは『桐島、部活やめるってよ』(映画/2012年公開)で一緒だったし、あと、The SALOVERSも同世代なので、そのへんの人たちとは学生気分でいられたかなって。

ふわっとおっとりした雰囲気の落合モトキさん。映画で演じたキャラ“新庄”と同一人物?と思ってしまうほど。インタビュー後編では、「白目」誕生の秘話を語ります!(さとうのりこ)

映画『日々ロック』全国公開中!
http://hibirock.jp/

(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社

【あわせて読みたい】

※【速報】能年玲奈&菅田将暉ほか、豪華キャスト勢ぞろい!「今日は“海月姫”祭り」

※相葉雅紀がクリスマス・イブに一緒に過ごすのは、去年と同じあの人!

※【速報】斎藤工、映画「西遊記」主演声優を務めるも「僕に責任はありません」

※【今日のインサイト】11月19日、本日発売!『ディア・シスター』主題歌を歌うシェネル独占インタビュー!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング