事例から学ぶ!オレオレ詐欺の新パターン「母さん助けて詐欺」の手口とは

WooRis / 2014年10月6日 21時0分

写真

「まさか、自分が詐欺にひっかかるとは」と驚くケースが多いというのが、“母さん助けて詐欺”の被害者。“母さん助けて詐欺”は、以前は“オレオレ詐欺”とも呼ばれ、息子や娘、親族、関係者などを演じながら電話をかけ、巧みな言葉で騙し、相手からお金を巻き上げるという犯罪です。

実際、どのような会話のやりとりをしているのでしょうか。アディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士に、実際にあった“母さん助けて詐欺”の事例をうかがってきました。

■“浮気相手との間に子どもができてしまった詐欺”が発生

篠田弁護士のもとに相談があった事例のうち、50代女性のケースを紹介します。

「“もしもし、僕だけど……”と、夜息子から母親に電話が入りました。“喉の調子がおかしいから、明日病院に行くよ。結果はまた明日伝えるね。携帯電話は今故障しちゃって、この番号を使っているから”と。母親が“(奥さんの)A子ちゃんは元気?”と聞いたところ、“ああ。今お風呂に入ってる”と返事がありました。

次の日、“扁桃腺が腫れていると言われて、薬もらってきた。2~3日は声が治らない”と電話が入り、そして“驚かないで聞いて。昨日は言いづらくて言えなかったんだけど……実は俺、A子以外の女性と浮気をしてしまって。

しかも子どもができてしまって、弁護士を通して連絡が来たんだ。相手に旦那さんがいてすごく怒っているみたいで。今日中に150万円用意すれば示談してくれるけど、そうでなければ訴えるって。どうしよう……”と深刻な話になったのです」

本来、ここで「おかしいかな?」と気付くべきところではありますが、電話の相手が“A子”という奥さんの名前を言っているため、完全に自分の息子だと信じ切ってしまったのです。

■詐欺の相手に、実際に100万円を振り込んでしまった!

「母親が、“A子ちゃんがいるのに、なんてバカなことを!“と言い、”100万円ならすぐに用意ができる“と言いました。

すると、”じゃあ、なんとか100万円だけでも振り込んでもらえる? 訴えるのはやめてと話をしてみる。すぐに振り込んでくれる? 弁護士は▲▲法律事務所の▲▲弁護士といって連絡先は00-0000-0000。振込先口座が■■■なんだけど……“と言われ、急いで母親が振り込んでしまったのです」

お金を振り込んだ後、何かおかしいと気づいた母親がすぐに息子に電話をして、詐欺だと判明。篠田弁護士のもとに相談にきました。弁護士から銀行に対し、即時取引停止の申し入れを行い、既に引き落とされた50万円は返ってこなかったものの、まだ50万円が口座に残っていたため、半額の50万円は取り戻せたといいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング